楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

割烹旅館 寿美礼 観光スポット 〜秋、冬〜

  • クチコミ・お客さまの声(49件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
新婚旅行で下関を訪れた際に利用させていただきました。下関駅や観光エリアも近い立地ですが、歓楽街の中心部にありフ...
2016年10月20日 23:20:35
続きを読む

写真1
 功山寺は下関市長府にある曹洞宗の寺で、長府毛利家の菩提寺です。かつて馬関と呼ばれた下関市長府にある功山寺。この寺から幕末動乱の幕は開かれます。高杉晋作はこの地で奇兵隊を挙兵しました。紅葉の季節になると、写真のように色鮮やかな景色を楽しむことができます。
写真2 写真3 写真4
 【赤間神宮】祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわすおごれる人も久しからず ただ春の世の夢のごとし たけき者も遂には滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ。 平家物語の冒頭に詠われている所から、特に日本ではよく知られていますね! 赤間神宮では壇ノ浦の戦いにおいて幼くして亡くなった安徳天皇を祀っています。 江戸時代までは安徳天皇御影堂といい、仏式により祀られていました。平家一門を祀る塚(七盛塚)があることでも有名であり、『耳なし芳一』の舞台でもあります。  【源平night in 赤間神宮】一言で言えば、歴史舞台劇の宝塚です。 源平壇之浦の合戦から800有余年。日本の歴史が動くとき、常にスポットライトを浴びてきた下関、関門海峡。 源平nightでは、義経の八艘飛びから維新 奇兵隊まで、時代の潮流を一つの舞台劇に仕立てました。幻想的にライトアップされた夜の赤間神宮をステージに繰り広げられる、一大歴史絵巻「源平night in 赤間神宮」を、ぜひ、その目でご覧下さい。10月の土曜日20時〜21時20分(開場は18時30分)申込対象 公演日当日(土曜)、下関市内の宿泊施設にお泊りの方 予約方法 宿泊施設フロントに、宿泊予約時に合わせてご予約ください。各宿泊施設から「しものせき観光キャンペーン実行委員会」へ予約手続きが行われます。 当日、宿泊施設にてお客様にチケットをお渡しいたします。 申込締切 観覧希望日(宿泊日)の3日前まで。 席数 各回限定200席 ※先着順となります。 予約開始 平成26年8月 お問合せ 下関市観光政策課 ℡083-231-1350  【東行庵の紅葉ライトアップ】高杉晋作(号「東行」(とうぎょう))の愛人おうのは、晋作の死後、尼となって(谷梅処(たにばいしょ)と改名)、その墓を守り菩提(ぼだい)をとむらうようになりました。  はじめは山形有朋(やまがたありとも)が住んでいた吉田の無隣庵(むりんあん)を僧堂にあてていましたが、明治17年に山形有朋・伊藤博文・井上馨(かおる)らの寄付によって、無隣庵の隣接地に、現在の東行庵が建立されました。  早春は梅、初夏は菖蒲、秋は紅葉の名所として知られています。夜は写真のようにライトアップした景色を見ることができます。
写真5 写真6 写真7
 【城下町長府】1185年(文冶元年)に、壇の浦合戦で破れた平家の残党追討の命を受けた土肥実平(どひさねひら)が入封し、この辺に居住していたため、いつしか侍町と呼ばれるようになりました。江戸時代には重臣の宅が並んでおり この通りを大名小路と称していたところからか、戦前までは一般に、大名町と呼ばれていたそうです。 季節に合わせて、功山寺、長府毛利邸、長府庭園など様々なイベントが行われています。 写真は「城下町長府 ひなまつり」イベントの毛利邸内のひな飾りとさげもん展です。  【歴史体感紙芝居】山口県は、地元の伝説や歴史を紙芝居とした、「ふるさと紙芝居」が多いことで有名! なかでも下関の『歴史体感紙芝居』は、ほぼ毎日、無料で上演いたしております。読み手によって伝え方が違うので、一度見たことのある方も是非オススメです。場所:みもすそ川公園  時間:10時〜15時   期間:好評開催中〜平成26年12月25日まで(荒天中止)源氏と平家の最終決戦となった壇之浦合戦をドラマティックに語る「壇之浦合戦絵巻」を上演。  【みもすそ川】長州藩が攘夷戦争に備えて構築した関門海峡に面した一連の軍事施設のうち、中心的な役割を担った砲台のレプリカがあります。5門のうち1門は音と煙の演出がお楽しみいただけます。天保15年(1844)、萩城下の郡司喜平治信安が鋳造し下関の台場に配置されていた長州の大砲。元治元年(1864)の四国連合艦隊襲来の際、戦利品としてフランスへ持ち去られ、パリのアンバリッド(軍事博物館)に保管されていた。 日仏親善交流の一環として、昭和59年(1984)6月20日、120年ぶりに下関へ里帰りしたことを記念して、翌昭和60年(1985)に原寸どおりのレプリカを制作設置しました。  この里帰りは、アンバリッドと下関市立長府博物館からの甲冑など武具一式との交換貸与という名目によるもので、実物は現在長府博物館に展示されています。 

このページのトップへ