楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

ペンション ポッケ オーナー紹介

ペンション ポッケ

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    • クチコミ・お客さまの声(21件)
    • メルマガ
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    盆休みに泊まりました。部屋はわんちゃんOKです。わんちゃん同伴で食事はNGです。眺めが良くてご主人が気さくな方...
    2020年08月14日 07:45:52
    続きを読む

    <
    オーナーの自己紹介

    ◆ペンションを始めるにあたり牛窓に移り住みはや 四半世紀に
      なりました。
      瀬戸内は気候も温暖ですが、それにもまして住む人々は温厚な
      人が多くのんびりと暮らすには もってこいの所なんですよ。 
    ◆こんな私が皆様をおもてなしさせて頂きます。
      お越しの際にはお気軽にお声をおかけくださいね。
      楽しみに致しております。

                                                              
    名   前 粟 田 操(あわた みさお)
    名前が操なもので、よく女性と勘違い
    されましたがれっきとした”おじさん”です。
    誕 生 日 1953年1月30日
    年齢・それなりの楽しみを持ちながら、いつまでも
    若い気持ちでいたいですね。
    出 身 地 徳島県の鳴門市
    18歳まで海の近くで暮らし、原体験を育んでくれた所です。
    いつまでたって故郷はいいものです。”ふるさとは遠きにありて思うもの・・・”とかね。
    現 住 所 岡山・牛窓のペンションと同じ所
    1985年にペンション開業と同時に移り住みました。
    瀬戸内の穏かさ・ゆっくり流れる時間感覚が気にいってます。
    ”海の見える所で暮らしたい”夢が叶いました。
    職   業 ペンションでのおもてなし
    32歳で開業しましたが、はや還暦も過ぎ開業33年目になりました。
    ”光陰矢のごとし”と言いますが、実感のこの頃です。
    まだまだ10年(?)はガンバルつもりです。よろしくお願いします。
    趣  味
    &好きな事
    ♪もの作り
    オフシーズンに集中して庭まわりのものを作ったり補修などをして
    楽しんでます。やっと少しは庭らしくなってきました。
    まだまだ作りたいものはありますがボチボチ頑張ります。

    ♪海釣り

     
    ときどき(?)瀬戸内での投げ釣り・船釣りをたのしんでます。
    成果はまぁまぁですが、自分で釣った魚を家族で食べるのが
    好きなんです。 (原始的な本能が牛窓で蘇ってきたようです)

    牛窓の海は、県内有数のフィッシングポイント。
    太公望からビギナーまで「投げ釣り・波止場釣り・磯釣り・
    船釣り」とそれぞれ思い思いの海釣りが楽しめます。

    ♪読書

     お気に入りの喫茶店で”コーヒーと一冊の本”があれば 大満足。
     楽しみの”読書タイム”で落ち着くひととき です。 

    ♪バイシクルツーリング
    若い頃に少しやっていた自転車を健康の為にもまた始め続けています。
    岡山北部の津山や西部の笠岡や吹屋方面にも行ってきました。
    最近は愛車の「GIOS シクロクロスバイク」でのツーリングを楽しんでいます。

      夢
    &楽しみ
    ♪希望のペンションに近づけていきたい!!
      やりたいこといっぱいあるのですが、思うようには事は
      進まないのが世の常。地道に続けて行きます。 
    バイシクルツーリングで近い将来四国88箇所のお寺さんめぐりをしたいなぁ〜
      なんて考えています。

    このページのトップへ