楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

長門湯本温泉 旅館 六角堂 宿泊予約

  • クチコミ・お客さまの声(138件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
ちょっと古いけどけっこう歴史があるところです。
2017年08月10日 23:13:59
続きを読む

写真1

【11月末までに宿泊の方は必見!】全プラン対象!すぐに使える♪
<<1000円>>割引クーポン配布中!


湯本温泉街の真ん中に位置。 音信川沿いに立つ小さな宿「旅館六角堂」。公衆浴場「恩湯」にも徒歩10秒、お部屋からの眺めも最高です。 朝食、夕食とも「部屋食」となっておりますので、周りを気にせずゆっくりと食事を楽しみたい方には特におススメです。
写真2 写真3 写真4
【湯本温泉唯一6階展望風呂】 湯本温泉の元湯(恩湯、礼湯)にも近く、浴衣下駄ばきでお出かけください。 元湯は有料(200円)です。当館のお風呂は41.5度 元湯の温度は38.5度のかけながしです。 【長門の磯会席】 地元で獲れたサザエと季節の魚のお刺身は、日本海の磯の雰囲気、味をご堪能して下さい。 【ゆっくりとお寛ぎ下さい】 展望温泉からはもちろん、お部屋からも音信川をはじめ湯本温泉街の様子が一望できます。 思わず、外に出てしまいたくなるような景色には満足いただけるはずです。
写真5 写真6 写真7
【六角堂のあらまし】 今から約130年前明治の中頃に、当主秋山四郎吉が親鸞上人の修行の場として有名な「京都の六角堂」にヒントを得て、上人の精神で暖かくお客様をお迎えしようと、当時としては大変珍しく、木造三階建ての旅館を 創り、三階部分を六角造りにして現在云われる貴賓室としました。 以来当館は六角堂と呼ばれてまいりました。時代の流れと共にその建物はございませんが、創業の精神を受け継ぎ今日に至っております。 【音信川恋伝説】 忘れてはならないのが音信川(おとづれ)当館のすぐ前を流れており足湯もその河川敷にあります。 その昔、川の下流からきた客人と恋に落ちた湯女(ゆな)たちは思いの丈を綴った恋文(音信)を橋の上からそっと流したといいます。 ”川の流れよ、この気持ち、どうかあの人に届けておくれ” 待つ身がつらい湯女たちの、せめてもの流し文。それが音信川の云われなのです。 当館では流し文を取り扱っております。 詳しくはフロントでお尋ね下さい。 【湯本温泉の歴史】 湯本温泉は、今から約570年前、応永34年(1427年)大寧寺第三世住職定庵禅士が座禅中、住吉明神からのお告げにより発見された「神授の霊泉」といわれており、山口県では、最も古い温泉です。 江戸時代には、毛利藩主もたびたび温泉入浴を楽しんだといわれています。 当館の隣で湧出湯そのままなので泉温は38.5度、泉質は最高です。

このページのトップへ