楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

さと茂旅館 お食事のご案内

  • クチコミ・お客さまの声(398件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
生後6ヶ月の赤ちゃん連れの旅行でしたが、スタッフの方にお気遣いいただき気持ちよく過ごすことができました。食事も...
2016年11月05日 09:44:23
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

本格京料理 料亭で修行を積んだ料理長のの技が光るひと手間の工夫と京都らしく印象に残る料理を…

旅行の楽しみの中でも『食事』は一番大きな割合を占めるのではないかと考えております。

温泉に旅行に行く場合は、料理と温泉が旅行の楽しみのほとんどになると思いますが、
京都にお越しになるお客様は、京都観光が旅行の楽しみのメインだと言うお客様が多いのでは
と思います。旅館に泊まって頂くお客様でも、夕食は外食をされるお客様が多いですが、
これは旅館側の努力が足りないと言いますか、旅館でご飯を食べるより、
外食の方がおいしい物を食べれるだろうと、お客様が考えられるからだと思います。
しかし、外食で本格的な京料理を食べようとすると、
当館に宿泊できるくらいの費用が掛かってしまうお店ばかりで、
リーズナブルに京会席が食べられるお店はほとんど無いのではと思います。

当館の料理長は、当館よりももっと高級な旅館、料亭で修業をつんできましたので、
技術的には高級なお店に匹敵する技術があります。
当館自体は料理で名の通った高級旅館ではございませんので、
高い料金は取っておりませんが、お出しする料理は自信をもってお出ししております。

京都らしいものをお出しする

当館では会席の最後に白味噌のお味噌汁をお出ししています。
会席料理の最後は赤出汁かお吸い物が定番で、白味噌だけのお味噌汁が
出てくることはほぼありません。
白味噌だけのお味噌汁が出るのは正月のお雑煮くらいです。
しかし、せっかく京都に来て頂いてるのですから、少しでも京都らしいものをお出ししたいと思い、常識的ではないのですが白味噌のお味噌汁をお出しした所、お客様にとても喜んで頂きました。
お客様に喜んで頂けるのが一番だと思っていますので、
白味噌のお味噌汁をお出しして良かったと思っております。

京都では白味噌を西京味噌と言ったりして、おいしい白味噌を作っているところがたくさんあります。
少しでも京都らしさを感じて頂ければと思っております。
他にも湯葉を使ったり、抹茶を使ったり京都らしい食材を多く使い、
京都らしさを出すようにしております。

ひと手間加える工夫

鯛のお造りなど、良くあるお造りも、湯引きにしたり焼霜造りにしたりと一手間加える工夫をして
お出しするようにしております。
熱を若干加えることで生の部分と火の入った部分で違う味を楽しめて、また旨味も引き出されます。
湯引きはお湯を掛ける量が多すぎても少なすぎても上手くいきません。
料理人の技術が必要になってきます。
極端に言うと普通の鯛や鮪のお造りはスーパーでも売ってますのでいつでも食べられます。
しかし、湯引きや焼霜造りのお刺身はスーパーではまず見かけません。

料理人の技術が無ければお出しできない、一手間加えた物をお出ししたいという思いをもって
メニュー作りに取り組んでおります。

印象に残るものを心がけて

当館では食事のメニューの中に印象に残る物、思い出に残る物をお出ししたいと思っています。
全体的においしかったがメインが無かった。と言う意見を頂いた事がございます。
旅館に泊まって数日、数ヶ月、また何年か経つとどんな料理が出たかはほとんど忘れてしまうと
思います。
でも、すっぽんを食べたとか、ふぐを食べたとか、蟹を食べたとかはメインになる物があるので、
思い出に残ると思います。思い出に残ると、またすっぽん食べたいなあとか、
思い出すことが出来ると思います。
会席料理は色々種類が出てきますが、何か一つでもおいしかったなあと覚えて頂けるような物が
お出しできればと思い、メニュー作りをしています。

当館でお出ししている『いちぼステーキ』は少し値段は高めですが印象に残るメインの料理に
なってくれればと思い、お出ししております。
また会席料理にはA4〜A5ランクの和牛のしゃぶしゃぶをお出ししておりますが、
これもメインの料理になってくれればと思ってお出ししております。
少しでもお客様に喜んで頂ければ幸いです。

会席メニュー例

国産和牛の『いちぼステーキ』付き会席
いちぼ会席プランを予約する
季節の京懐石
  • 海老の東寺巻

    海老と白身魚をすり身にし、湯葉で巻いたものを揚げてあります。
    湯葉のことを別名「東寺」とも呼びます。今から約1200年前、空海、最澄などがいた時代に中国から京都に伝わったそうです。酒・魚類・肉類が禁止されていた仏教の戒律から精進料理の一種として昔から使われていたので、精進料理と共に発達し、湯葉のことを東寺と呼ぶようになったようです。

    「東寺巻」という名前の中にも京都の歴史と京都らしさを感じて頂ければと思います。

  • 蕪蟹身の友地あんかけ

    蕪と蟹身の炊き合わせです。
    素材から出る出汁を用いて作るあんを「友地あん」といい、蕪の出汁と吉野葛で作っています。蕪は、中をくりぬいて蟹の身を入れてあります。薄味な中にもしっかりと蟹と蕪の旨味の入った「友地あん」の、いかにも京都らしい仕上がりになっております。

各種鍋物もご用意致しております。
サンキュー鍋 3,900円 / 水だき 4,000円 / 鱧(ハモ)しゃぶ 4,500円 / 鯛(タイ)しゃぶ 4,500円 / 鰤(ブリ)しゃぶ 4,500円 / すきやき 4,500円 / しゃぶしゃぶ 5,000円
※季節・仕入れにより取り扱いのない日もございます。ご了承くださいませ。

ご朝食は和定食を会場食にてご用意いたします。

御朝食のスタート時間は7:00/7:30/8:00よりお選びいただけます。
※パン食もご用意できます。お問合わせください。

ご朝食会場は、地下一階掘りごたつ式会場となります。
和の雰囲気を持ちながら、イス・テーブルの快適さを併
せ持った会場です。

このページのトップへ