楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

ホテル アジール・奈良 季節のご挨拶

  • クチコミ・お客さまの声(952件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
豪勢な朝食はビジネス利用には勿体無いほどです
2020年05月29日 11:27:12
続きを読む

厳かに暮れる年末、輝かしく開ける年始。 冬の奈良旅のご案内

おん祭

古都奈良の冬の訪れ 「春日若宮おん祭」
奈良の冬を連れてくる、師走の奈良の風物詩「春日若宮おん祭」。平安時代から途切れることなく、今年で884回目を数えます。12月15日〜18日の4日間に渡りさまざまな神事が執り行われますが、なかでも、17日の「お渡り式」は必見。平安から江戸時代に至る古式ゆかしい時代行列が奈良の町を練り歩きます。ホテルアジール・奈良の前も通ります。写真は、2018年の様子。奈良では「おんまつりが終われば冬が来る」といわれ、この祭りを境に本格的な寒さがやってきます。
 
 

薬師寺お身拭い

仏様のホコリを拭いて迎春準備  「お身拭い」
奈良の各お寺で、ご本尊に積もった『ほこり』を拭き払う『お身拭い』と呼ばれる行事が行われます。
12月8日に法隆寺、15日に唐招提寺、そして29日に薬師寺のお身拭いが行われると、いよいよ年の瀬。新年の足音が聞こえてきます。
写真は薬師寺のお身拭い。
漆黒の美しい姿で知られるご本尊「薬師三尊像」は国宝。通常は写真撮影禁止ですが、お身拭いの前後、仏から魂を抜いている間のみ写真撮影が許されます。

自分自身のホコリも落として新しい年へ 
大晦日には、春日大社や護国神社では「年越大祓式」(としこしのおおはらえしき)が行われます。これは知らず知らずのうちに積もった罪や穢れを人形(ひとがた)に移し、流し去る行事。そしておなじみの除夜の鐘があちらこちらで鳴り響きます。東大寺では800人、興福寺では100人ほどの人が、鐘つきに参加できます。ホテルの南隣の明光寺さんでも除夜の鐘に参加できます。


春日大社

 新しい年を迎えたら「初詣」   
1000年以上の歴史を持つ由緒正しい神社も多く、初詣スポットの宝庫ともいえる奈良。
特に、皇室や武家、広く庶民からの信仰も集める春日大社は境内には61の社が集まりさまざまなご利益があるといわれ、初詣に訪れる人は50万人とも100万人ともいわれます。
元旦の午前0時に、一番太鼓とともに「初詣」が始まります。1日から5日はふるまい酒(志が必要)もあります。
また、東大寺では元旦の午前0時より大仏殿中門を開扉。大仏殿正面の桟唐戸が開かれ、そこから大仏さまのお顔を参拝することができます。


春日大社

 新春には巨大茶碗で和やかに 「大茶盛式」   
新年には霊山寺の「初福茶」など、初釜も楽しみです。 中でもとてもユニークなのが、特大の茶碗を皆で回し飲みする西大寺の「大茶盛式」。鎌倉時代の高僧「叡尊」が西大寺でお正月の修正会をとり行い、当時たいへん貴重だったお茶を参拝された人々に振舞ったことに始まり、以来800年近く伝承されている新春の恒例行事です。予約不要、当日受け付けによって参加ができますし、一人でも参加可能です。


若草山

古都奈良に早春を告げる 「若草山の山焼き」
 清酒発祥の地として有名な正暦寺は、紅葉の美しさから別名「錦の里」とも称されます。 普段はJR帯解駅を下車後、徒歩1時間半という秘境ですが、11月9日〜12月1日の間は臨時直通バスが設けられ奈良駅から約40分で行けるので、この地を訪れるまたとない好機です!

アクセス:JR奈良駅または近鉄奈良駅から正暦寺行き臨時バスあり。ホテルからバスで約50分。


----------------------
【お問い合わせ】
ホテルアジール・奈良
フリーダイヤル 0120-200-350
直通電話    0742-22-2577


この季節のおすすめプラン
  うるわし奈良【特別会席】4大特典付きプラン >>





エントランス
〒630-8247
奈良県奈良市油阪町1-58
TEL:0742-22-2577
FAX:0742-26-8159
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
交通アクセス
京都駅より約40分、大阪・難波駅より約45分、JR奈良駅東口より徒歩5分、鉄奈良駅⑦番出口より徒歩5分
駐車場有り 館内5台または契約駐車場1,300円/泊

このページのトップへ