楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

竹野屋旅館 竹野屋について

  • クチコミ・お客さまの声(150件)
  • メルマガ
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
コロナ禍の初旅行だったので、どのような対策をされているのか不安な中でしたが、館内の至るところに消毒もあり、エレ...
2020年10月11日 17:30:05
続きを読む

竹野屋の歴史

明治10年(1877年)出雲大社にほど近い眞名井地区の農家の四男であった初代竹内繁藏が、大社を訪れる参拝客のために開いた小さな宿、それが「竹野屋」の始まりでした。

以来、二代から三代へと家業は引き継がれ、敷地の拡大と建物の増改築を重ねて現在の木造本館の佇まいとなったのは、昭和4年(1929年)のことです。

大社町に鉄道時代が到来した大正から昭和半ばにかけては、修学旅行など団体のお客様が増えていきました。また、戦時中は疎開児童受け入れのお宿として全国的にも名前が知られるようになっていきました。

昭和46年(1971年)より15年間に渡り大社町長を務めた四代目が、敷地西側に新館を増築。その頃、出雲大社をご参拝される皇室の方々をお迎えする光栄にも幾度か恵まれました。
(尚、シンガーソングライターの竹内まりやは四代目繁蔵の三女にあたります)

五代目の平成の時代には、出雲大社で挙式を行うカップルの増加に伴い、当館独自の結婚披露宴スタイルが、全国の皆様方からご好評いただきました。

平成28年(2016年)秋には、諸設備を一新すると共に、日本書道界の重鎮「石飛博光」先生の揮毫を看板に戴き、装いも新たにリニューアルオープンの運びとなりました。

そして創業140周年となる平成29年(2017年)春、次世代の若き六代目へとバトンタッチされた「竹野屋」は、“神々の国への玄関宿”として、初代より引き継がれてきたおもてなしの心を大切に、これからも皆様に愛される宿を目指して一層精進いたしてまいります。

何卒末永いご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

昭和初期の写真

館内案内

竹野屋旅館

〒699-0711
島根県出雲市大社町杵築南857


e-mail yoyaku@takenoya-ryokan.co.jp
  お問い合わせ・ご予約 0853-53-3131
受付時間 10:00 - 20:00

このページのトップへ