楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA(アンカーホテル福山) 過ごし方

ANCHOR HOTEL FUKUYAMA(アンカーホテル福山)

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(93件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    初めて宿泊しましたが、部屋も広く雰囲気も良くゆっくりと出来ました。朝食も大変美味しく大満足でした。
    2021年04月23日 19:24:51
    続きを読む

    過ごし方
    • アンカーホテル
    • ホーム
    • 部屋
    • 朝食
    • 過ごし方
    • 商品紹介
    • Q&A
    • アクセス

    HOW TO

    アンカーホテルの過ごし方

    • まずはアンカーホテルから徒歩30秒の
      福山オリエンタルホテルでチェックイン!

      アンカーホテルにはフロントデスクがありません。チェックインは、3軒南隣、徒歩30秒のところにある福山オリエンタルホテルで行います。駐車場の誘導も同様です。

    • オシャレでくつろげるお部屋で一服。

      ホテル専用のルームウエアからルームキーに至るまで、あらゆるところにアンカーホテルの魅力をご用意しております。アンカーホテルの象徴=デニムの新たな魅力に触れてください。お部屋にはオリジナルドリップコーヒーもご用意しております。

    • オリジナルの浴衣を着て夕食へ。コンビニも
      近くにあり、数ある飲食店もtabiiで探せます。

      ホテルの周りには隠れた名店がいっぱい。新鮮な瀬戸内のお魚、朝引き鶏の焼き鳥、極上の焼肉など…客室の無料タブレット【tabii】で探せます。お目当てのお店には、ホテルの浴衣で颯爽と向かいましょう。

    • 宿泊客様にはどなたでも利用できる
      福山オリエンタルホテルの大浴場へ。

      福山オリエンタルホテルの大浴場には、大浴槽のほかに、数種類の壺風呂があります。中でも、地元鞆の浦の名産である薬膳酒『保命酒』を漬け込む際に使用した16種類の薬草を使った『保命酒の湯』はここだけでしか楽しめないお湯です。また、お風呂上がりの瓶牛乳は飲み放題!

    • アンカーホテル1階にある ANCHOR BAR。
      オリジナルカクテルを楽しもう。

      ホテル1階の特別なバー『ANCHOR BAR with あき乃』。
      ご宿泊のお客様は、ルームウエアでもご利用いただけます。
      その日1日の締めくくりにふさわしい落ち着いた雰囲気のバーで、ここでしか味わえないオリジナルカクテルをどうぞ。
      普段あまり見慣れないサイフォンでのドリップ。ついついジーッと眺めてしまいます。お味は…もちろん最高に美味です!サイフォンで入れるコーヒーを〆にいかがですか?

      ※ 定休日:日曜日(連休の場合は最終日)

    • 清潔で過ごしやすい空間の中、やすらぎのひととき。

      アンカーホテルは、マンションをリノベーションして作られました。そのせいか、どこか自分の家のような、落ち着きとやすらぎがあります。バルコニーに出るための大きなガラス戸、広めのシモンズベッド、ナチュラルな木とデニムが作る空気感。ゆっくりとおやすみいただけます。

    • アンカーホテルの特性ホットドッグと、
      福山オリエンタルホテルビュッフェ。

      アンカーホテル1階でホテル特製のホットドッグを宿泊者様は無料でご利用いただけます。天気がいい日には外のベンチでさわやかな朝を感じながら、お食事することもできます。
      また徒歩30秒の福山オリエンタルホテルでも朝食ビュッフェをご利用いただけます。

    このページのトップへ