楽天トラベル楽天25周年特設サイト

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯田温泉 名勝 山水園 庭園

湯田温泉 名勝 山水園

こちらの宿泊施設は、宿泊者からの総合評価点数が高い、もしくは多くの宿泊実績がある等の独自の条件を満たしたプリファードプログラム参加施設です。楽天トラベルへサービス利用料を支払うことにより、原則同条件の他の施設よりも上位に表示されています。(ヘルプページ参照)
    日程からプランを探す
    日付未定の有無
    チェックイン
    チェックアウト
    ご利用部屋数
    部屋
    ご利用人数

    1部屋目:


    大人 人 子供 0
    合計料金(泊)
    下限
    上限

    ※1部屋あたり消費税込み

    検索

    利用日
    利用部屋数
    部屋
    利用人数
    大人 人 子供 0
    合計料金(1利用あたり消費税込み)
    下限
    上限

    検索

    クチコミ・お客さまの声
    接客される方の案内が少ないと思いました。外湯への温泉は何度でも入れるので、電話で行っていただければチケットを渡...
    2022年04月27日 12:24:00
    続きを読む

    人気のプラン紹介

    住所 〒753-0078
    山口県山口市緑町4-60
    TEL 083-922-0560
    チェックイン 15:00〜20:00
    チェックアウト 10:00
    駐車場 40台/無料/予約不要

    山水園は三方を山に囲まれ、まるで山懐に抱かれているように佇んでいます。
    南東に開けた地形は、そこに生を営む動物や植物にとって、住みよい環境となっています。
    緑はたくましく繁り、虫や野鳥もたくさんやってきます。
    1936年にこの地で旅館営業を始めて以来、私たちは自然環境を大切に守ってきました。人間も他の動植物と同様にこの地球で生きています。
    自然が失われてゆく中、少なくともこの地だけでも良い環境を残したいと考えております。

    自然と共生――それが弊社のコンセプトの一つです。
    池泉庭園 露地 枯山水

    山水園には、日本庭園の三つの様式「池泉庭園」、「露地」、そして「枯山水」があります。
    池泉庭園と堀は大正中期に作られたもので、露地と枯山水は、昭和20年代後半に作庭されました。 この三つの庭園は、「連続していながらそれぞれが独立している」として、専門家より高い評価を頂いております。 大変ありがたいことに、国の登録記念物にも登録されております。
    マツやヒヨクヒバ等の樹木、クチナシやツツジ等の低木、ヤブコウジやヤブラン等の地被植物など豊富な植栽が四季折々の景色を作り出しています。

    山を借景として、中心に池を置き、自然の土地の起伏を生かして池の周りに回遊路が造られている回遊式庭園です。5つの入江と1つの島を持つ池は水に接する部分が長く、美しい表情を作り出しています。 二つの滝から二本の温泉水の川が池に流れ込んでおり、温泉水のせいで池の鯉は冬眠することなく、一年中元気に泳ぎ、訪れる人々を楽しませています。
    池のほぼ中央に架かる石橋は特徴的で、庭園のアクセントになっています。北側の入江には自然石と石橋を、南側の入江には飛び石を配して対岸に渡れるように造られています。

    池泉庭園を望むお部屋はこちら

    露地は、外待合、砂雪隠、内待合、中門、梅軒門、つきあげ門、井戸、さらに枯れ流れまで備えた本格的な茶庭となっております。
    枯れ流れには沢飛石、流れ蹲(つくばい)、そして石橋が設けられています。
    昭和20年代後半、笛吹嘉一郎が連れて来た、京都の庭師・後藤重栄の作庭で、庭石等の石材、垣のクロモジ、一部の樹木等は京都より運び込まれたものです。

    露地を望むお部屋はこちら

    枯山水は、露地に続いて、後藤重栄により作られました。 数個の石と松等の植込みのある島と白砂から成る部分は、地面よりも低く造られているのが特徴的です。三方から小路をたどればそこへ下りてゆくことができ、それぞれ違った角度からの庭の表情が楽しめます。

    敷地の南側(枯山水の角)に、茅葺きのいばらき門が設えられており、その二階洞雲は二畳中板の茶室となっています。 この門は、大和郡山にある慈光院の茨木門の写しで、笛吹嘉一郎の設計・施工です。
    いばらき門からほどなく堀に架かる石橋(大正時代のもの)を渡り小路を辿ると露地に参ります。

    枯山水を望むお部屋はこちら

    このページのトップへ