楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ >  旅頃~たびごろ~ 国内旅行・旬のおすすめ観光情報 > ひがしかわ ほっこり旅

ひがしかわ ほっこり旅ひがしかわ ほっこり旅『写真甲子園0.5秒の夏』

『写真甲子園0.5秒の夏』
公開記念キャンペーン実施中!

大雪山国立公園を擁する雄大な自然に恵まれた、北海道・東川町。写真文化の中心地を目指す写真の町でもあります。自然に囲まれたこの町には、ほっと一息つけるカフェやギャラリーもたくさん。東川町で忙しい毎日を忘れられる、お気に入りの場所を見つけてみませんか。

安らげるカフェ、ギャラリー・アトリエ巡り安らげるカフェ、ギャラリー・アトリエ巡り

安らげるカフェ、ギャラリー・アトリエ巡り

安らげるカフェ、ギャラリー・アトリエ巡り

日常とは異なる、ゆっくり流れる時間の中で、リラックスしたい…。そんな気持ちの旅行者を、ひがしかわは温かく迎え入れます。東川町の中心部には、穏やかな気持ちで過ごせる素敵なカフェがいくつもあります。お気に入りのカフェを探して街歩きをする旅行者も少なくありません。また、「写真文化首都東川町」の名のとおり、町内の各所に写真が掲げられている場所があり、町全体がギャラリーのよう。特産品の木工クラフトを制作する工房の中には、ギャラリーを併設、開放しているところもあるので、時間をかけて一軒ずつ巡るのもおすすめです。

カフェ

Roaster coaster
  • Roaster coaster
  • on the table
  • ハルキッチン
Roaster coasterギャラリーとしても利用され、不定期で写真や絵画作品が飾られる店内。薪ストーブのゆらめく炎に癒されつつ、落ち着いた時間を過ごせます。自家焙煎した豆をフレンチプレスで抽出したコーヒーは、苦みがなく、まろやかで薫り高い味。生クリームがたっぷり載ったワッフルなどのスイーツや、パスタやピザ他数種類から選べるランチセットなど食も充実しています。
住所:東川町西町1丁目1-13
定休日:月曜日
駐車場:あり(普通車10台)
on the table昼は喫茶・食堂、週末の夜は酒場として営業。昼の営業では、昔ながらの鉄鍋ナポリタン、ハンバーグ、ポークジンジャーなど、洋食中心のメニューを提供しています。厳選した豆を使い、一杯づつハンドドリップで入れたコーヒーも味わえるので、ちょっとしたお茶にも。酒場営業では、自然派のワインを中心にワインに合うおつまみや食事もあり、気軽に立ち寄れます。
住所:東川町南町1丁目1-6 Less2F
定休日:水曜、第1第3火曜、不定休
駐車場:あり(2台)
ハルキッチン 自然に囲まれた場所で、四季折々の景色を見ながら、時間を忘れてくつろげるカフェ。秋はキレイな紅葉が楽しめます。ドリアやカレーをはじめ、季節に合わせて地元や道内の食材を使った食事や、オリジナルジンジャーシロップを使用したホットティーが人気を集めています。釣りや登山などのスポットも周囲にあり、アクティビティ後の休憩にも利用できそう。
住所:東川町西町1丁目1-13
定休日:月曜日
駐車場:あり(普通車10台)

カフェ

カフェ

ギャラリー・アトリエ

相和工房(喫茶コスモス併設)
  • 相和工房(喫茶コスモス併設)
  • 東川町文化芸術交流センターギャラリー
  • 鈴木工房クラフトショップ
相和工房(喫茶コスモス併設)自然の木の色と木目を使って絵柄を作る、木象嵌(もくぞうがん)と呼ばれるはめ込み細工を扱っています。
ギャラリーには木象嵌の額やトレイ、コースターなどの作品が並び、手に取ればその精巧な様子がよくわかります。高台にあり、カフェも併設されている工房は、大きな窓から東川町の里山の風景が眺められます。カフェはお食事でも喫茶だけでも利用が可能。
住所:東川町1号北44番地
定休日:月曜(月曜が祝日の場合はその翌日)
駐車場:あり
東川町文化芸術交流センターギャラリー『写真文化』、『家具デザイン文化』、『大雪山文化』を通じた、東川町の文化活動を中心に、多様な交流の拠点とすべく、旧東川小学校舎を改修、2016年10月にオープンした施設。東川町にゆかりのある木彫刻や木工クラフト、絵画などの芸術作品をはじめ、デザインや機能性にすぐれた「旭川家具」をとりいれています。東川町の文化を身近に感じられる場所です。
住所:東川町北町1丁目1番1号
休館日:月曜
駐車場:
鈴木工房クラフトショップエゾモモンガなどの大雪山に生息する動物をモチーフにしたペーパーウェイトや木工クラフト製品を製作・販売している工房。デザインから製作まで、すべて作者の手で行い、仕上げには天然無害のオイルワックスを使用したやさしい仕上がりの製品です。自家焙煎コーヒーが楽しめるカフェが併設されているので、コーヒーでほっと一息もつける場所。
住所:東川町東2号北7線
定休日:毎週月曜、毎月第2日曜、年末年始
駐車場:あり(普通車4台)

カフェ

カフェ

写真の街・ひがしかわが映画に写真の街・ひがしかわが映画に

写真の街・ひがしかわが映画に

安らげるカフェ、ギャラリー・アトリエ巡り写真の街・ひがしかわが映画に

1985年に「写真の町」宣言をして30年、「自然」や「文化」、「人と人の出会い」を大切に、「写真写りの良い町づくり」を進めてきた東川町。2014年に「写真文化首都」を宣言し、写真文化の中心地としてさまざまな活動に取り組んでいます。その象徴的なイベントが、全国規模である高校生のフォトコンテスト・写真甲子園です。今年の11月には、写真甲子園をテーマにした映画が公開されます。ひがしかわの写真文化にふれ、アートの秋を感じてみては?

写真甲子園とは?

写真甲子園0.5秒の夏

「写真の町」である東川町で開催されている写真甲子園は、2017年で第24回目となる全国規模の大会。3人1チームとなり、複数の写真で一つのメッセージを伝える組写真を創る高校生のフォトコンテストです。全国の高校写真部などに、写真の創作を通じて、新しい活動の場と目標、出会いや交流の機会を提供しています。トップを目指して、全国の高校生が集まり、毎年熱い写真の戦いを繰り広げます。

公開記念キャンペーン実施中!

公開記念キャンペーン実施中!

映画『写真甲子園0.5秒の夏』の公開を記念して、東川町でもキャンペーンを実施!期間中に旭岳・天人峡温泉・キトウシ森林公園ケビンに宿泊した方が、チェックアウトする際に1回スピードくじをひけます。当たりが出れば、映画鑑賞ペアチケットを始めとした賞品をその場でプレゼント!東川町に泊まって、キャンペーンにチャレンジ!

●総勢2000名様に当たる!映画公開キャンペーン
1等:写真甲子園映画観賞券 ペア50組 全100名様
(チラシ・主題歌歌詞カード入り袋に入れてプレゼント)
2等:東川風景ポストカードセット 500セット(3枚入り)
3等:道の駅ひがしかわ道草館 ソフトクリームきらり 50円割引券

※宿泊1予約につき1回くじがひけます。
※ツアーの宿泊者は対象外となります。
※2017年9月18日のチェックアウトされた方までが抽選の対象です。
※先着順につき、賞品がなくなり次第キャンペーン終了となります。

『写真甲子園0.5秒の夏』公式サイト
※外部サイトにリンクします

いち早く楽しめる紅葉で感動体験日本一早い紅葉で感動体験

いち早く楽しめる紅葉で感動体験

いち早く楽しめる紅葉で感動体験日本一早い紅葉で感動体験

東川町がもつ魅力のひとつが、ここにしかない「自然」。北海道の中央部に位置する東川町は、日本最大の国立公園である大雪山国立公園の区域の一部です。山の標高は2,000mほどですが、高緯度に位置しているため、本州の3,000m級の山岳の環境に匹敵。その環境がもたらす「日本で最も早い紅葉」は9月中旬から下旬にかけて訪れます。大雪山国立公園の広大な自然が赤や黄に染まる様子は、一度は見る価値がある景色でしょう。

旭岳

旭岳

北海道で最も高い山で「日本の百名山」にも選ばれている標高2,291mの旭岳。四季ごとに移りゆくダイナミックな景色が人々を魅了します。大雪山国立公園の北側に位置し、高原帯が広く展開しており、高山植物の種類も豊富。9月中旬から下旬にかけて見られる紅葉は、姿見エリアから始まり、日ごとに旭岳温泉へと移っていきます。9月下旬までが登山シーズンで、ロープウェイ下車後頂上までは約3時間で登れます。登るときには本格的な登山の準備が必要です。

旭岳ロープウェイで気軽に旭岳にアクセス!紅葉を旭岳から眺めたいけど、登山はちょっと…と思っている方は旭岳ロープウェイを利用してみては。標高1,100mの旭岳温泉から旭岳の五合目にあたる標高1,600mまで約10分で行くことが可能。ロープウェイの姿見駅を始点にした約1時間のトレッキングコースでは、運動靴で気軽に高地の景色を楽しむことができます。

旭岳ロープウェイで気軽に旭岳にアクセス!

天人峡

天人峡

大雪山国立公園の南東山麓、忠別岳から流れ出る忠別川の上流にあるのが天人峡。長い年月をかけて形成された柱状節理が天人峡のシンボルです。北海道で最も落差がある「羽衣の滝」(落差270m)と絶壁を二分するように流れる忠別川が作り出す景色は必見。特に紅葉時期は、岩場の隙間から映える赤や黄に染まった紅葉と雄々しい岩場のコントラストが見応えある景観を生み出し、多くのカメラマンが訪れる場所です。
※羽衣の滝への遊歩道は現在通行止めのため正面から見ることはできません。

癒しの温泉でゆったり癒しの温泉でゆったり

癒しの温泉でゆったり

癒しの温泉でゆったり

ひがしかわには、風情ある温泉が2つあります。大雪山の主峰、旭岳のふもとにあり、北海道内でも歴史のある温泉として知られる旭岳温泉。そして、天人峡の中にある天人峡温泉は、その昔、鉱物探索中に発見された秘湯の趣のある温泉です。それぞれ東川町の中心部から約30km、大雪山国立公園内にある温泉地。日帰り入浴ができる施設もあるので、ドライブ途中や、アクティビティ後に立ち寄ってみるのもいいでしょう。

旭岳温泉

大雪山の西側にある旭岳温泉。宿によっては部屋の窓から旭岳が望めるところもあります。旭岳ロープウェイがすぐ近くにあるため、気軽に旭岳の山頂方面から、その美しい景色を楽しむことができます。

旭岳温泉

天人峡温泉

天人峡の柱状節理の深い渓谷の底に位置している天人峡温泉。自然湧出100%の天然温泉は、かけ流しで温泉愛好者からの評価が高い秘湯です。自然の岩肌を取り入れた大浴場や渓谷の中の露天風呂は、心と体を癒してくれます。

天人峡温泉

自然に抱かれながら泊まる自然に抱かれて泊まる

自然に抱かれながら泊まる

自然に抱かれながら泊まる

東川町の宿泊施設は、主に旭岳温泉や天人峡温泉、キトウシ森林公園にあります。宿泊施設によって、温泉などの趣向もさまざま。大自然に抱かれたくつろぎの宿をみつけて、旅の疲れをゆっくり癒しましょう。

※食事や部屋の写真は一例です。あらかじめご了承ください。
※販売する商品は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
・特集内の表示料金は、各プランの利用条件におけるサービス料込み/消費税別です。
・本特集以外の料金表記に関してはこちらをご確認ください。

ひがしかわに行こうひがしかわに行こう

ひがしかわに行こう

<飛行機>旭川空港着
・東京(羽田)から
JAL・AIR DO(ANA共同運航)で約1時間35分
・名古屋(中部)から
ANAで約1時間45分
・大阪から
JALで約1時間50分(伊丹発)
ANAで約1時間55分(関西発)
※大阪発着は期間限定で、JALは8/1~29、ANAは7/14~9/30の運航です。
旭川空港⇒国道294号線経由で約15分
<JR>旭川駅着
・札幌から
特急スーパーカムイで約1時間25分
旭川駅⇒道道294号⇒道道1160号経由で約35分

ひがしかわに行こう

東川町をふるさと納税で応援!東川町をふるさと納税で応援!

ひがしかわ株主制度(ふるさと納税)で、まちづくりを応援することができます。詳細は以下のリンク先でご確認ください。

詳しく見る

▲TOPへ戻る