楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

伊豆高原オーベルジュ ベルエキップ La Belle Equipe 料理

  • クチコミ・お客さまの声(110件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
一か月ぶりに家内の要望で早速再利用させていただきました。相変わらずのサービスの良さ、食事の旨さ、オーナの親切さ...
2016年09月21日 20:44:35
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

La Belle Equipe 伊豆高原温泉 グランオーベルジュ ベルエキップ

季節とシェフの気分で変わるフルコース 贅を尽くした幸せの本格フレンチ

当宿スペシャリテ 伊豆牛フィレ肉とフォアグラのソテー トリュフソースペリグー
オーナーシェフ宮越の渾身の一皿は、フレンチを代表するメニュー「ロッシーニ」。和牛と乳牛の交雑種ならではの赤身の旨味を感じられる「伊豆牛」のフィレ肉と、フランスから届く濃厚なフレッシュフォアグラを合わせ、トリュフを贅沢につかったペリグーソースで両者を調和させます。24時間以上かけて仕込むソースの濃度と甘み、ここしかないという焼き加減。赤ワインとともに堪えられない美味しさを確かめてください。

最高の食材で美食に酔いしれる一夜

食材は相模湾の地魚と伊豆高原の野菜を中心に選び、足りない物は日本各地から旬の物を取り寄せます。
肉は安心・安全な「ひらい牧場」のブランド牛「伊豆牛」をつかい、フォアグラは、フランスよりフレッシュを空輸。
料理の要となるソースづくりは手間を惜しまず、素材との組合わせで
最大限の美味しさを引き出すことにこだわっています。

トリュフ
メインディッシュにふんだんにちりばめる「トリュフ」。フランス料理に欠かせないアイテムで、黒・白ともに様々な料理で使い分けます。夏・秋・冬とシーズン毎にフレッシュな物を仕入れ、春は冬のものをストックして使います。フレッシュならではの気品溢れる香りは、ロッシーニなどフォアグラ料理との相性も抜群です。
フォアグラ
「フォアグラ」は、フルコースのメインディッシュを彩る食材です。ベルエキップでは、あくまで味にこだわりフレッシュのものを使用しています。臭みのある冷凍ものとは全く異なる、フォアグラ本来の滑らかな舌触りとコク、新鮮で繊細な味わいを確かめてください。
フォアグラ
「キャビア」は、長い歴史を持つアメリカ産の高級クラス「オシェトラ」を使用。中型のチョウザメで成熟するまで12〜13年を要します。中粒で、色は茶色がかった灰色から金色まで変化に富み、木の実の風味に例えられるような濃厚な味と滑らかな舌触りが特徴です。
※ プチスイート「ミリカ」のお部屋には「キャビア」はついておりません。別途、お一人様 4,000円で承ります。
爽やかな朝にフレッシュなご朝食を
季節の野菜・果物それぞれ5種類が入ったスムージーで目覚める朝。野菜ソムリエ特製のスープをはじめ、
生ベーコンにヨーグルトを盛った皿、数種類の焼きたてパンをお召し上がりください。
リピーターのお客様には前回と変えたメインメニューを、連泊のお客様には
前日と変えたメニューをご用意いたします。
ダイニングルーム
夕暮れの柔らかな灯の中で始まるディナー、朝の光が爽やかに射し込む朝食。美味しい料理と楽しい会話を楽しんでいただくダイニングはオーベルジュの大切なメインステージです。
お部屋食 1日2組限定
客室「スリジエ」「ミリカ」「カメリア」にお泊まりのお客様は、客室内ダイニングにてのディナーもご用意できます。お二人だけのプライベートな食事をゆっくりとお楽しみください。

[ 予約制 ] ディナー 1名様 3,300円プラス / 朝食 1名様 1,500円プラス / 2名様ご利用時に限ります
ダイニングルーム
客室「スリジエ」にお泊まりのお客様は、室内キッチンを使ったシェフによる調理で「メインディッシュ」をお楽しみいただけます。料理人と対話しながら出来立ての料理をお召し上がりください。

[ 予約制 ] ディナーのみ 1名様 5,800円プラス / 2名様ご利用時に限ります
OWNER CHEF 宮越紀充 Miyakoshi Norimitsu
フレンチレストランや大手ホテルに勤務後、レストラン責任者や大手飲食企業の幹部としてマネージメントを経験。同時に、休日を利用してリゾート地の施設で無償で働きながら、宿泊業のノウハウを身につける。2008年、理想の料理と宿泊を提供できるオーベルジュとして「ベルエキップ」を開業。料理について研究する中、日本のフレンチの先駆者・中澤敬二シェフに出会い、定期的な料理交流会へ参加中。中澤シェフと他の有名シェフたちに刺激を受けながら、さらにお客様に喜んでいただける味を追い求めて精進の日々。
GARGOUILLOU ガルグイユ 至高の皿へのトリビュート
「ガルグイユ」とは、21世紀のフランス料理会を代表する三ツ星シェフ「ミシェル・ブラス」氏のスペシャリテです。それぞれに絶妙な加減で茹で上げられる30〜40種類もの野菜やキノコを、バターと生ハム、香草でシンプルに仕上げることで、野菜が本来持つ歯応えと香り、そして力強い旨味が舌の上に奥深く広がります。
繊細さを要する難しい料理ですが、日本ではブラス氏と交流の深い「ル・ジャルダン・デ・サブール」のシェフ「中澤敬二」氏が、その味を認められています。当宿のガルグイユは、中澤シェフにご納得いただいた味でお出ししております。素材の力を最大限に引き出す、至高の一皿をぜひお召し上がりください。

ガルグイユご希望の旨を【ご宿泊日の1週間前まで】にお電話にてご連絡ください。時価にて前菜をガルグイユに変更、もしくはコースに追加いただけます。
※ 30種類以上の野菜の仕入れが必要なため、繁忙期は御注文をお断りさせていただいております。予めご了承ください。

オーナーシェフ宮越が師事する 偉大なる料理人
中澤 敬二 Nakazawa Keiji
中澤 敬二 Nakazawa Keiji
国内の超有名フランス料理店を経て渡仏、ジョエル・ロブションの「ジャマン」など三ツ星レストランで修行後、29歳の若さで六本木の高級フランスレストラン「イゾルデ」の総料理長に就任。1991年、銀座に開業された自らのレストラン「ル・ジャルダン・デ・サヴール」では、野菜や香草の使い方を大切に、肉や魚と組み合わせた味わい深い料理を追求されています。店名の名付け親でもある高名なシェフ、ミシェル・ブラス氏とも交流があり、氏が認める数少ないフレンチシェフでもあります。
「ル・ジャルダン・デ・サヴール」
東京都中央区銀座6-16-11 1F  tel : 03-3542-2200 

RESERVATION 空室検索・宿泊のご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約 TEL.0557-55-3118

このページのトップへ