楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

ターミナルホテル松山 観光

ターミナルホテル松山

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(1977件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    娘が泊まったのですが、駅からすぐ近くでフロントの対応もよかったそうです。部屋も思ったより広くて、綺麗と言ってい...
    2021年05月26日 10:29:36
    続きを読む

    イメージ写真
    詳細情報
    → 住所
    〒790-0066
    愛媛県松山市宮田町9-1
    → TEL:089-947-5388
    → FAX:089-947-6457
    → チェックイン:16:00
    (最終チェックイン:26:00)
    → チェックアウト:10:00
    → 交通アクセス
    JR松山駅より徒歩1分/松山空港より15分/松山観光港より20分/三津浜港より車で20分
    → 駐車場
    普通車600円/15:00〜10:00イン前やアウト後や連泊中の昼間の駐車は別途料金がかかります。
    お客様のご旅行の少しでもお手伝いができればと県内・市内の観光地に出向きフォトを撮ってきました。随時更新して参ります。もっともっと愛媛を好きになってください!
    道後温泉駅前の放生園にあるカラクリ時計は、坊っちゃんやマドンナなどの小説「坊っちゃん」の登場人物が踊りだすからくり。見上げる観光客も皆さんも思わず笑顔が…。
     城山(勝山)山頂は標高約132mで、天守は更に約30m高くそびえたっているため、江戸時代から今日に至るまで、松山城大天守は、圧倒的な存在感を持ったランドマークタワーです。松山平野を360度見渡せるその眺めは正に絶景で、眼下に広がる櫓群など近代城郭の完成度の高さも垣間見ることができます。お城マニア必見!  萬翠荘は戦禍を免れ、建築当時の様子をそのまま残す貴重な建築物として、昭和60年(1985年)に愛媛県指定有形文化財となっています。季節によりましてはバラの展示もございます。  3000年を超える歴史をもつ道後温泉愛媛といえば道後温泉。そのシンボルは明治27年に建築された道後温泉本館。建物と大浴場はレトロな空間。千と千尋の舞台とも噂されます。外せない観光地です。
     石手寺(いしてじ)は、真言宗豊山派の寺院。熊野山(くまの さん)、虚空蔵院(こくうぞういん)と号す。本尊は薬師如来。四国八十八箇所霊場の第 五十一番札所。遍路の元祖とされる衛門三郎の再来伝説ゆかりの寺でもある。洞窟もありお寺に興味のない人もぜひ足を運んでみてください。 大手町駅前の道路にあるダイヤモンドクロスは、全国で唯一、鉄道線と路面電車の軌道線が垂直交差している場所です。伊予鉄道の郊外電車の鉄道線と、市内電車の軌道線が、道路上で綺麗に直角に交わります。 鉄道ファン様だけでなくぜひ皆様チェックイン後、散歩がてら見に行かれることをオススメ致します。当館より約350m先にございます。フロントで地図もお渡しいたしますのでどうぞお声かけください。  ※写真 ㈱伊予鉄道グループ様より提供  伊佐爾波神社は近年の修復によって極彩された本殿は素晴らしく、桃山時代の優美な世界に引きもまれていくようです。 又、伊佐爾波神社には、和算学の絵馬が数多く残されていることでも有名です。
      道後公園は、明治以来の長い歴史を有する県立都市公園であり、また、中世の時代に伊予国(現在の愛媛県)の守護であった河野氏が本拠地としていた湯築城(ゆづきじょう)跡でもあります。桜の季節は花見客がたくさん押しかけます。  四国カルスト(しこくカルスト)は、愛媛県と高知県との県境にある標高が約1,400m、東西に約25kmに広がるカルスト台地である。  標高750mの山中にある東平は、大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれ、社宅・小学校・劇場・接待館が建てられるなど、昭和43年に休止するまで町として大変な賑わいをみせていました。東洋のマチュピチュ。

    このページのトップへ