楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

ホテル アルティア鳥羽 温泉

  • クチコミ・お客さまの声(1134件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
11月1日の日程変更の連絡は10月中旬に直接アルティア鳥羽に連絡して11月8日宿泊に変更して頂きました。ホテル...
2016年11月08日 00:13:00
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

HOTSPRING

鳥羽湾を見渡せる、癒しの美肌温泉

日常とは違う広々とした「大浴場」
夜空を眺め開放的な気分を味わえる「露天風呂」
たくさん汗を流して血行促進に最適な「サウナルーム」
家族や仲間とプライベートでのんびりゆったりできる
「温泉露天風呂付き客室」がございます。

営業時間 6:00〜10:00 15:00〜24:00
温泉利用料 宿泊代+1泊300円
(中学生以上チェックアウト時精算)
アメニティ シャンプー・コンディショナー(POLA)
ボディソープ
安楽島温泉の源泉

自慢の温泉施設は安楽島温泉(あらしまおんせん)の 源泉を利用しており効能は、
神経痛・筋肉痛・五十肩・ 運動麻痺・疲労回復・健康増進などです。
日頃の疲れをゆったりと癒してください。

BIG PUBLIC BATH

日常とは違う広々とした大浴場でゆったりくつろぎ疲れを癒していってください。
穏やかな鳥羽湾や、輝きも深い星空を愛でながら、旅の疲れをアルティア鳥羽自慢の大浴場でお癒しください。

  • サウナ

    大浴場にあるサウナルームでたっぷりと汗をかいて血行促進!サウナの後は、さっと水風呂にお入りください。気分も爽快に、お風呂のあとは冷たいお飲みもので身体の乾きを潤してください。

  • 脱衣所

    清潔感のある広々とした明るい脱衣所です。快適にお過ごしいただけます。
    女風呂の脱衣所にはベビーベッドも完備しておりますので、お子様連れのファミリーのお客様も安心してご利用いただけます。

OPEN-AIR BATH

夜空を眺めながら開放的な気分でゆったりのんびりとお寛ぎできます。
鳥羽湾の雄大な眺めや、降るようにくっきり見える星空を楽しめ、潮騒を聞きながらゆったりと入浴できます。
泉質豊かな安楽島温泉を存分にお楽しみ下さい。

男性用:岩風呂 / 女性用:檜風呂 (入替はございません。)

ROOMS with OPEN-AIR BATH

プライベートな空間でも温泉を満喫できる露天風呂付き客室もございます。
開放的な上層階で海を眺めながら贅沢にお寛ぎいただけます。

温泉成分および注意事項
源泉名及びゆう出地 源泉名:安楽島温泉(あらしまおんせん)
ゆう出地:三重県鳥羽市安楽島字高山1075番地192
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温温泉) 微黒褐色澄明無味無臭、加温循環ろ過式
療養泉分類の泉質 浴用禁忌症:急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に           病勢進行中の疾患、妊婦中(特に初期と末期)
浴用適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消火器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、          健康増進
入浴の方法及び注意 (イ) 温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日あたり1回程度とすること。
   その後は、1日あたり2回ないし3回までとすること。
(ロ) 温泉療養のための必要期間は、おおむね2ないし3週間を適当とすること。
(ハ) 温泉療養開始後おおむね3日ないし1週間前後に湯あたり(湯ざわり又は浴場反応)が現れることがある。
   「湯あたり」の間は入浴回数を減じ又は入浴を中止し、湯あたり症状の回復をまつこと。
(ニ) 以上のほか、入浴には次の諸点について注意すること。
  1.入浴時間は、入浴温度により異なるが、始めは3分ないし10分程度とし、慣れるにしたがって延長してよい。
  2.入浴中は、運動浴の場合は別として、一般には安静を保つ。
  3.入浴後は体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない。
   (湯ただれを起こしやすい人は逆に浴後真水で体を 洗うか、温泉成分をふき取るのがよい。)
  4.入浴後は湯冷めに注意して一定の時間安静を守る。
  5.次の疾患については、原則として、高温浴(42℃以上)を禁忌とする。 A. 高度の動脈硬化 B. 高血圧症 C. 心臓病
  6.熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意する。
  7.食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
  8.飲食しての入浴は特に注意する。
その他 (イ) 加温の理由
1.入浴に適した温度に保つため加温してあります。 ②貯湯槽を有すため、衛生管理の目的から加温してあります。
(ロ) 循環装置を使用している理由 源泉資源保護と衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています。
(ハ) 消毒処理の理由と方法
1.露天風呂(男子・女子)は、衛生管理のため塩素系薬剤を使用しています。
2.露天風呂付客室(3階、4階)は衛生管理のため塩素系薬剤と紫外線を使用しています。
  • フォトギャラリー
  • スタッフブログ
  • プレゼント
  • クーポン
  • 宿泊プラン一覧

このページのトップへ