巨大アスレチックが静岡県三島に出現!2022年8月「ドラゴンキャッスル」がオープン予定

自然豊かな山中城跡公園の隣に立つ「ドラゴンキャッスル」の全景

2022年8月、静岡県三島市の史跡・山中城跡公園の隣接地に、高さ約18mの巨大なスポーツアトラクションタワー「ドラゴンキャッスル」がオープンする予定です。

新名所を手掛けるのは、日本最大級の大吊り橋「三島スカイウォーク(正式名称/箱根西麓・三島大吊橋)」の建設で、三島市を観光スポットとしてリブランディングした株式会社フジコー(静岡県三島市)。新たに作られる「ドラゴンキャッスル」には、「三島スカイウォーク」で培った高度な技術が応用されています。

この「ドラゴンキャッスル」には小さな子どもが楽しめるキッズコースと、難易度別にアトラクションを選べるアスレチックコースの2種類が用意されており、幅広い年齢層が楽しめる施設となっています。

 

約18mのタワーに100を超えるアクティビティ

六角柱状に組まれた18本の鉄柱には数々の足場が組まれ、その間をアクティビティがつないでいく構造です

施設名称は、この地に伝わる田尻池の龍伝説から「ドラゴン」を採用。山中城跡という立地と、城を彷彿とさせる六角柱タワーの形状にちなんで「ドラゴンキャッスル」と名付けられました。

6階層で構成された高さ約18mのアスレチックタワーには、大人用と子ども用を合わせて100種類を超える多彩なアクティビティがあります。

高さ1mほどの低階層は、身長や体重制限を設けた小さな子ども向けのキッズコース、高さ約3m・8m・13mの3つの階層は、大人もトライできるアスレチックコースとなっており、大人も子どもも楽しめる施設になっています。

さらに、高さ17mの最上階層には、タワーの外周をひと回りできる展望デッキがあり、世界遺産の富士山をはじめ、駿河湾や湾岸の街並み、伊豆・箱根の山々を一望できる壮大なビュースポットに。


 

大きさや形が異なる足場に、92種類の遊具が難易度別に配置された「アスレチックコース」

全3階層構成の「アスレチックコース」には、各層にさまざまな大きさや形の木製のプラットフォーム(足場)を付して、92種類のステーション(遊具)を設置。各ステーションは、難易度別に青・赤・黒の色分けがされていて、基本的に階層が高いほど高難度に。上層階には、人ひとりがギリギリ通ることができる15cm幅の鉄骨の上を歩いて鐘を鳴らすスリル満点のスポットのほか、ボートやワイン樽など写真映えするアイテムも用意されています。

この「アスレチックコース」には、6歳から挑戦することが可能。60分間、チャレンジしたいステーションを選びながら、好きなルートを楽しむことができます。

 

小さな子ども専用の「キッズコース」

「キッズコース」は、身長が100~125cm、体重が40kg以下の子どもが対象。8つのアクティビティで構成されたコースが2種類と、2つのクライミングツリーが用意され、「アスレチックコース」と同じく60分間で好きなステーションを自由に遊べます。また各コース、保護者が横でサポートでき、いつでも手助けできるように安全面の配慮も行き届いています。

自然に囲まれた絶景の中で楽しむスポーツアトラクションタワー「ドラゴンキャッスル」。三島スカイウォークに続く三島の新名所で、多彩な高所アクティビティに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ドラゴンキャッスル

住所
静岡県三島市山中新田(史跡・山中城址公園の隣接地)
料金
未定
アクセス
【車】JR「三島」駅よりタクシーまたは車で約20分
【バス】JR「三島」駅より東海バスで約28分、「山中城跡」下車すぐ
Article survey

お客様のご意見をお聞かせください
このページは気に入っていただけましたか?

※当ページのランキングデータ及び記事内容の無断転載は禁止とさせていただきます。
※掲載内容は公開時点のものです。ご利用時と異なることがありますのでご了承ください。
※(税抜)表示以外の価格はすべて税込価格です。場合によって税率が異なりますので、別価格になることがあります。

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に伴い、施設やスポットによって臨時休業や営業時間、提供サービスの内容が変更されている場合があります。

TOP