楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

衣浦グランドホテル 交通アクセス

衣浦グランドホテル

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(153件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    この度は部屋ランクアップして頂き有難うございました。また空気清浄機など心遣いに感謝してます。アメニティが充実し...
    2021年01月19日 23:22:49
    続きを読む

    交通案内 access

    衣浦グランドホテル

    〒447-0867
    愛知県碧南市田尻町1-1-9
    Tel.0566-41-7171
    Fax.0566-41-7170

    お車をご利用の場合
    • 東京・静岡方面から
      東名高速道路「豊田I.C.」より衣浦豊田道路を経由し、約30分
    • 名古屋・関西方面から
      知多半島道路「阿久比I.C.」より衣浦大橋経由で約25分
    公共交通機関をご利用の場合
    • 名鉄名古屋本線「知立駅」より名鉄三河線、碧南行き乗車「北新川駅」下車徒歩約12分
    • JR東海「刈谷駅」より名鉄三河線、碧南行き乗車「北新川駅」下車徒歩約12分
    • 名鉄河和線「知多半田駅」より衣浦海底トンネル経由タクシーで約20分
    • 東海道新幹線「三河安城駅」よりタクシーで約35分
    • 中部国際空港(セントレア)よりタクシーで約40分
    駐車場
    ホテルには100台の無料駐車場をご用意しております。(内、ホテル正面駐車場に約80台)
    ホテル内施設ご利用のお客さまは、無料でご利用いただけます。

    大型車(大型バス・マイクロバス・2tトラック以上のトラック等)でのご来館をご予定のお客様は、
    事前にホテルまでご連絡くださいませ。(予約要・台数制限有)駐車料金として1泊5,400円申し受けます。
    周辺施設のご案内
    碧南市「明石公園」
    碧南市「明石公園」
    ホテル敷地に隣接する遊園地、通常の公園遊具に加え、全て100円でご利用になれる遊園地アトラクションは手軽で楽しさいっぱいです。
    安城産業文化公園「デンパーク」
    安城産業文化公園「デンパーク」
    季節の花々とさわやかな緑をつめこんだテーマパークです。稲作、畑作、果樹、畜産などの多角形農業をすすめた安城市がはその歴史をもとに、自然と親しみ、花のある暮らしを提案している場所になっています。
    碧南市「あおいパーク」

    農業と食と健康をテーマにつくられた『見る』 『食べる』 『やってみる』の体験パークです。
    高浜市「やきものの里かわら美術館」

    愛知県高浜市にある瓦(かわら)をテーマにした日本で唯一の美術館です。
    碧南市「へきなんたんトピア」
    へきなんたんトピア
    国内最大、世界でも最大級の出力410万kWの火力発電所と敷地内に併設された電力館、エコパークなどからなる施設です。
    博物館「酢の里」
    博物館「酢の里」
    粕酢誕生の地である半田に開かれた、日本唯一のお酢の総合博物館です。
    「おとうふ工房いしかわ」
    おとうふ工房いしかわ
    おとうふ・パン教室、お豆腐や豆乳を使った料理教室など豆腐に関わる様々な体験ができる施設です。
    西尾市「西尾 松鶴園」
    西尾 松鶴園
    日本一の抹茶の産地である愛知県西尾にある老舗抹茶メーカー。10名以上から工場見学も受け入れており、現地で美味しい抹茶も頂けます。
    半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)

    明治の人々の喉をうるおした「カブトビール」の醸造工場として建設され、第二次世界大戦中にあっては中島飛行機製作所の倉庫、戦後はコーンスターチの加工工場となり、100年を超える間、その時代の日本を支えてきた赤レンガ建物が、今も半田市にその姿を残しています。

    このページのトップへ