楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

チサンインひたちなか 今週のスタッフのお勧め

  • クチコミ・お客さまの声(437件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
部屋が広く、ベットやバスタブも広かったです。ビジネスホテルにありがちなカサついたりパサついたりする安物のシャン...
2017年02月19日 12:06:24
続きを読む

イメージ写真
詳細情報
→ 住所
〒312-0063
茨城県ひたちなか市田彦950-11
→ TEL:029-276-3011
→ FAX:029-276-2288
→ チェックイン:15:00
(最終チェックイン:27:00)
→ チェックアウト:10:00
→ 交通アクセス
JR「勝田駅」西口より車で9分 日立製作所・佐和工場を目標
→ 駐車場
有り 45台 無料 予約不要
★★スタッフのお勧め★★
冬の茨城で見て頂きたいのが、袋田の滝の氷結です。
そして温泉で温まって、美味しいもの巡りはいかがですか?
味の代表は言わずと知れた「あんこう鍋」と「干し芋」。
そのほか新鮮なお魚や野菜、果物など盛りだくさん♪
冬ならではの景色や味覚を楽しみに、ぜひ茨城へおいでください!
当ホテルスタッフのブログ担当が、週末ごとに
  ひたちなか周辺のホットな情報をお届けしてまいります。 
ひたち海浜公園の花畑や遊園地、大洗水族館などなど、
海遊びや山遊びなど盛りだくさんでご案内します。
どうぞご期待ください!!
2photo1 ■第5回全国梅酒まつり in 水戸■
今年も梅まつり開催期間に『梅酒まつり』が開催されます♪

開催期間:平成29年3月3日(金),4日(土),5日(日)の3日間
場所:偕楽園隣接「常盤神社」境内
時間:3,4日/10時〜16時 、 5日/10時〜15時

全国各地から集まった150種類以上の様々な梅酒の飲み比べをはじめ、 梅酒と料理のマリアージュ、梅酒ビールなどを楽しめます。

一般の方どなたでも楽しめます。(未成年の方・飲酒運転の方は参加できません)
前売り券または当日券を購入し、ご参加ください。
購入の仕方など詳しくはHPをご覧ください。

■アクセス
偕楽園
茨城県水戸市常磐町1-3-3
photo9  ■偕楽園☆梅開花情報☆■ 
先月末、水戸の偕楽園の梅まつりをご紹介しましたが、 今年の梅まつりは昨日、2月18日(土)〜より開催中です。

  せっかくなら一番見頃の時にお出掛けしたいですよね!!
ということで、今回は現在の梅開花情報をお届けします☆

  平成29年2月15日 現在、偕楽園の梅は約3000本のうち
 1,165本 (43.4%)
            開花しました!!

  偕楽園の梅は、いわゆる「早咲き」(1月中旬〜2月中旬頃),「中咲き」(2月上旬〜3月中旬頃),「遅咲き」(3月上旬〜4月上旬頃)と 分けられ、種類によって開花時期が異なります。
訪れるたびに梅の様々な表情を発見できるのが偕楽園の魅力のひとつです。

■アクセス
偕楽園
茨城県水戸市常磐町1-3-3

  〜車で〜
常磐自動車道 水戸I.Cより約20分
北関東自動車道 茨城町東I.Cより約20分
北関東自動車道 水戸南I.Cより約20分
※梅まつり期間中は大変、駐車場が混みあう場合があります。

  〜電車・バスで〜
JR常磐線水戸駅⇒水戸駅北口偕楽園行きバスで約15分(偕楽園入口下車)
※梅まつり期間中、JR偕楽園臨時駅に停車する電車もあります。
詳しくは東日本水戸支社までお問い合わせ下さい。

  【2月19日 更新】   
2photo2 【茨城の冬!あんこう鍋も本気です】
茨城の冬の名物といえば、そう、「あんこう鍋」です!
以前にもこのコーナーでご紹介しましたが、お問い合わせが多いため、再度のご紹介となります。
やっぱり皆さん、あんこう鍋に期待してくれているのですね!茨城人として嬉しいです!

あんこうは冬になると、特に肝が大きく育つために12〜2月頃が一番美味しいといわれています。
十分に美味しくなったあんこうを提供するお店が、近隣にはいくつもあります。


身はぷりぷりのコラーゲン、アンキモにはビタミンAやビタミンB2を多く含みます。
さらに、老化や癌の原因となる過酸化脂質や、活性酸素を抑えるといわれているビタミンEも豊富に含んでいるとのこと!

食べ方は、スタンダードな「あんこう鍋」からまずトライ。
味噌仕立てにするか、醤油仕立てにするかは、お好みでどうぞ。
そして通になってくると、そうです「どぶ汁」です!
元々は漁師料理だったもので、ぶつ切りのあんこうと野菜で煮た漁師さんのまかない食。
クセが強すぎるという方もおりますが、この濃厚さに慣れると、やみつきになること間違いなしです!

那珂湊漁港のお魚センターほか、大洗の港周辺、水戸の老舗名店など、絶品のあんこう鍋を食べられるお店がいくつもあります。
茨城では3月まであんこうが楽しめます、せび、茨城の冬の味覚を堪能してみてはいかがでしょうか?


【2月12日更新】

このページのトップへ