楽天トラベル楽天25周年特設サイト

宿・航空券・ツアー予約

海外旅行  > 

ニュー オリエント ホテル ダナン(NEW ORIENT HOTEL DA NANG) ベトナムについてご紹介

ニュー オリエント ホテル ダナン(NEW ORIENT HOTEL DA NANG)

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    ホテルランク
    4
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    1部屋ご利用人数
    大人 人 子供 0

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    コスパがとてもいい! 値段以上の設備、サービス 部屋も広くて良かったです。
    2019年12月30日 17:02:42
    続きを読む

    基本情報

    【国名】ベトナム社会主義共和国 
    【国旗】 ベトナム国旗は金星紅旗(コー・ドー・サオ・ヴァン)と呼ばれ、旧ベトナム民主共和国(北ベトナム)の国旗として1945年に制定した旗を、南北統一(1976年)後も使用している。
    【面積】32万9241km2(日本の北海道から除く)
    【人口】約9556万2435人(2018年)
    【通貨】ベトナムドン(1円=約219ドン) *2020年8月11日現在 
    【消費税】 10%(VAT)
    【時差】日本-2時間
    【電圧】220V 50Hz
    【飛行時間】直行便で約6-7時間。現在5社の直行便
    【チップ】 基本的に必要なし
    【言語】 ベトナム語

    ベトナムの詳細情報

    ベトナムへの飛行時間

    日本から直線距離で約3600km。
    ホーチミン市(タンソンニャット国際空港)までは、成田国際空港と羽田空港から約6時間、関西国際空港からは約5時間30分、中部国際空港からは約5時間55分、福岡空港からは約5時間20分。
    ハノイ(ノイバイ国際空港)までは、成田国際空港と羽田空港から約5時間30分、関西国際空港からは約4時間35分、中部国際空港からは約5時間30分、福岡空港からは約4時間30分。
    ダナン市(ダナン国際空港)までは、成田国際空港から約6時間、関西国際空港からは約5時間15分。 ※いずれも直行便での所要時間。

    ベトナムの気候

    南北に細長い形をしたベトナムでは、北部、中部、南部でそれぞれ気候が異なります。北部は亜熱帯性気候で四季があり、南部は熱帯モンスーン気候で乾季と雨季に分かれています。
    【北部】年間の気温差が激しく、日本と同じく4季節があり、春夏秋冬。
    【南部】平均気温が27度。季節は雨季と乾季に分かれ、雨季は5〜10月で、乾季は11〜4月。
    【中部】平均気温が25度。季節は雨季と乾季に分かれ、雨季は8〜1月で、乾季は2〜7月。8〜9月は台風シーズンと呼ばれている。

    市内交通手段

    【タクシー】外国人旅行者にとって一番利用しやすい交通手段はタクシーです。 料金はメーター制で、基本料金に走行距離ごとの料金が加算されますが、タクシー会社や車種によって料金が若干異なります。 街中から乗る場合は、タクシー配車アプリの利用が便利で安心です。(オススメ配車アプリ:GRAB 安全でオススメな大手タクシー会社:ビナサン社、マイリン社、タクシーグループ社)
    【路線バス】 バスターミナルを起点に市内を走っています。車体に行き先と番号が表示してありますが、行き先はベトナム語表示。バス停も同様です。
    【バイクタクシー】ベトナム人にとって最もポピュラーな交通手段、バイクタクシー。街中にたくさん待機していますが、ぼったくりをされるのは日常茶飯事、料金は利用する前に要交渉のため、旅行者には難易度が高めです。 ほとんどの運転手は英語が通じないので、ご利用の際は事前に目的地の住所を紙に書いておくと便利です。最近のタクシー配車アプリでは、バイクタクシーも呼ぶことができ、町で拾う場合に比べ、安い、便利、安全です。(配車アプリ:GRAB,GOJEK)

    旅の準備とその他のご注意

    【安全とトラブル】

    →治安が良く安全な国だといわれるベトナムであっても、日本の文化とは異なることもあります。行動は自分自身の危機管理能力の範囲内にとどめましょう。
    <緊急時電話番号> 警察 113、消防車 114、救急車 115







    <水>

    ベトナムの水道水は日本の軟水とは異なり、衛生面に問題があるため、飲料は控えましょう。 ミネラルウォーターは街中のコンビニや商店をはじめ、あらゆる場所で売られています。500mlのペットボトル飲料水は約5千〜1万ドンで購入できます。

    【ベトナムの携帯&通信事情】

    情報検索やマップ、LINEなどのSNSをベトナム国内でも利用できると、より便利に旅行することができます。 多くのホテルでWiFiが利用できますが、海外用ポケットWiFiのレンタルや、SIMフリースマホなどがあるとより便利です。
    また、ベトナム現地に着いてからでも間に合います。空港の国際線出口付近に、ポケットWiFiのレンタルやSIMカード販売(データのみプラン、又はデータ&電話番号付きプランなど)様々な通信サービスがあるので、 ご自身に適したプランを選びましょう。コンビニでもSIMカードを販売していますので、追加購入も可能。ネット環境が快適だと、より一層楽しい旅行になること間違いなし!

    <電話の掛け方>

    ベトナム国内の番号にかける場合: そのままかけて良い。 日本にかける場合 : +81(0)- 番号

    【ベトナムのビザ・パスポート】

    入国時点で6ヵ月間以上の残存有効期間を有するパスポートと、出国用の航空券を有する日本国民に対しては、15日間以内の滞在に限りビザは不要です。 ベトナムを出国した日から30日以内に再入国する場合はビザが必要です。 通常の観光ビザ(シングルビザ)で1ヵ月間の滞在が可能になります。 ビザはベトナム社会主義共和国大使館、または領事館、ベトナム外務省公式オンラインサイト(E-VISA)から取得可能です。 * ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがありますので、必ず大使館と領事館のウェブサイトでご確認ください。



    <ベトナムへ渡航する際の注意>

    入国審査では帰国便または第三国へ出発する便の航空券の提示が必要。 eチケットの場合は、eチケットお客様控え(Itinerary Receipt)の提示が必要。 * スマートフォンの画面提示では入国が許可されないので注意。

    【ベトナムの大使館】

    【日本大使館】

    Embassy of Japan
    住所:27 Lieu Giai Street, Ba Dinh District, Hanoi, Viet Nam
    電話:(84-4) 3846-3000
    Fax:(84-4) 3846-3043
    https://www.vn.emb-japan.go.jp/index_jp.html



    【在日ベトナム大使館】

    Embassy of the Socialist Republic of Viet Nam in Japan
    住所:〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町50-11
    電話:03-3466-3311、03-3466-3313、03-3466-3314
    https://www.vnembassy-jp.org/ja

    【ベトナムの旅で使える会話】

    公用語はベトナム語。外国人や旅行者を相手にする所では英語がよく通じる。店によっては日本語が通じることもある。ほかに年配者にはフランス語やロシア語が通じることもある。






    <会話例>

    会話例1 : シン・チャオ ≈ こんにちは!
    会話例2 : カム・オン ≈ ありがとう
    会話例3 : カイ・ナイ・ラー・カイ・ジー? ≈ これは何ですか?
    会話例4 : カイ・ナイ・ザー・バオ・ニュウ? ≈ これはいくらですか?
    会話例5 : シン・ゴイ・コン・アン・チョー・トイ・ヴォイ ≈ 警察を呼んでください

    【ベトナムのお土産・ショッピング】

    旅行の醍醐味である、ショッピング。ベトナムは値切り交渉の文化があるので、市場でお買い物をする際は値切り交渉にトライしてみましょう。 まとめ買いをすると交渉しやすくなりますよ! ただし、最近のショップなどでは「FIXED PRICE」のタグが付いた商品も増えてきており、その場合は値切るのは難しいです。 近年では、世界ブランドのコンビニが続々と店舗数を伸ばしており(Family Mart , 7Eleven,Cirke K)、国内ブランドのコンビニ(GS25.BSMART)もありますので、 値切り交渉の手間なく安心して日用品を購入できます。

    <お土産について>

    ベトナムの民族風雑貨や陶器のお土産は日本でも大人気です。いたるところで購入できますが、市場での購入がオススメ。 また、ベトナムはコーヒー輸出量がブラジルに次いで世界第2位のコーヒー大国! 個包装になっているインスタントベトナムコーヒーはバラマキ土産としても便利です。

    ※掲載情報は2020年8月11日時点のものです。
    営業時間、料金など変更されている場合がありますので、ご了承ください。最新の情報は各自でご確認いただきますようお願いいたします。

    このページのトップへ