楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

ホテルザセレスティン銀座 ザ・セレスティンホテルズ

ホテルザセレスティン銀座

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(81件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    景色がいまいちなのが残念です。
    2021年09月06日 12:13:28
    続きを読む

    コンセプト
    • ザ・セレスティンホテルズ
    • ゲストルーム
    • お食事
    • 館内施設
    • アクセス・観光

    「ただいま」と言いたくなるホテル

    ホテル ザ セレスティン銀座は、銀座のメインストリートに面しながらも、街の喧騒とは対照的なプライベート感のある上質な滞在空間。
    第2の我が家のように、心穏やかにおくつろぎ頂けるホテルを目指します。

    八坂通り

    銀座の街で、静かに安らぐ こだわりのデザインはお客様のくつろぎのために

    ホテル ザ セレスティン銀座 外観
    街の喧騒から仕切られた、「華麗なる静謐」

    銀座の繁華街の中に位置しながらも凛とした佇まい。
    一歩館内に入った瞬間、街の喧騒から離れた上質なくつろぎの空間が広がります。
    外観は、銀座の街並みに調和しながら、上品かつ存在感を際立たせる総石張りのデザイン。インテリアデザインは、国内外のラグジュアリーホテルを手掛けているHirsch Bedner Associatesが担当し、銀座の地に相応しい上質な素材感を大切にした内装に、柔らかく空間を灯す照明を重ねた非日常的な空間と、邸宅のリビングや応接室の様な落ち着いた寛げる空間を演出しています。

    PAGE TOP

    「第2の我が家」にふさわしい客室 開放感、宿る品格、喧噪からの隔絶

    客室

    格別な時間を演出する「非日常性」と、第2の我が家として心からくつろげる「安心感」。
    細部までデザインが行き届いた、温もりを感じる心地よい空間を描いています。

    客室
    PAGE TOP

    笑顔で始まる朝に、心まで満たす朝食を

    健やかな一日はこだわりの朝食から

    当ホテルの最上階には、東京・青山に本店を構える、高いホスピタリティが話題のイタリアンレストラン「Casita」が、銀座初出店します。
    “お腹だけでなく、心もいっぱいに”

    楽しみになる朝食
    PAGE TOP

    ザ・セレスティンホテルズ オフの人生をもてなすならば、ホテルに出来ることはもっとある。

    私たちは、いつも思いを巡らせています。
    お客様は今日、どんな一日を過ごされたいのか。ホテルに何を期待されるのか。
    一人ひとりのお客様の思いに、「THE CELESTINE HOTELS」のすべてでお応えすること。
    それこそが、私たちにしかできない、おもてなしでありたい。

    ホテル ザ セレスティン銀座
    ホテル ザ セレスティン銀座

    2017年10月5日(木)開業予定。
    銀座のメインストリートに面しながらも、街の喧騒とは対照的なプライベート感のある上質な滞在空間

    詳しくはこちら
    ホテル ザ セレスティン京都祇園
    ホテル ザ セレスティン京都祇園

    2017年9月7日(木)開業。
    古都の風情が色濃く残る東山地区・八坂通に面した情緒溢れる閑静な立地で、祇園、清水寺、鴨川等も近接しています。

    詳しくはこちら
    (仮称)ホテル ザ セレスティン東京芝
    (仮称)ホテル ザ セレスティン東京芝

    2017年11月28日(火)リブランドオープン



    詳しくはこちら
    PAGE TOP

    このページのトップへ