楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ > 旅頃~たびごろ~ 国内旅行・旬のおすすめ観光情報 > 【Izuko】を使って伊豆へ初夏を探しに行きませんか?

【Izuko】を使って伊豆へ初夏を探しに行きませんか?

【Izuko】を使って伊豆へ初夏を探しに行きませんか?

【Izuko】を使って伊豆へ初夏を探しに行きませんか?

Izukoってなんですか?

Izukoでできること

  • ルート検索が簡単に!

    伊豆まで及び伊豆半島内のルートを検索できます。

  • スマホを提示するだけ!乗り降り自由のデジタルフリーパス!

    伊豆エリアの移動に便利でお得なデジタルフリーパスが購入可能。利用時はスマホの画面を提示するだけ。また、約30の観光施設の入場が割引に!
    ※対応施設は「Izuko」アプリでご確認ください。

  • スマホ決済でラクラク!

    観光施設の入場券は事前購入でき、並ばずに入場できます。※対応施設小室山観光リフト、下田港内めぐり(黒船遊覧船)、下田海中水族館、伊豆ぐらんぱる公園、伊豆シャボテン動物公園、ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン

  • 自転車も簡単レンタル

    レンタサイクル、レンタカーも簡単に予約できます。※「Izuko」アプリから申し込むとレンタカーが割引になります。

  • AIオンデマンド交通にも対応!

    下田市内の観光に便利なAIオンデマンド乗合交通が利用できます。※POINT (1)アプリで簡単に予約ができます。
    (2)無料でご利用できます。
    (3)伊豆急下田駅、開国博物館、了仙寺等多くのスポットで乗り降りできます。
    ※乗り降り可能な場所は「Izuko」アプリでご確認ください。
    ※AIオンデマンド乗合交通とは、スマートフォンアプリを利用して目的地を指定すると、現在地から最も近い乗車可能場所をご案内し、自動的に車両を配車するサービスです。一般のタクシーと異なり、他のお客さまと相乗りとなるため、他の乗降場所に立ち寄りながら運行します。

  • さらに詳しくはこちらPDFダウンロードはこちら
  • Izuko
  • iosios
  • androidandroid

Izukoで巡るおススメコースをご紹介

Izukoイースト※コース一例(東伊豆を巡る)

  • 下田エリア周遊
  • 下田海中水族館
  • 小室山
  • 伊東市内散策
  • [下田]龍宮窟

※時刻は2019年2月現在での目安です。最新のダイヤをご確認のうえ、ご利用ください。
※コース上の画像をクリックすると、下の画像が切替わり詳細をご確認いただけます。

コース一例

  • 下田エリア周遊下田エリア周遊

    下田エリア周遊下田の玄関口である伊豆急下田駅は、伊豆急線の終点です。駅から一歩踏み出すと目の前に現れるのが、どこかノスタルジックな雰囲気の時計台です。また、幕末にアメリカから黒船が来航した歴史を持つ、開国の町としても有名なことから、大きな黒船の模型[サスケハナ号]も存在感を漂わせています。 住所:下田市東本郷1-6-1
    問合せ:0557-53-1111

  • 下田海中水族館下田海中水族館

    下田海中水族館自然の入り江に浮かんだ総排水量約1,300トンの船の中にある水量600立法メートルの大水槽が目玉の水族館です。伊豆の海にいる魚類や無脊椎動物、海藻など50種約10,000点が展示されています。イルカショーでは餌をあげたり、一緒に泳いだり、イルカとのふれあいが楽しめます。 住所:下田市3-22-31
    問合せ:0558-22-3567

  • 小室山小室山

    小室山麓から山頂までの観光リフトで着いた山頂は美しい草原となっており、小室山山頂からは、北に富士山、東には白帆が浮かぶ相模湾、南にははるか房総半島、大島始め伊豆の島々、西に天城の峰の山々の展望が広がります。鮮やかな緑、彩り豊かに咲き誇る花々のなか、360°大パノラマは圧巻の一言。 住所:下田市3-22-31
    問合せ:0558-22-3567

  • 伊東市内散策伊東市内散策

    伊東市内散策昭和初期の建築様式をそのまま残す木造3階建の温泉旅館『東海館』。昭和3年に開業し大いに賑わいましたが、平成9年に廃館後、伊東市に寄贈され平成13年7月26日に観光施設として生まれ変わりました。館内随所に職人たちが腕を振るった自慢の建物は、桧や杉などの高級木材や変木とよばれる形の変わった木々がふんだんに使われています。今や貴重となった日本の伝統的な建築様式を心ゆくまでご覧下さい。 住所:伊東市東松原町12-10
    問合せ:0558-22-3567

  • [下田]龍宮窟[下田]龍宮窟

    [下田]龍宮窟龍宮窟は、海食洞(かいしょくどう)と呼ばれるもので、波の力で地表の弱い部分が削られてできた「海の洞窟」になります。その洞窟の天井が一部崩れ、直径約50メートルほどの天窓が開いたことで、龍宮窟が生まれました。波によって削られてできたハートの形が「縁起が良さそう!」と話題になり、愛のパワースポットとして知られています。 住所:下田市田牛696-1

その他の観光スポットfor Izukoイースト

下田城ケ崎海岸

下田城ケ崎海岸城ヶ崎海岸は、大室山が約4,000年前に噴火し流れ出た溶岩が、海の侵食作用で削られてできた約9kmにわたる激しい溶岩石海岸です。海岸線には絶壁が連なり、幾重にもふところ深く入り組んだ岩礁など、まさに壮観です。門脇灯台や門脇吊橋など見どころ満載です。

住所:伊東市富戸

伊東お菓子ぃ共和国

伊東お菓子ぃ共和国静岡県伊東市は人口1,000人あたりのお菓子屋さんの数が日本随一ということから、「伊東はお菓子の街」であることを全国に発信するために建国されたのが【お菓子ぃ共和国】です。伊東への旅行なら、お菓子ぃ共和国にも立ち寄ってみてはいかが?

問合せ:0557-37-2500
(伊東お菓子ぃ共和国)

下田ペリーロード

下田ペリーロード伊豆急行線「伊豆急下田」駅から徒歩約15分の場所にあり、江戸時代にアメリカ海軍のペリーと300人程の部下を率いて行進したというのが由来です。平滑川沿いに約700メートルほど続いており、アンティークショップやcafeなどが軒を連ね、さながら異国情緒漂うレトロな雰囲気となっています。枝垂れ柳の並木と石畳が美しい小径です。

住所:下田市3丁目

東海館

東海館昭和初期の姿をそのまま残す木造3階建の温泉旅館『東海館』。昭和3年に開業し大いに賑わいましたが、平成9年に廃館し、観光施設として生まれ変わりました。館内随所に職人たちが腕を振るった自慢の建物は、桧や杉などの高級木材や変木とよばれる形の変わった木々がふんだんに使われています。今や貴重となった日本の伝統的な建築様式をご覧下さい。

住所:伊東市東松原町12-10
問合せ:0558-22-3567

Izukoワイド※コース一例(中伊豆・東伊豆を巡る)

  • 伊豆の国パノラマパーク
  • 浄蓮の滝
  • 下田エリア周遊
  • 下田海中水族館

※時刻は2019年2月現在での目安です。最新のダイヤをご確認のうえ、ご利用ください
※コース上の画像をクリックすると、下の画像が切替わり詳細をご確認いただけます。

コース一例

  • 伊豆の国パノラマパーク伊豆の国パノラマパーク

    伊豆の国パノラマパーク富士山を望む壮大なパノラマと豊かな自然を満喫できる「伊豆の国パノラマパーク」。片道1,791m、標高差411mにも及ぶロープウェイが楽しめ、季節の花が咲く、緑いっぱいの山頂公園は、富士山・駿河湾・箱根・天城連山が目の前に広がる360°の大パノラマが楽しめます。 住所:伊豆の国市長岡260-1
    問合せ:055-948-1525

  • 浄蓮の滝浄蓮の滝

    浄蓮の滝深い樹木が生い茂る中、玄武岩の崖に高さ25m、幅7mの滝がかかっていて、山の冷気と水しぶきで夏でも肌寒いほど。滝の玄武岩には、天然記念物のハイコモチシダが群生しています。滝壺の下流には天城国際鱒釣場があり、マス釣りが楽しめます。また、渓流沿いには天城名物のわさび田が続いており、わさび栽培風景を間近で見ることができます。浄蓮の滝は日本の滝100選に選ばれています。 住所:伊豆市湯ヶ島892-14
    問合せ:0558-85-1125

  • 下田エリア周遊下田エリア周遊

    下田エリア周遊修善寺温泉街を流れる桂川のほとりに続く、竹で囲まれた遊歩道。竹林の中に自然石を敷き、建仁寺垣や桂垣を配した風景は、「伊豆の小京都」と称される修善寺にふさわしく、川面を渡ってきた風に竹の笹が擦れる音がして、とても爽やかな気分になれる場所です。すぐ脇に流れる桂川の渓流が心地良く流れる音に癒されます。 住所:伊豆市修善寺
    問合せ:0558-72-2501

  • 下田海中水族館下田海中水族館

    下田海中水族館自然の入り江に浮かんだ総排水量約1,300トンの船の中にある水量600立法メートルの大水槽が目玉の水族館です。伊豆の海にいる魚類や無脊椎動物、海藻など50種約10,000点が展示されています。イルカショーでは餌をあげたり、一緒に泳いだり、イルカとのふれあいが楽しめます。 住所:下田市3-22-31
    問合せ:0558-22-3567

その他の観光スポットfor Izukoワイド

温泉饅頭

温泉饅頭韮山温泉・奈古谷温泉・伊豆長岡温泉・大仁温泉など130本もの源泉を有する一大温泉郷・伊豆長岡の名物「温泉まんじゅう」。ここ伊豆の国市は、温泉まんじゅう日本一を宣言しているほど、エリア内にひしめき合って各店それぞれ趣向を凝らした名店ばかり、食べ歩きがおススメです!

河津七滝

河津七滝河津七滝は伊豆天城のふもとの街、河津町に流れる河津川の上流にあります。河津では滝のことを「垂水」(たるみ)と呼んでいたことから、「七滝」は「ななたき」ではなく「ななだる」と呼びます。川端康成の伊豆踊り子の舞台としても有名です。春はバラと菖蒲、夏は海、秋は紅葉、冬は河津桜・・・と通年遊べる観光地です。

住所:伊豆市修善寺
問合せ:0558-32-0290

竹林の小径

竹林の小径修善寺温泉街を流れる桂川のほとりに続く、竹で囲まれた遊歩道。竹林の中に自然石を敷き、建仁寺垣や桂垣を配した風景は、「伊豆の小京都」と称される修善寺にふさわしく、川面を渡ってきた風に竹の笹が擦れる音がして、とても爽やかな気分になれる場所です。すぐ脇に流れる桂川の渓流が心地良く流れる音に癒されます。

住所:伊豆市修善寺
問合せ:0558-72-2501

恋の橋めぐり

恋の橋めぐり修善寺温泉の掛川にかかる5つの橋それぞれに、恋にまつわるご利益があると言われており、願いを掛けながら橋を渡ると、想いが成就すると言われています。願掛けの内容によって渡る橋の種類を変えた[恋のよりそいコース]や[恋のやすらぎコース]など複数のコースが紹介されており、2人の関係性によって変わるので、どんな関係の2人でも対応可能な懐の深い恋の橋めぐりです。

住所:伊豆市修善寺
問合せ:0558-72-2501

  • Izuko
  • iosios
  • androidandroid

イベント情報

韮山反射炉

韮山反射炉ライトアップされた韮山反射炉前に特設舞台が設置され、人間国宝・野村万作と子息・萬斎による狂言の特別公演。お見逃しなく! 期間:5/22(水)
時間:[開場]18:00[開演]18:30
問合せ:伊豆の国市観光協会(055-948-0304)

グランイルミ

グランイルミ約600万球ものLEDが広大な敷地を彩る体験型イルミネーション。往復約400mのワイヤーで光の海の真上を滑空するジップラインでドキドキした後は、横約60mの大型LEDビジョンやレーザーが音楽とコラボする大迫力のショーを楽しんで。住所:静岡県伊東市富戸1090
期間:4/8(月)以降は金・土・日・祝日に開催 ※GWの4/27(土)~5/6(月)は毎日開催
時間:3/16(土)~5/31(金)18:00~21:30 ※4/27(土)~5/6(月)18:30~22:00、6/1(土)~7/11(木)18:30~21:30
問合せ:伊豆ぐらんぱる公園(0557-51-1122)

三島スカイウォーク

三島スカイウォーク 全長400mの日本一長い歩行者専用吊橋。富士山、駿河湾を臨む大迫力の絶景スポットです。北エリアでは、ロングジップスライドやアスレチックパーク、セグウェイなどアクティビティでカラダを動かしたり、ドッグランや天井を花が埋め尽くすショップなど見どころいっぱいです。 住所:三島市笹原新田313
時間:9:00~17:00
問合せ:三島スカイウォーク(055-972-0084)

気球体験

気球体験青い海と空がどこまでも広がる熱海の景色を、気球に乗って堪能!上空から見る360°の空中パノラマは写真映え間違えなし♪ 住所:熱海市東海海岸(熱海サンビーチ)
期間:4/20(土) 4/21(日) 4/27(土) 4/28(日) 5/11(土) 5/12(日) 5/25(土) 5/26(日) 6/8(土) 6/9(日) 6/15(土) 6/16(日)
時間:8:00~12:00(予定)
問合せ:熱海市観光協会(0557-85-2222)

しおかつおうどん

しおかつおうどんカツオを丸ごと塩に漬込み乾燥させてつくる[しおかつお]。西伊豆田子港は良質のカツオがたくさん水揚げされた町で、古来より伝えられた加工方法を元に、今も製造されているしおかつおを贅沢に使ったおうどん、お店ごとの違いを食べ歩きするのもご当地グルメならでは。

龍宮窟

龍宮窟中に入って見上げると、直径50mほどの天窓が!洞窟の上の遊歩道から見下ろすと、ハート型の地形が現れます。火山礫が描き出す美しく神秘的な雰囲気を楽しんで。 住所:下田市田牛
問合せ:下田市観光協会(0558-22-1531)

アクセス

電車電車でのアクセス
東京駅 → 新幹線(こだま 約50分) → 熱海駅 → 伊豆エリア各地へ
東京駅 → 特急(踊り子号 約1時間20分) → 熱海駅 → 伊豆エリア各地へ
名古屋駅 → 新幹線(こだま 約1時間50分) → 三島駅* → 伊豆エリア各地へ
* 熱海駅から三島駅間は新幹線で約7分となります。
車車でのアクセス
例<東京から>
東京I.C(東名・新東名高速道路)→ 沼津・長泉沼津I.C(伊豆縦貫道-伊豆中央道(有料)-修善寺道路(有料)) → 修善寺I.C <約1時間45分>
例<名古屋から>
名古屋I.C(東名・新東名高速道路)→ 沼津・長泉沼津I.C(伊豆縦貫道-伊豆中央道(有料)-修善寺道路(有料)) → 修善寺I.C <約3時間10分>

▲ ページTOPへ

ページのTOPへ