2020年 九州の人気温泉地ランキングTOP15

74,631views

「楽天トラベル」の宿泊実績をもとに、九州の人気温泉地ランキングTOP15を発表します。温泉街散策が楽しい温泉地や、カップル、家族旅行にもおすすめの穴場の温泉、別府・由布院といった全国的に有名な温泉地まで、個性豊かな温泉地が揃っています。

 

 

※このランキングは、楽天トラベルでの2020年1月1日~2020年12月31日までの宿泊実績(人泊数)をもとに独自に集計したものです。

1位
大分県

別府温泉(昨年1位→)

大分県の「別府温泉郷」は、湧出量・源泉数ともに日本一を誇る温泉地。「別府八湯」とも呼ばれ、別府・鉄輪(かんなわ)・観海寺(かんかいじ)・明礬(みょうばん)・亀川(かめがわ)・柴石(しばせき)・堀田(ほりた)・浜脇の8つの温泉地からなり、泉質や趣もさまざま。

レトロな市営の温泉から、別府の町を一望できる絶景温泉、砂蒸しなど、いろいろな温泉が楽しめるのも人気のポイントです。

コバルトブルーの「海地獄」、赤い熱泥の「血の池地獄」といった自然湧出の源泉をめぐる「地獄巡り」や、地獄蒸し、とり天、だんご汁などの名物グルメも種類豊富で、別府観光の定番になっています。

関連記事

2020/07/02
大分県・別府温泉の人気宿ランキングTOP20をご紹介!多彩な泉質、地獄蒸しやとり天といった名物グルメ、別府湾に面したオーシャンビュー客室など、魅力満載の宿がランクイン。全施設GoToキャンペーン対象です!
2018/09/03
別府担当スタッフおすすめの別府温泉を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!「地獄めぐり」「湯けむり展望台」などの定番以外にも、「ヤングセンター」や「べっぷ駅市場」など現地に詳しいからこそ知っている大分 別府の穴場観光地も!

2位
大分県

由布院温泉(昨年2位→)

由布岳の麓に広がる温泉地「由布院温泉」。おしゃれな温泉宿や雑貨屋、レストラン、美術館が点在するなど、憧れの温泉地として高い人気を誇ります。

飲食店や土産物店が軒を連ねる「湯の坪街道」の散策も、楽しみのひとつ。大分名物のとり天や、ここでしか味わえないスイーツもたくさんあって、つい目移りしてしまいます。

巨大な高層旅館やネオン街などを造らずに景観を守ってきた町の風情も相まって、ゆったりとした温泉地滞在を堪能できます。

関連記事

2020/06/30
大分県・由布院温泉は、由布岳の山麓で、山里の美しい風景に囲まれながら、心ゆくまで温泉を堪能できる場所です。山の幸にも恵まれ、旬を生かした料理自慢の宿も多数。そんな由布院温泉の人気宿TOP10をご紹介。全施設GoToキャンペーン対象です!
2018/08/28
湯布院担当スタッフおすすめの由布院温泉を訪れたら絶対に外せない観光スポットランキング!「狭霧台」「金鱗湖」などの定番以外にも、「大杵社神社」や「蛇越展望台」など現地に詳しいからこそ知っている湯布院の穴場観光地も!
2020/07/22
全国で2番目の源泉数を誇り、環境省の国民保養温泉地にも指定される湯量豊富な温泉地、由布院温泉。豊後の山の幸満載の豪華なランチや、露天風呂付き客室での滞在、貸切温泉なども楽しめる、日帰りプランの人気な温泉宿TOP7をご紹介します。

3位
佐賀県

嬉野温泉(昨年4位↑)

佐賀県の「嬉野(うれしの)温泉」は、島根県の斐乃上(ひのかみ)温泉、栃木県の喜連川(きつれがわ)温泉と並んで「日本三大美肌の湯」に数えられています。山々に囲まれた自然豊かな立地で、「嬉野茶」の栽培でも有名。

泉質は、ナトリウムを多く含む重曹泉で、なめらかな湯ざわりが特徴。この温泉水で煮ることでとろとろになる「嬉野温泉湯どうふ」など、名物グルメも味わっておきたいところです。

バリアフリーやユニバーサルデザインの宿が多いのも特徴で、2019年の「シニアに人気の温泉地ランキング」で全国1位に輝いています。シニアや体が不自由な方も快適に温泉旅行を楽しめる宿が揃っているので、三世代旅行・四世代旅行にもおすすめ。

関連記事

2020/12/09
佐賀県の嬉野温泉は、日本三大美肌の湯のひとつに数えられる人気の温泉地。部屋食や露天風呂付き客室、バリアフリーの宿が多いこともあり、シニアに人気の温泉地1位にも輝いています。そんな嬉野温泉で人気の温泉宿TOP10を発表します。

4位
鹿児島県

霧島温泉(昨年3位↓)

霧島連山の南西に点在する「霧島温泉郷」。霧島温泉、妙見温泉、日当山(ひなたやま)温泉など、大小9つの温泉からなります。

坂本龍馬が新婚旅行で訪れたことでも有名な現在の「霧島ホテル」のある硫黄谷温泉や、西郷隆盛もよく訪れたという日当山温泉など、幕末の歴史ファンならぜひ訪れたいところ。霧島ホテルの館内には龍馬ゆかりの品々も展示されています。

日帰り入浴が可能な旅館や施設も多く、霧島の豊かな自然を望みながら湯めぐりを楽しむのもおすすめです。

関連記事

2020/09/18
鹿児島県霧島温泉は、錦江湾や霧島連山に面し、桜島が見晴らせる「霧島国際ホテル」「旅行人山荘」、坂本龍馬が新婚旅行で訪れたとされる「霧島ホテル」など、豊富な温泉を絶景と共に楽しめる場所。そんな霧島の人気温泉宿TOP10をご紹介します。

5位
鹿児島県

指宿温泉(昨年5位→)

「砂むし」で有名な鹿児島県の「指宿(いぶすき)温泉」。指宿市内には1,000ヶ所以上も源泉があり、豊富な湯量に恵まれています。

砂むしでは、海岸に自然湧出した温泉の熱で温まった砂を全身にかけ、砂の重みと熱で体中がぽかぽかに。サウナ感覚で入れるとあって、海外の方からも注目を集めています。

温泉地は「東洋のハワイ」とも呼ばれ、街中に植えられたハイビスカスやヤシの木が南国ムードを高めています。

関連記事


6位
熊本県

黒川温泉(昨年6位→)

阿蘇の奥地、熊本と大分との県境に位置する「黒川温泉」。江戸時代から続く歴史ある温泉地は、情緒ある和風旅館が建ち並ぶ山間にひっそりと佇み、素朴でほっこりする雰囲気と豊富なお湯、四季折々の景色に癒される場所です。

温泉旅館は30軒ほどあり、各宿が趣と泉源の異なる個性的な露天風呂を備えます。「入湯手形」(1,300円、半年間有効)を購入すれば、28軒の旅館から3軒チョイスして、湯めぐりを楽しむことも可能。

離れ宿が多いのも特徴のひとつ。カップルや家族だけでのおこもり滞在にもおすすめです。

関連記事

2019/08/29
九州でも指折りの人気温泉地・黒川温泉(熊本県)。山や川をそのまま生かした自然の中に佇む温泉街が風情溢れることで知られています。そんな黒川温泉で入浴手形を使った湯めぐりを楽しむおすすめ露天風呂と、散策ついでに楽しみたいグルメをご紹介します。

7位
福岡県

原鶴温泉(昨年13位↑)

福岡県と大分県の県境に位置する「原鶴(はらづる)温泉」。福岡市街地(博多・天神)から車でおよそ60分の立地にあり、筑後川沿いに老舗旅館や近代的なホテル、民宿などが建ち並ぶ温泉地です。

弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉、2つの泉質を合わせ持つことから「W美肌の湯」とも言われ、化粧水のようなトロトロとした肌ざわりが楽しめます。

周辺には豊かな自然が広がり、春の桜、夏の蛍、秋の紅葉など、四季折々の楽しみがあるのも魅力。特に、夏季の伝統漁法「鵜飼(うかい)」が行われる時期に、例年、各宿から出る屋台船は、温泉地の風物詩になっています。


8位
佐賀県

武雄温泉(昨年7位↓)

「武雄(たけお)温泉」には約1300年の歴史があり、宮本武蔵や伊達政宗、シーボルト、吉田松陰らも入浴した記録が残っているのだそう。

泉質は低張性弱アルカリ性。保湿性にも優れているので湯上りはお肌がしっとりと感じられます。

朱色の柱と白壁が竜宮城を思わせる「楼門」と、その奥にある「武雄温泉新館」は、武雄温泉のシンボル的存在で、国の重要文化財に指定されています。


9位
熊本県

阿蘇内牧温泉(昨年12位↑)

阿蘇外輪山の麓に位置する、阿蘇エリア最大の温泉郷「阿蘇内牧(あそうちのまき)温泉」。泉質は鉄分を多く含む硫酸塩泉系で、すべすべとした肌ざわり。町湯や宿はそれぞれ異なる源泉を持ち、その多くは厳選かけ流しで楽しめます。

露天風呂などから阿蘇谷や阿蘇五岳を一望できる宿も多く、その景色も魅力のひとつ。

歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻が宿泊したことで有名な老舗旅館「蘇山郷(そざんきょう)」や、中小旅館、民宿までさまざまな宿泊施設が揃っています。

関連記事


10位
長崎県

雲仙温泉(昨年11位↑)

島原半島にある「雲仙温泉」は、日本で最初に国立公園に指定された温泉保養地です。明治時代には外国人の避暑地として利用され、「九州の軽井沢」とも呼ばれます。

硫黄を含んだ強い酸性のお湯は、透明と白く濁ったお湯の2種類あり、宿によって異なります。

温泉宿は、「雲仙地獄」付近に集中していて、純和風の老舗旅館やラグジュアリーなホテル、気軽に利用できるレジャーホテルなどさまざま。用途や予算に合わせて選びやすいのもうれしいポイントです。


11位
宮崎県

青島温泉(昨年8位↓)

宮崎市の青島海岸沿いに位置する「青島温泉」は、南国らしい雰囲気が魅力の南九州有数の観光地。海を眺めながら入れる温泉が多いのも特徴です。

泉質はとろみのある炭酸水素塩泉で、すべすべとした湯ざわり。炭酸水素イオンは日本屈指の含有量を誇ります。

周辺には、景勝地「鬼の洗濯板」や青島神社など見どころが多く、温泉以外の楽しみも期待できます。


12位
鹿児島県

鹿児島温泉(昨年9位↓)

「鹿児島温泉」は、鹿児島市に湧く温泉の総称で、源泉数は県庁所在地としては日本一の約280を誇ります。泉質はバラエティに富み、飲泉許可を受けている施設も多いので、温泉を飲んで浸かって、いろいろな楽しみ方が。

また、どの宿も手頃な料金で宿泊できるのも魅力。中には、雄大な桜島と錦江湾を望む絶景温泉を持つ宿もあります。

市街地にありながら気軽に温泉旅行ができるので、レジャーはもちろん、出張の際にもおすすめです。


13位
長崎県

島原温泉(昨年ランク外↑)

長崎県 島原温泉

安土・桃山様式を表した壮麗な島原城を中心に、城下町の面影が残る島原市。雲仙山系から湧出する伏流水が街の随所にみられ、古くから「水の都」としても親しまれる市内にあるのが、「島原温泉」です。

歴史と自然に触れられる島原で堪能できる温泉は、無色透明の肌にやさしい泉質。1日およそ500トンの湯量を誇ります。温泉宿はもちろん、「ゆとろぎの湯」といった公共浴場、無料の足湯、飲泉所など、市内散策中に気軽に楽しめるスポットも揃っています。


14位
長崎県

小浜温泉(昨年ランク外↑)

長崎県 小浜温泉

雄大な雲仙岳を望み、夕日が自慢の橘湾沿いに広がる「小浜(おばま)温泉」。歴史は古く、西暦713年には「肥前風土記」に記されています。およそ30か所の源泉から約100度の湯が湧いていて、街中には湯けむりが立ち上ります。

海に近い立地から、伊勢海老、カニなどの海の幸が豊富なほか、雲仙牛など食も魅力。豊富な温泉の蒸気を生かした蒸し料理も楽しめます。


15位
長崎県

長崎温泉(昨年ランク外↑)

長崎県 長崎温泉

長崎市内から車で約30分、橋で気軽に行ける離島・伊王島(いおうじま)に湧く「長崎温泉」。島内には、豊富なマリンアクティビティやBBQガーデン、禁教令下に建てられた歴史深い教会、おしゃれなカフェなどもあり、サイクリングで観光を楽しむのがおすすめ。

2020年にはリゾートホテル「i+Land nagasaki(アイランド ナガサキ)」に、大型温泉スパテーマパーク「長崎温泉Ark Land Spa」が九州最大級の規模になってリニューアルオープンし、話題を呼んでいます。


※このランキングは、楽天トラベルでの2020年1月1日~2020年12月31日までの宿泊実績(人泊数)をもとに独自に集計したものです。

 

Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

ワクワクする旅のきっかけから現地で役に立つ情報まで、確かな情報を旅行者にお届けします。

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。

安心な旅を楽しもう - 宿泊施設における衛生対策のお知らせ表示を開始しました