楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

みもすそ川別館 こだわり

  • クチコミ・お客さまの声(96件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
歴史を感じさせる佇まい、、、久方ぶりに下関の河豚を食しました。感じのいいお上の応対と中居さん達の対応も良く、感...
2020年02月23日 20:03:49
続きを読む

イメージ写真
詳細情報
→ 住所
〒751-0813
山口県下関市みもすそ川町23-15
→ 連絡先:みもすそ川別館:083-222-3357
→ チェックイン:16:00
(最終チェックイン:18:30)
→ チェックアウト:10:00
→ 交通アクセス
中国自動車道下関ICより車で5分。山陽新幹線新下関駅よりタクシーで20分。JR下関駅よりタクシーで13分。
→ 駐車場
有り 30台 無料 先着順
みもすそ川別館の
“ふく刺し”
photo1
大鉢のふく刺しをお客様の目の前にお出しする瞬間というのは、この仕事をやっていて良かったな、と思える瞬間の一つです。
数あるふく料理の中でも最も華があり、これを目当てに下関まで足を運ばれるお客様はいまだ絶えることがありません。
口福の一時を創り出す、ふく刺しに秘められた“こだわり”を少し紹介させて頂こうと思います。

御予約はこちらから!

大鉢に 凛と咲いた 菊の華。。。

      その美しさの裏には“こだわり”があります
 
photo2
しめる。
ふく刺しを引くにあたって、厨房ではまず、ふくを締める作業から始まります。
ふくは水分が多い魚。朝一番で届いたら水気を取る為にサラシを巻いて、夕方にはサラシを代えて…という作業を、天然ならば3、4回繰り返します。この作業を怠ると、せっかく引いたふく刺しが、みるみる縮んでいってしまいます。
photo3
ひく。
しっかり水分が抜けて、旨味が全体にまわったら、ふくを引いていきます。
確かに“薄造り”ですが、薄ければ良い、という訳ではありません。
旨味を残し、嫌味を残さない、それでいてポン酢との相性を考えてある、熟練された職人だけがなし得る、計算された厚さがあるのです。
もりつける。
いよいよクライマックス。
ふく刺しは、真ん中に行けば行く程、盛り付けるのが難しくなります。折り曲げる幅、ピンッと立った角の角度、上の段から繋がっている一枚一枚を結ぶライン。。。
ふく刺しが放つ凛とした美しさは、それが張り詰めた緊張感の中から生まれた作品であるが故なのです。

このページのトップへ