楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

老神温泉 観山荘 アクセス・周辺情報

  • クチコミ・お客さまの声(225件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
貸切露天風呂と大浴場の露天風呂もあり少し乳白色の泉質も良かったです!会席料理はお刺身やてんぷら等ボリューム満載...
2017年05月12日 22:36:22
続きを読む

アクセス

老神温泉へお越しになるには、お車のご利用をオススメ致します。駅から遠いですし、山の中ですのでバスの本数も少なく、ちょっとコンビニに行きたいときなど便利です。
電車ご利用の場合も、レンタカーのご利用が便利です。

お車をご利用の場合

・関越自動車道「沼田IC」から約25分
・金精峠より車で約50分

電車をご利用の場合

・上越新幹線「上毛高原駅」下車、バスで約40分
・高崎-上越線「沼田駅」下車、バスで約35分


周辺情報

神が開いた伝説の名湯…それが『老神温泉』

湯の歴史は古く、その昔、赤城山の神(ヘビ)と日光男体山の神(ムカデ)が戦った時、弓で射られた赤城山の神が赤城山山麓に矢を突き刺すとたちまちお湯が沸いてきたのが始まりとか。赤城山の神がそのお湯に傷を浸すとたちまち治り、男体山の神を追うことができたことから「追い神」と呼ばれるようになり、それが「老神」になったと伝えられています。

尾瀬まで連なる山々が心を和ませる寛ぎの宿

観山荘の周りは自然に囲まれており、新鮮な空気が心と体に癒しを与えてくれます。
中でも老神渓谷を見渡す湯浴みは格別です。
車で約10分のところには「吹割の滝」や、世界的に類を見ない美しさをもった神秘的な景観の尾瀬があります。
他にも、老神では春には地元の赤城神社例祭(大蛇祭り)、夏にはホタルや老神・花火大会、秋に浮島観音春祭り、冬はどんと焼き、冬の花火など四季折々にいろいろ見どころがございます。

尾瀬

燧ヶ岳、景鶴山、至仏山に囲まれて尾瀬沼と大湿原のある尾瀬ケ原があります。春は水芭蕉、夏はニッコウキスゲが咲き乱れ観光客を魅了します。

吹割の滝

多数の割れ目はあたかも巨大な岩を吹き割れたように見えます。遊歩道や観爆台も完備され1時間くらいで回れます。
期間:4月上旬〜11月下旬

老神温泉 大蛇まつり

老神温泉の開祖たる蛇は、赤城の人々にとって「守り神」として信仰されており、蛇への感謝の気持ちを込めて例年「大蛇まつり」を開催しています。 「大蛇まつり」は「守り神」への感謝の気持ちを込めて毎年5月第二金・土曜日に開催する例祭で、赤城の神たる大蛇を神輿に仕立てて温泉街を練り歩く勇壮な祭りです。 昼はかわいい子供神輿、夜は大蛇をかつぐ本神輿が出て温泉街が活気にあふれます。 是非ご覧ください。

浮島橋・吹割橋

吹割の滝をさらに上流に上っていくと、浮島に架かる二つの橋が。その右側の橋が『浮島橋』です。その上から見渡す千畳敷や夫婦岩の景色は、四季折々の表情を見せてくれます。

沼田公園(沼田城跡)

真田氏ゆかりの城跡にある公園は、四季を通じて色とりどりの花が咲きます。櫓台の石垣など一部、城の名残をとどめています。

雨乞山

雨乞山は訪れる人も少ない静かな山です。頂上からの眺めは抜群で、眼下に広がる河岸段丘の他、赤城山や子持山、谷川岳などの山々を臨むことができます。

老神温泉朝市

4月20日〜11月20日の毎朝6時〜7時30分まで開かれる朝市。地元の人が持ち寄ったとれたての新鮮野菜や果物、山菜など、老神の特産品がずらりと並びます。

薗原湖(薗原ダム)

片品渓谷をせき止めてつくられた湖で、周辺の広葉樹が美しく紅葉の名所にもなっており、湖畔の散策や釣りなどが楽しめます。

赤城山

群馬と言えば赤城山(あかぎやま)。榛名山、妙義山と並んで上毛三山の1つに数えられ、日本百名山の1つでもあります。

戦場ヶ原の大湿原

戦場ヶ原の一番の見どころは、見渡す限りの大湿原!湿原を守りながらも楽しめるように、湿原を囲むように木道が巡らされています。都心圏で最も美しい夜空にも出会えるスポットです。

ラフティング(みなかみ町)

専用の大型ゴムボートに乗り、利根川の上流から急流下りができます。雪解け時期の4・5・6月は雪解水が流入し世界レベルの激流ラフティングを楽しむことが出来ます。

水芭蕉(ミズバショウ)

ミズバショウは5月の中旬頃、尾瀬ヶ原周辺から咲き始め、尾瀬沼周辺では数日〜1週間遅れで見られるようになります。とりわけ朝霧の中に浮かぶミズバショウは素晴らしい景観を演出します。

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)

ニッコウキスゲは一日花なので開花時間が短く、満開時は尾瀬の湿原を黄色く染めあげます。とにかく花が大きく、黄色く目立つので人気があり夏の訪れを感じさせてくれます。


このページのトップへ