楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

北軽井沢 ブルーベリー YGH 軽井沢おもちゃ王国

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
北軽井沢での宿泊は初めてでしたが、たいへん思い出深い旅となりました。ブルーのかわいい外観、ゆったりくつろげるツ...
2016年07月20日 21:23:45
続きを読む

イメージ写真
詳細情報
→ 住所
〒377-1404
群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原1506-12
→ TEL:0279-84-3338
→ FAX:0279-84-6361
→ チェックイン:15:00
(最終チェックイン:23:00)
→ チェックアウト:10:00
→ 交通アクセス
碓氷・軽井沢ICより40分、北軽井沢交差点の近く。
→ 駐車場
有り 30台 無料 バスも入れます
 軽井沢おもちゃ王国は、1歳から10歳くらいのお子さん向けの施設です。 (といっても、2歳までは無料ですが)    施設は、大きく分けますと、  東側にパビリオン・乗り物施設。  西側に自然園の施設。  となっています。    パビリオンは、1歳から8歳くらいが対象です。  乗り物は、3歳から大人が対象です。  自然園も、3歳から大人が対象です。  これらの3つの施設の集合体が軽井沢おもちゃ王国の特色です。    フードコートもありますので、食事は中でも食べられますが、チケットの半券があれば、出入り自由ですので、外で食事をしてもよいです。また、いったん宿に帰ってお子さんに1時間昼寝させてから、午後に、もう一度、軽井沢おもちゃ王国に入ることも可能です。それもめんどくさいと言う人は、ベビーカーを無料で借りるとよいです。ベビーカーがあれば、パビリオンの中で昼寝ができます。
 親の視点から見ても、おもちゃ王国のパビリオンは素晴らしいの一語につきます。ここで1日遊べば、幼児の知能は磨かれることは間違いありません。私の経験からしても生後14ヶ月の息子にとって、かなりの疲労もともなうらしく、そうとうの運動量になるようです。2時間も遊ぶとぐったりと睡魔に落ちました。  おもちゃ王国の面白いところは、子供を遊ばせながら親が楽できるところです。マッサージ器で休んでいるお父さんや、さかんにスマホをいじっているお母さんを見かけました。もちろん、私もマッサージ器を使ったことは言うまでもありません。
軽井沢おもちゃ王国プランを選択する目安 軽井沢おもちゃ王国のプランは 1.フリーパス付プラン 2.入園券付プラン 3.入園券1枚プレゼントプラン の3つのパターンがあります。家族全員が軽井沢おもちゃ王国に行かれる場合は、全員分のチケットがついている1または2がおすすめです。小さいお子さんと、大きいお子さんがいるなど、家族が別れて行動する場合は、3の方がお得になります。また、お子さんが2歳未満なら入園無料なので、その場合も3の方がお得になるケースが多いです。  1のフリーパス付きプランですが、お子さんが6歳以上ならベストな選択です。逆にお子さんが小さすぎる場合は、乗り物への乗車制限がありますので、あまりお得とはいえません。  2の入園券付プランですが、お子さんが4歳以下の場合で、あまり乗り物に乗らない方は、こちらがおすすめです。  3の入園券1枚プレゼントプランは、入園無料の対象となる2歳未満のお子さんがいる方におすすめです。
 軽井沢おもちゃ王国で、もっともお勧めしたいのは自然遊園です。3歳までの幼児ならパビリオンでしょうけれど、4歳以上のお子さんは、自然遊園の方が面白がるでしょう。それに大人も楽しめるのが自然遊園の特色です。私個人としては、この自然遊園が一番おしゃれで、おすすめです。 ◆わくわく大冒険の森  おもちゃ王国で一番おすすめのスポットです。お子さんが5歳以上なら迷わず入るべきでしょう。ツリークライミングやアスレチック・ツリーハウスを楽しめます。ちょっと冒険チックな秘密基地で遊ぶ感覚です。実は、この施設を作った人を私は知っているのですが、かなりの芸術家の人が作っています。 ◆渓流釣り  1300円で2匹までイワナ釣りを遊べます。3匹以上は、500円増しです。もちろん釣ったイワナは、その場で塩焼きにして食べられます。親子でのんびり釣りをするのもいいかもしれません。 ◆ハンモック広場  これを観たとき嫁さんの目がキラリと光りました。嫁さんは、ここで一日すごしたいらしい。なおハンモックをゆらせば、簡単なブランコになります。息子も、これには大喜び。 ◆水場・砂場  それぞれに遊具があります。砂のお城もつくれます。ただし水場は大人気。子供達が大はしゃぎしていましたが、砂場は閑古鳥でした。最近の子供は砂遊びをしないのかな? ◆自然で遊ぼう  自然の達人が、いろいろな遊びを教えてくれます。ただし、閑散期の平日はやってないようです。あと、各界の著名人を招いて遊びの学校も開催しているようです。 ◆手作り工房ハンズ  楽焼きをしたり、溶岩細工をして遊べます。親子で工芸体験をするのもいいかもしれません。

このページのトップへ