楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

天然温泉 扇城の湯 スーパーホテル大分・中津駅前 周辺観光地

  • クチコミ・お客さまの声(990件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
急遽、中津で宿泊が必要となりネットで予約しました。ネット上では喫煙ルームしか空いてなかったのですが、チェックイ...
2016年12月01日 20:28:12
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

スーパーホテル大分・中津駅前
 
福沢諭吉の旧居

「天は人の上に人を造らず…」でおなじみの福沢諭吉が、幼少から19歳まで過ごした旧家です。
大阪堂島の中津藩蔵屋敷で生まれた諭吉でしたが、父の死により豊前国に帰藩。
蘭学修行で長崎に赴くまでの18年間、この家で学問に励みました
。 敷地に保存されているのは、諭吉が寝起きした母屋と、自ら改造し勉強部屋に充てていた土蔵。
瓦葺きの屋根や土壁の匂いが、諭吉の青春時代へと、訪れる人をタイムスリップさせてくれます。
また諭吉の生涯や業績をもっと詳しく知りたい方のために、隣には記念館も。
貴重な遺品や名著「学問のすすめ」の原本などを通して、傑出した人物像を垣間見ることができます。

観光施設
所在地:大分県中津市留守居町586
問合せ:0979-25-0063




中津城

五層の天守閣と二層の櫓が美しい中津のシンボル。
城郭の形が扇を思わせることから扇城とも呼ばれ、市民に愛され続ける名城です。
1588年、黒田官兵衛孝高が築城に着手し、その12年後、細川忠興の手で完成。
潮の干満により掘の水位が上下することでも有名で、高松城、今治城と共に日本三大水城に数えられています。
城の中には刀剣や古絵図など興味深い資料が展示されており、歴史好きの方は必見。
また界隈に足を延ばせば土塀、白壁、格子戸の街並が随所に残り、江戸時代の城下の面影に出会うことができます。

観光施設
所在地:大分県中津市二の丁本丸
問合せ:0979-22-3651




青の洞門

最近話題のパワースポットです。
旅の僧 禅海により、鑿と鎚だけで全長約342mを30年(1764年完成)かけて
掘り抜いたといわれる手掘りの洞門。
現在、2カ所に手掘りの洞門が残っており、禅海の偉業を肌で感じることができます。

観光施設
所在地:大分県中津市本耶馬渓町曽木
問い合わせ:0979-52-2211

羅漢寺

羅漢寺は約1300年前にインドの僧、法道仙人が金銅仏を持参しお寺を始められたのが
このお寺のはじまりであると伝えられています。全国羅漢寺の総本山で由緒ある寺です。
羅漢寺は羅漢山の中腹にあり、岩壁には無数の洞窟が口を開き、
山門も本堂もその中に埋め込むように建っています。
そして洞窟には3700体以上もの石仏が安置されているそうです。
その中でも照覚と逆流建順が刻んだ無漏洞(むろどう)の五百羅漢や
室町期に普覚禅師(ふかくぜんじ)という高僧が刻んだという千体地蔵と
十王尊を刻み安置したとされる千体地蔵などが有名です。

観光施設
所在地:大分県中津市本耶馬渓町跡田1501
問い合わせ:0979-52-2538

拝観自由ですが、リフトを利用すると羅漢寺まで往復700円、
山頂まで840円、そして本堂2階と庭園を見るのは別途300円が必用です。



三光コスモス園

西日本最大級のコスモス園です。
広大な大地一面に咲き誇るコスモスは圧巻です!!
是非一度ご覧になられてください。
毎年10月初旬〜11月初旬まで。

観光施設
所在地:大分県中津市 三光原口・成恒、中津市加来
問い合わせ:0979-43-2050









一目八景

一目八景とは海望嶺、仙人ヶ岩、嘯猿山、夫婦岩、 郡猿山、烏帽子岩、雄鹿長尾嶺、
鷲の巣山の8つの景色を一目で見ることができるので「一目八景」と呼ばれています。
また、ここの名物はそばまんじゅう、手うちそば、川魚、山菜料理で「一目八景」
周辺にはお土産屋さんと料理屋さんがたくさんあります。
ここの自然薯そばが絶品です♪

観光施設
所在地:大分県中津市耶馬溪町深耶馬
問い合わせ:0979-54-3111








汐湯

汐湯は、明治15年ごろ「中津海水湯」として始まりました。字のとおり、
海水をくみ上げてわかしています。普通の水からわかしたお湯は40度でも熱く感じますが、
海水からわかしたお湯は42度でも熱く感じず、まろやかだそうです。
奥(北側)の3階建ての建物は大正時代に、手前(南側)の2階建ての建物は
昭和30年代に建て替えられたものです。風呂あがりに中津川の景色をながめながら休憩や宴会もできます。
全国各地の銭湯をめぐり、学問的に調査・研究する「銭湯学」の提唱者であり、
第一人者である町田 忍(まちだしのぶ)氏が戎光祥出版(株)から出版した
「銭湯遺産」の第一章「全国選りすぐりの銭湯10選」にも掲載されています。

観光施設
所在地:大分県中津市三ノ丁1278-1
TEL:0979-22-0128
営業時間:10:00〜22:00
定休日:4のつく日
○入浴料金:大人350円 小学生150円 未就学児 70円
○入浴+休憩料金:大人700円 小学生250円 未就学児100円
 

このページのトップへ