楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

洲本温泉 淡路島観光ホテル お料理

  • クチコミ・お客さまの声(620件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
ホテルスタッフさん、レストランスタッフさんの接客がとても気持ち良く楽しく過ごせました。釣り場はちょっと狭いです...
2017年05月22日 16:00:46
続きを読む

お料理

"淡路のめぐみ" を五感でお愉しみいただきます。
地元でこそ味わえる厳選された新鮮な海の幸などの素材を用いた、美味しい "旬" をご用意してお待ちしております。

四季折々の当館オススメの食材

春

鯛(たい)

明石海峡や鳴門海峡の急流にもまれて育った淡路島の鯛は、
身が分厚くしまって食べ応えがあります。鯛本来の上品で淡白な味わいをいかす活造りや、
那智黒石を敷き詰めた宝楽鍋で蒸し焼きにした宝楽焼きなどが有名です。

夏

鱧(はも)

五月中旬のはも祭りを皮切りに、鱧の季節が訪れます。
鱧は春になると外海から淡路島沿岸に回遊し、夏の産卵に向けて活発に餌を食べ、体に栄養を蓄えます。
「梅雨の水を飲んで育つ」と言われる夏の鱧は、身は太り脂がのってひときわ美味しさを増します。
その身は淡白で、湯引き・天ぷら・蒲焼とどんな食べ方でも楽しめます。
「はもすき」の始まりは沼島の漁師料理といわれ、旬の鱧とたまねぎを使った、淡路島特有の食べ方です。

秋

秋の味覚

秋は鯛をはじめとした様々な味覚が最も充実する季節です。
年間を通した中でも、とりわけどの食材も自信をもってお客様にご提供させていただいている時期となります。
どなた様もきっとお気に入りの逸品に出会うことができます。

冬

淡路島3年とらふぐ

淡路島の南端、福良湾は、鳴門海峡の潮流が生み出すミネラル豊富な天然の漁場です。
「淡路島3年とらふぐ」は、国内産の稚魚のみを、通常は2年で育てるところを3年の歳月をかけ、大切に育てることで、
より引き締まった身・肉質量ともにひと味ちがう濃厚な旨味・歯ごたえ・コクと絶品を極めました。

お料理のご紹介

旬会席

このプランを予約する

旬会席

旬の素材を存分に活かした淡路島観光ホテルお勧めの定番会席プランです。
淡路島の春は、桜鯛をお楽しみ頂けます。
この時期の桜鯛は、明石海峡や鳴門海峡の急流にもまれて育ち、身が分厚くしまって食べ応えがございます。

そんな旬の『桜鯛』をお造り、宝楽焼きでお召し上がり頂けます。
メインの『宝楽焼き』は古くから淡路島に伝わる郷土料理。桜鯛・さざえ・玉葱といった島の素材を玉葱だれで味わって頂きます。

『淡路牛と新玉葱のすき焼き』ではブランド牛のふるさと“淡路牛“と淡路島の名産“玉葱“をすき焼きでお楽しみ頂けます。
 

【旬会席 お献立 春】3/1〜5/31
食前酒  梅ワイン
※未成年の方は淡路島みかんジュースにご変更頂けます
先 付  淡路牛乳豆腐 桜花 諸味噌
     釜揚げしらす 玉葱だれ
菜の花 筍 地蛸 木の芽味噌
      河豚の煮凝り、鶏肉つくね、玉葱カステラ
造 り  天然桜鯛重ね造り、他4種
焼 物  宝楽焼き
      桜鯛、さざえ、昆布、新玉葱、筍
玉葱だれ
鍋 物  淡路牛と新玉葱のすき焼き
蒸し物  桜鯛山菜酒肴蒸し
揚げ物  玉葱のフライと地魚更紗揚げ 木の芽ソース
酢の物  鰆松前漬け 加減酢
御 飯  浅利と筍ごはん
香 物  自家製浅漬け盛合せ
留 椀  おちょぼ汁
水菓子  旬のデザート

※お料理写真はイメージです。
※仕入れの状況によりメニューが変更する場合がございます。
 

魚じまん

このプランを予約する

魚じまん

釣れたばかりの新鮮な魚と、魚のおいしい食べ方を知る「日本一のフィッシングホテル」が満を持してご提供する「本物の淡路島の魚」をお楽しみいただけます。

由良港などで当日水揚げされた数種類の魚を、まずは造りでお楽しみいただきそのあと、かつおの効いた出汁で軽くしゃぶしゃぶし、自家製ごまポン酢でお召し上がりいただきます。
水揚げされた魚によって「造り」の他、「煮つけ」「天ぷら」など、ご提供方法も変わります。

素材の良さを最大限に引き出せる調理方法でご提供いたします。
〆めは、しゃぶしゃぶで魚の旨みがたっぷり入った出汁で作る淡路米と淡路島北坂卵の雑炊。

余すところなく、魚の旨みをご堪能ください。
それぞれの魚が持つ味わいを、違う食べ方で楽しめる、淡路島観光ホテルでしか堪能することのできないお料理です。

※ご夕食はお部屋にてご用意致します。

 

●献立一例(水揚げされる魚によって変わります)
食前酒  梅ワイン
※未成年の方は淡路島みかんジュースにご変更頂けます
一の品 前菜に相応しい魚の盛り合わせ(地魚3種以上)
二の品 造りに相応しい魚の豪華造り飾り盛り(地魚8種程度)
三の品 造りのしゃぶしゃぶ 自家製ごまポン酢にて
四の品 煮つけや天ぷら、焼き物に相応しい魚を自家製の味付けで(地魚2種程度)
五の品 しゃぶしゃぶ鍋にて淡路米と淡路島北坂卵の雑炊
六の品 お口直しの水菓子

※お料理写真はイメージです。
※仕入れの状況によりメニューが変更する場合がございます。
 

淡路牛御膳

このプランを予約する

淡路牛御膳

淡路牛は神戸牛や松阪牛といった高級ブランドの素牛として知られ、島内で生まれ育った肥育期間が最も長い牛でございます。
淡路牛御膳は、旬のお野菜と淡路牛が絶妙に絡み合う料理自慢の創作コースとなっております。
素材を生かした「炙り牛握り寿司」や「淡路牛蒸篭蒸し 淡路温野菜添え」は島の恵みを融合させた逸品のお料理です。
「牛フィレ肉のステーキ」は、口の中に広がる旨味を極限までご堪能ください。
「牛タンの煮込み」で確かな甘みとコクをお楽しみ頂いた後は、相性抜群の白ご飯と牛肉の佃煮で〆て頂きます。
島の名産淡路牛が彩る、至福の時間をお過しください。

 

【特選★淡路牛御膳】
食前酒  梅ワイン
   ※未成年の方は淡路島みかんジュースにご変更頂けます
先 付  牛肉のせんまい みの肉の湯引き 季節の豆腐
箸洗い  淡路牛つくねの土瓶蒸し
蒸し物  A5リブロースの蒸篭蒸し 淡路温野菜添え
凌 ぎ  炙り牛握り スティックサラダ添え
焼 物  牛フィレ肉のステーキ
洋 皿  牛タンの煮込み
食 事  白御飯
香 物  牛肉の佃煮と浅漬け
留 椀  味噌汁
水菓子  旬のデザート
※お料理写真はイメージです。
※仕入れの状況によりメニューが変更する場合がございます。
 

ディナービュッフェ

このプランを予約する

ディナービュッフェ

待ちに待った春のディナービュッフェは、柔らかく瑞々しい春野菜と旬の桜鯛をたっぷり使った和食・洋食・中華をご用意致しました!
旬の桜鯛は、お造りや天婦羅しゃぶしゃぶでお楽しみ頂けます♪野菜サラダではシェフが自ら育てた新玉葱や春野菜を自家製3種のドレッシングでお楽しみ頂けます。
大人気の自家製ローストビーフをシェフのカットサービスでお召し上がり頂けます。 お子様に嬉しいお子様メニューやフリードリンク揃っております。
(通常時は土曜日のみ営業です。)

 

《春のディナービュッフェ》期間3月〜5月まで
・お刺身4種 船盛り
 桜鯛、烏賊、海老、鰆等(旬魚)
  (醤油、オニオンポン酢、自家製オニオン山葵ソース)
・冷製前菜
 白魚の和物、飯蛸のバジルソース、煮蛸、棒棒鶏、菜の花胡麻和え
 浅利のワイン蒸し、スモークサーモン、新玉葱の酢味噌和え、筍と小海老のオーロラ、フルーツパスタ
・野菜サラダ8種
 レタス、サニーレタス、新玉葱のスライス、トマト、人参、青物
 (トマトオニオン、山葵オニオン、中華オニオン)自家製ドレッシング
・温製料理8種
 淡路鶏照り焼き、魚の粗炊き、海老チリ、酢豚、煮込みハンバーグ、ビーフカレー、新玉葱のグラタン、唐揚げ、スープ
・パスタサービス
  ・淡路牛のローストビーフカットサービス又はステーキ
・桜鯛、新玉葱の天婦羅
・桜鯛、鳴門わかめのしゃぶしゃぶ
・パン
 ミニ食パン、クロワッサン、オレンジデニッシュ、ロール、バケット
 (オリーブオイル、バター、ママレード、イチゴ)
・ご飯
・自家製漬物3種
・デザート(和食・洋食・中華)8種
 玉葱皮茶ゼリー、北坂玉子プリン、淡路米と淡路牛乳ブラマンジェ、自家製焼き菓子等
・チョコレートファウンテン
 ミニ菓子4種
・フリードリンク
 (コーラ、カルピス、カルピスソーダ、オレンジ、グレープ、ウーロン茶、紅茶3種、ほうじ茶)



※お料理写真はイメージです。
※入荷状況によりメニューに多少の変更がある場合がございます。
※当プランのご利用のお客様が少ない場合、お食事会場での和会席となる場合がございますので、予めご了承下さい。
 


 

釣魚調理

淡路の恵みを堪能する〜当館自慢のサービス

釣魚料理

釣り上げたお魚を調理して、夕食のメニューへの追加を承ります。
お魚によって、大きさによって、お好みによって、
「唐揚げ」「煮つけ」「焼き物」「お造り」にいたします。
(調理料金:1品500〜2,000円にて調理を承ります)

ご自分で釣ったお魚を、旅の想い出に召し上がっていただく
このサービスは大変好評です。

このページのトップへ