楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

河口湖温泉 湖山亭うぶや うぶやの過ごし方

  • クチコミ・お客さまの声(483件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
いつもとても満足、初めて行ったのは25年前、以来、家族と行ったり、友達が来訪の度に宿泊場所は、うぶやと決めてい...
2016年10月24日 11:17:46
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

うぶやの過ごし方

季節に添い、時のままにお過ごしいただき、宿と湯の趣きに浸っていただくことを「うぶや」ならではのおもてなしとしております。湯上りのひととき、穏やかな時の流れ。うぶやでは様々な楽しみ方をご用意しております。リラクゼーションスポットで富士を眺めながら体をゆだねますか、それとも囲炉裏を囲んで友と語らいますか、ギャラリーフジではあなたの見たことのない色々な富士がお待ちしております。

お食事場所

美味しいものは作っている人のそばで

お客様の前に出ることの少ない調理人ですが、旅の思い出の一つになりたいと一生懸命お料理を作っています。
作っているところの近くで鮮度の高いお料理を、と厨房の一番近い場所をお食事場所にしています。
1階の看板に遊びココロを入れた和の料理茶屋「写楽亭」、2階のうぶやの中で最も景色が良いガラス貼りのモダンな「ダイニング百景」・・・・どちらもとっておきの場所です。

うぶやみたて

旅のお供は思い出だとうぶやは考えています

うぶやみたて、と名づけたお店は産屋ケ崎伝説にまつわる「うぶ湯セット」や「うぶ姫うぶ太郎」、オリジナル作務衣、「うぶロール」という卵焼きのような、赤ちゃんの肌のようなしっとり感あふれるオリジナルロールケーキなどココにしかないものをご用意しています。
その他にも女将のみたて品や定番の山梨県産品など、うぶやがお客様の旅のお供にしていただきたいものばかり。
想い出は何でも良くないのです。

シガールーム

愛煙家のみなさまへ

世の中は禁煙一色。
愛煙家にとっては、なかなかゆっくり煙草を楽しめる場所がなくなってしまったとの声をよくうかがいます。
うぶやではお煙草をお吸いになる方もならない方もお楽しみいただけるよう分煙を行って、愛煙家の方には小さいながらも景色抜群の特等席をご用意しています。
煙をくゆらせながら、景色を眺めてぼーっとする至極の時間をどうぞ。
時間限定で葉巻も楽しめます。

一会

一期一会

お部屋で親しい人達と寛いだり、語り合ったり、そんな楽しい時間をうぶやで過ごしていただけたらどんなに嬉しいでしょう。でも、せっかくお越しいただいたのなら、もっとお客様に楽しんでいただけるよう何か出来ないかと談話ラウンジ「一会」を作りました。
富士山や河口湖の風景との出会い、同じ日にお泊りになった他のお客様との出会い、ぼーっと考え事をして新たな自分との出会い、様々な出会いをここで。
囲炉裏で何かやっているうぶやスタッフにも出会えるかもしれません。

ギャラリーフジ

富士山の顔に歴史あり

数年前から「うぶや写真館」と称してスタッフやお客様が撮影されたうぶやからの富士山をご覧いただいています。
人の顔に歴史あり、と言いますが、富士山の表情は一日として同じものはなく、そして年月によって変化があって、まるで人生のようです。
せっかくうぶやに来ていただいたら目の前の富士山だけでなく、色々な富士山に出会っていただけたら。
そしてあなたが会った富士山を教えてください。

遠州袖の作務衣

着るものから寛いでいただけたら

旅館では伝統的な「浴衣」。
でも和室で過ごすときに少しかしこまらないと足元が乱れたり、朝起きたときにはだけてる、という経験は誰もがあるはず。うぶやでは、旅に出たらいつも寛いでいただきたいと館内着に作務衣をご用意しました。
肌にやさしい遠州紬の生地と日本の四季から生まれた温かみのある「日本素材・日本色」でオリジナルデザインしたものです。

神社

コノハナサクヤヒメ

何かの呪文のようですが、うぶやにある「木花の杜」という神社に祀ったお姫様の名前です。
うぶやが建っている「産屋ケ崎」という場所には産屋ケ崎伝説という出産にまつわる言い伝えがあり、この「コノハナノサクヤヒメ」は安産の神とされているのです。
うぶやにご家族や赤ちゃん連れのお客様が多くいらっしゃっていただけるのは、このお姫様のお蔭でしょうか。

大浴場 SPA

一番の贅沢は…

旅は自分へのご褒美と言いますが、曇らないよう工夫したガラスで富士を眺めながら手足を目一杯伸ばす。
うぶやならではの贅沢を満喫したら、もう止まらないかもしれません。
そんな時は普段なかなか出来ないことに挑戦しては。
エステ、フット・ボディケアは是非カップルでご一緒に。
女性には旅館では珍しいネイルケアもあって、手先が潤うと本当に贅沢した気分になるのでは?
でも一番の贅沢は、お天気が良い日に富士を見ながらリラクゼーションスポットで「うたた寝」でしょうか。

▲このページの上へ

このページのトップへ