楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約


安全運行への取り組み

商品一覧
sf_pic1
特別安全措置の実施について

(1)高速バス等の夜間運行※1において、一運行あたり、実車距離※2が400kmを超えた場合下記の「旅客自動車運送事業運輸規則」内交代運転者配置基準改正に基づき安全対策を実施しております。

・運行するバスに関し、遠隔地の点呼(ドライバーが所属する営業所ではなく、遠隔地において受ける点呼)において、担当の運行管理者が行う電話点呼に、運行管理者又はその補助者※3が運転者に立ち会った点呼または、ITを活用した点呼を行っています
・運行するバスにデジタル式運行記録計(以下デジタコという)を装備し、それを用いた運行管理、デジタコのデータに基づく運転者指導を行っています
・運行計画において、連続運転時間を概ね2時間とし、概ね運転時間2時間ごとに合計で20分以上の休憩を確保しています
・運行直前の休息期間は11時間以上確保しています
・安全運行協議会が設置され、その発意に基づき、運転者の過労防止策等の安全措置が適切に実行されていることについて、常時又は抜き打ちで調査を行っています
・運行管理者が24時間にわたって営業所に常駐して運転者をサポートする体制を敷いています


(2)サービスエリア等における休憩について
・運転者が強い疲労感を覚えた際に、運行管理者に事前通報なく運行経路を変更して、サービスエリア等で休憩できることとします。


※1 最初の旅客が乗車する時刻若しくは最後の旅客が降車する時刻(運転を交替する場合にあっては実車運行を開始する時刻若しくは実車運行を終了する時刻)が午前2時から午前4時までの間にあるワンマン運行又は当該時刻をまたぐワンマン運行をいう。
※2 実車運行(旅客の乗車の有無に関わらず、旅客の乗車が可能として設定した区間の運行をいい、回送運行は実車運行には含まない)する区間の距離。
※3 運行管理者または補助者は、運転者と同じバス事業者の従業員であるか、または当該事業者と当該点呼に関する契約を結んでいます
sf_pic5

乗務員に対し、出退勤時のアルコールチェックを必ず行っています。厳しいチェックによって安全意識を高めることで人的ミスによる事故を未然に防ぐ体制を整えています。※乗務員とは「運転者」と「車掌」の総称です。
sf_pic6

運行前に運行管理者と対面で健康状態のチェック、運行前車両点検の確認、当日の運行経路、交通情報、天候情報の共有と確認などを行い、安全に運行をするための準備を徹底しています。

sf_pic7 整備士が毎日車両の整備を行い、安全に運行できる体制を整えています。運行時には運転者が運行前車両点検を行っています。また、サービスエリアでの休憩の際、運転者が車輌の安全点検を実施しています。 
sf_pic12
WILLER EXPRESSの全車両にドライブレコーダーを設置しています。各営業所では車内外のカメラ5台からの映像と走行データを監視し、速度・加速度・位置情報などの異常が検知されるとただちに確認を行います。

sf_pic8
WILLER EXPRESSでは事故を未然に防ぐために「安全基本動作」の徹底を行っています。発車時などの「指差安全確認」や後退時の直接視界確保を行い、事故を未然に防ぎます。 

sf_pic9 「運輸監査部」では定期的にサービスエリアや乗下車地場所でのパトロールを行っています。車両点検や接客サービスな ど、細かい部分までチェックを行い、結果を各運行会社にフィードバックしています。 
sf_pic10 大阪にある研修センターにて「新人乗務員研修」を実施しています。乗務員の研修プログラムを統一することで安定したサービスの提供と、安全に対する意識を与え、ヒューマンエラーや事故の防止に取り組んでいます。 
sf_pic11
毎年、長野県志賀高原にて「冬季凍結道路運転訓練」を実施しております。全国の運行各社から集まっ た乗務員はWチェーンの脱着作業と雪道走行の訓練を繰り返し何度も行い、冬季の安全運行に努めています。 


    このページのトップへ