旅のランキング

現地スタッフ厳選!宮城県のおすすめ観光スポットBEST20

宮城県担当現地スタッフおすすめの宮城を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている宮城の穴場観光地も!

宮城県担当現地スタッフおすすめの宮城を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!定番以外にも、現地にいるからこそ知っている宮城の穴場観光地も!

宮城への伊達な旅!

伊達政宗が街の基盤を作り、伊達氏によって城下町として栄えた仙台を中心に、歴史にちなんだスポット、自然を生かしたスポットが数多く存在する宮城県。海も山も市街地もあり、スポーツの拠点となるスタジアムもあるなど、観光地の種類が幅広いため、いろいろな楽しみ方ができそうです。今回は、現地スタッフがおすすめする定番スポットから穴場まで、宮城県旅行で訪れるべき観光名所をご紹介します!

初めての人に訪れて欲しい宮城のおすすめ定番スポット

仙台市

定禅寺通

定禅寺通

仙台市の都心部を東西に貫く並木道で、ビルの谷間を緑の帯が彩っています。そのたたずまいは「杜の都」仙台のイメージそのもの。ブロンズ像も立てられているためちょっとした野外ギャラリーの雰囲気もあります。ここで行われる「SENDAI光のページェント」は、仙台の一大イベントのひとつ。ケヤキ並木が一斉にイルミネーションで彩られます。

【現地スタッフおすすめコメント】

光のページェントは仙台の冬の風物詩として定着しています

アクセス
【電車】地下鉄「勾当台公園駅」よりすぐ

松島町

松島

松島

平安時代より多くの歌に詠まれ、中世には霊場として栄えた松島。日本三景の一つに数えられる景勝地で、松尾芭蕉の「おくの細道」でも有名です。湾に浮かぶ約260の島々を一望できる4か所の展望名所「四大観」、岬の丘にある「双観山」、湾内すべてを正面から見渡せる「新富山」など、見事な眺望を楽しめるスポットが数多くあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

日の出や日没の時間は特に感動的な風景です

アクセス
【電車】JR仙石線「松島海岸駅」よりすぐ
【車】三陸自動車道「松島海岸IC」より車で約5分

蔵王町

お釜

お釜

宮城と山形を結ぶ「蔵王エコーライン」の最大の観光スポットになっている、直径325mほどの丸い火口湖。釜状に口を開けているのでこの名前で呼ばれます。天候や太陽の光の射し方により一日に何度か湖の色が変化するため、別名「五色沼」とも呼ばれています。蔵王ハイラインの終点にある駐車場から御釜を眺める展望台にアクセスできます。

【現地スタッフおすすめコメント】

豊かな表情を見せてくれる蔵王のシンボルです

営業時間
※11月上旬~4月下旬は蔵王エコーライン・ハイラインの冬期通行止めにより立ち入り不可
アクセス
【電車】土・日曜・祝日限定で、ミヤコーバス白石蔵王~遠刈田温泉便の一部が刈田山頂(御釜)まで延長運転
【車】東北自動車道「村田IC」より車で約65分

大崎市

鳴子峡

鳴子峡

地盤の隆起と大谷川の浸食によって作り出された深さ約100mの大峡谷。鳴子温泉郷から中山平温泉近くまで全長約2.5km続き、断崖絶壁と渓流が見事な景色を織り成しています。10月下旬から11月上旬の紅葉は特に見事で、渓谷が赤や黄色の色とりどりに染まります。「鳴子峡レストハウス」の見晴らし台から大深沢橋を見渡す景色は特に絶景です。

【現地スタッフおすすめコメント】

「猿の手掛岩」などの奇岩怪石も見られます

営業時間
鳴子峡レストハウス 9:00~17:00 冬季休業(11月下旬~4月上旬)
アクセス
【車】東北自動車道「古川IC」より車で約60分

仙台市

秋保大滝

秋保大滝

幅6m、高さ55mの大きさを誇る東北を代表する名瀑。不動滝橋のたもとから川沿いの遊歩道を歩いていけば、滝壺の景色をすぐ近くに眺めることができます。春から初夏にかけての新緑、秋の紅葉の時期には一層見事な景観を作り上げます。近くにある「秋保大滝植物園」では、蔵王山系の可憐な植物も見られます。

【現地スタッフおすすめコメント】

凝灰岩を割って落ちるド迫力の滝です

アクセス
【電車・バス】東北新幹線・JR各線「仙台駅」よりバスで約90分(土・日曜、祝日のみの運行/1日2便)、「秋保大滝」停よりすぐ
【車】東北自動車道「仙台南IC」より車で約40分

仙台市

Koboパーク宮城

Koboパーク宮城
©Rakuten Eagles

東北楽天ゴールデンイーグルスが本拠地とするスタジアムで、野球観戦をはじめ様々なエンターテインメントを楽しめる空間として整備されています。観覧車やメリーゴーラウンドなどのアトラクションがあり、花火大会や夏まつりなど様々なイベントも開催。ショッピングやグルメのお店も充実しており、大人から子どもまで楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

家族みんなで楽しめるボールパークです!

営業時間・料金
試合時間によって異なります。詳しくは球団WEBサイトをご覧ください
https://www.rakuteneagles.jp/
アクセス
【電車】JR仙石線「宮城野原駅」より徒歩約5分
【車】東北自動車道「仙台東IC」より車で約15分

仙台市

瑞鳳殿

瑞鳳殿

仙台藩祖伊達政宗公の遺言により建てられた霊屋です。現在の建物は戦争で焼失以前の瑞鳳殿を手本に1979年に再建されたもの。柱には彫刻獅子頭を、屋根には竜頭瓦を復元し、豪華絢爛な桃山文化の遺風を伝えています。二代藩主伊達忠宗公の「感仙殿」、三代藩主伊達綱宗公の「善応殿」も同じ境内に建っています。

【現地スタッフおすすめコメント】

仙台の基礎を作った政宗公の威厳が伝わります

営業時間
9:00~16:30(最終入館)、12/1~1/31/9:00~16:00(最終入館)
12/31休(資料館 1/1休)
料金
観覧料 一般・大学生550円、高校生400円、小・中学生200円
アクセス
【電車・バス】東北新幹線・JR各線「仙台駅」よりるーぷる仙台バス「瑞宝殿前」停より徒歩約10分
【車】東北自動車道「仙台宮城IC」より車で約15分

仙台市

るーぷる仙台

るーぷる仙台

仙台の市街地周辺を観光するならこのバスを利用するのがおすすめです。仙台駅を出発し、瑞鳳殿や博物館、仙台城跡など10か所以上設置された専用バス停を循環しており、お得な一日乗車券を使えば乗り降り自由。観光スポットを効率よく周れます。この一日乗車券には沿線施設でのさまざまな特典もついてきます。

【現地スタッフおすすめコメント】

車窓から仙台の街並みを眺められます

営業時間
仙台駅前発着9:00~16:00 平日は20分間隔、土・日・祝日は15分間隔で運行、1周約70分
料金
1回乗車 大人260円、小児130円 1日乗車券 大人620円、小児310円
アクセス
【電車】東北新幹線・JR各線「仙台駅」発着

仙台市

ニッカウヰスキー 仙台工場 宮城峡蒸留所

ニッカウヰスキー 仙台工場 宮城峡蒸留所

日本におけるウイスキー製造の第一人者、竹鶴政孝が、北海道余市に続く蒸溜所として選んだのがここ宮城峡です。広瀬川と新川の合流する、清流のほとりです。「ニッカ池」を中心に日本庭園が整備され、その中に赤レンガを採用した洋風の工場や貯蔵庫が建ち並ぶ光景は風情があります。蒸溜所見学ではウイスキーの製造工程や歴史について案内してもらえます。

【現地スタッフおすすめコメント】

蒸溜所ではウイスキーの試飲もできます

営業時間
見学ご案内時間 9:00~11:30、12:30~15:30 所要時間約70分
2017/8/25、2017/12/24~2018/1/7休
料金
無料
アクセス
【電車】JR仙山線「作並駅」より土・日曜・祝日はシャトルバス運行あり
【車】東北自動車道「仙台宮城IC」より車で約25分

仙台市

ユアテックスタジアム仙台

ユアテックスタジアム仙台

仙台を本拠地とするJリーグチーム「ベガルタ仙台」のホームグラウンド。1997年にサッカー、ラグビー、アメリカンフットボールの専用公式競技場として誕生しました。スタンドは幅広い屋根に覆われており、観客の熱気を包み込むかのようです。選手と観客の感動を一体化させる「劇場型スタジアム」として人気があります。

【現地スタッフおすすめコメント】

ゲームのある日は街をあげて盛り上がります

アクセス
【電車】地下鉄「泉中央駅」より徒歩約4分
【車】東北自動車道「泉IC」より車で約20分

現地にいるからこそ知ってる宮城のおすすめ穴場スポット

仙台市

仙台市天文台

仙台市天文台

仙台市郊外の錦ケ丘にある、最新設備が揃う天文台。ドーム直径25mの水平型プラネタリウムを備え、美しい星空と迫力のある映像で、幻想的な宇宙空間の映像を投影しています。土曜日の晴天時には、公開天文台としては国内屈指の大きさを誇る口径1.3mの「ひとみ望遠鏡」を使い、天体観望会を開催。宇宙を身近に親しむことができます。

【現地スタッフおすすめコメント】

さまざまなイベントも行われ、一年を通じて楽しめます

営業時間
9:00~17:00(土曜は~21:30、展示室は~17:00)
水曜、第3火曜、祝休日の場合翌平日、年末年始 休業
料金
展示室 一般600円、高校生350円、小・中学生250円 プラネタリウムは別料金・セット券もあり
アクセス
【電車・バス】JR仙山線「愛子駅」よりバス「錦ケ丘七丁目北・天文台入口」停下車徒歩約5分
【車】東北自動車道「仙台宮城IC」より車で約10分

大河原町

白石川堤一目千本桜

白石川堤一目千本桜

大河原町から柴田町にかけての白石川堤に植えられた、合計約1,200本のソメイヨシノの並木です。春には長い距離にわたって桜のトンネルを作り出し、その景色を見るため各地から花見客が集まります。4月上旬から中旬にかけて行われる「おおがわら桜まつり」のシーズンには、お花見屋形船が運航され、夜桜が幻想的にライトアップされます。

【現地スタッフおすすめコメント】

残雪の蔵王連峰を背景にした景色は壮観です

アクセス
【電車】JR東北本線「大河原駅」より徒歩約3分
【車】東北自動車道「白石IC」より車で約20分

川崎町

国営みちのく杜の湖畔公園

国営みちのく杜の湖畔公園

釜房湖畔に、風光明媚な土地を生かして整備された、東北唯一の国営公園です。広大な敷地内には、東北6県を代表する古民家を集めた「ふるさと村」や、季節ごと10万株の花々が咲き誇る「彩の広場」など見どころ満載。「ジャンピング・ドーナッツ」や「ローラースライダー」など子どもに人気の遊具も備え、一家揃って楽しめます。

【現地スタッフおすすめコメント】

ヤギやヒツジとのふれあい体験もできます

営業時間
9:30~ 春(3/1-6/30)17:00、夏(7/1-8/31)18:00、秋(9/1-10/31)17:00、冬(11/1-2月末)16:00
火曜休(祝日の場合は翌日休)年末年始休 ※4/1~6月第3日曜日、7月第3月曜日~10/31は無休
料金
入園料 大人(15歳以上)410円、子ども(小・中学生)80円、シルバー(65歳以上)210円
アクセス
【電車・バス】東北新幹線・JR各線「仙台駅」よりバス「みちのく公園」または「みちのく杜の湖畔公園入口」停下車
【車】山形自動車道「宮城川崎IC」より車で約10分

白石市

白石城

白石城

江戸初期に発令された「一国一城令」の後も、幕府から特別に許されて仙台藩の2つめの城としてそのまま存続。伊達氏の重臣片倉氏の居城として、明治維新までの260年以上続き、城下町が栄えました。現在の建物は、1995年に木造建築による完全復元天守として復元。公園内にはさまざまな展示がされている「白石城歴史探訪ミュージアム」もあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

近年人気が高まっている武将、片倉小十郎が大改修を行った城です

営業時間
4~10月/9:00~17:00、11~3月/9:00~16:00 年末休
料金
一般300円、小学・中学・高校生150円、未就学児無料
アクセス
【電車】JR東北本線「白石駅」より徒歩約10分
【車】東北自動車道「白石IC」より車で約10分

仙台市

仙台うみの杜水族館

 仙台うみの杜水族館

高砂中央公園内に2015年開業した水族館。日本の海、三陸の海をテーマにした展示が盛りだくさんです。特に幅14m、深さ7.5mの、仕切りのない巨大な水槽が圧巻。マサバやアカシュモクザメがマイワシの群れをめがけて泳ぐシーンなど、自然の営みをそのまま展示しています。イルカやアシカの楽しいパフォーマンスも人気です。

【現地スタッフおすすめコメント】

水槽の数は約100個に及びます

営業時間
9:00~18:30(最終入館18:00)※季節により変動あり
料金
大人(18才以上)2,100円、中・高校生(12~18才)1,600円、小学生(6~12才)1,100円、幼児(4~未就学児)600円、シニア(65才以上)1,600円
アクセス
【電車】JR仙石線「中野栄駅」より徒歩約15分(無料シャトルバスも運行)
【車】仙台東部道路「仙台港IC」より車で約5分

仙台市

仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール

仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール

アニメ「それいけ!アンパンマン」の世界が広がるミュージアム。パンづくりごっこができる「パンこうじょうのおか」など、お子さんがたっぷり楽しめるアトラクションが揃います。もちろんアンパンマンをはじめとするキャラクターたちがお出迎え。ミニステージも繰り広げられます。個性豊かなお店が約20店舗並ぶショッピングモールもあります。

【現地スタッフおすすめコメント】

アンパンマンの世界をたっぷり体験できます

営業時間
ミュージアム/10:00~17:00(最終入館16:00)、ショッピングモール/10:00~18:00 
元日休ほか臨時休業あり
料金
入館料1,296円(中学生未満には記念品つき)
アクセス
【電車】東北新幹線・JR各線「仙台駅」より徒歩約9分
【車】東北自動車道「仙台宮城IC」より車で約15分

仙台市

定義如来 西方寺

定義如来 西方寺

平清盛の家臣だった平貞能ゆかりの寺院。貞能が守り続けていたと伝わる阿弥陀如来の霊像が安置され、縁結びや子宝、安産の如来様として信仰されています。大きな青森ヒバ造りの本堂や、五重塔、緻密な彫刻が施された山門などの建築も見どころです。参拝の帰りには「三角あぶら揚げ」など、定義名物も楽しんでください。

【現地スタッフおすすめコメント】

縁結びにご利益があると人気のスポットです

アクセス
【電車】東北新幹線・JR各線「仙台駅」よりバスで約80分、「定義」停より徒歩約5分
【車】東北自動車道「仙台宮城IC」より車で約45分

大崎市

あ・ら・伊達な道の駅

あ・ら・伊達な道の駅

国道47号沿いの緑に囲まれた場所にあり、ドライブの途中に立ち寄るのにぴったりな憩いの施設。売店では地元の生産者が持ち込む季節の野菜を中心に、「凍み豆腐」や「しそ巻き」、「焼き南蛮」などが並びます。レストランでは地域特産の食材を活かした食事が有名です。

【現地スタッフおすすめコメント】

工芸品「しの竹細工」もあり、お土産選びにもおすすめです

営業時間
8:45~18:00(店舗により異なる) 無休
アクセス
【電車】JR陸羽東線「池月駅」より徒歩約3分
【車】東北自動車道「古川IC」より車で約20分

大崎市

ひまわりの丘

ひまわりの丘

敷地面積6ヘクタールという広大な丘一面に、春は菜の花、夏は約42万本のひまわりが咲き誇ります。見渡す稜線いっぱいに黄色一色で埋めつくされる景色は実に見事なもの。最盛期に開催される「ひまわりまつり」の会場では、ひまわりの種を利用したひまわりの油、お菓子、ひまわりアイスなどの特産品直売も行われています。

【現地スタッフおすすめコメント】

一面黄色の圧巻の光景が楽しめます

営業時間
ひまわりまつりは7月末~8月中旬
アクセス
【電車】JR東北新幹線「古川駅」よりバスで約30分、「三本木音無」停より徒歩約10分
【車】東北自動車道「古川IC」より車で約20分

加美町

やくらいガーデン

やくらいガーデン

15万平方メートルの敷地に英国風の庭園や花畑が広がるガーデンパーク。400種以上の草花が咲き誇り、その中でもハーブとバラは特に見ごたえがあります。レストランは地場産の野菜をふんだんに使用した種類豊富なメニューが自慢。ハーブを使った料理も人気です。雰囲気の良いチャペルやガーデンを使ったウエディングも行われています。

【現地スタッフおすすめコメント】

四季を通じて自然と触れ合えるスポットです

営業時間
10:00~17:00 
4・11・12月は月曜、第1・3火曜休、冬季休業
料金
大人700円、小人(小・中学生)200円
アクセス
【車】東北自動車道「大和IC」より車で約40分

今回ご紹介した宮城の観光スポット

宮城旅行を探す


※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご利用の際は公式ホームページなどでご確認ください。

トップヘ