楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

いすみスカイホテル・潮騒館 いすみ散策

  • クチコミ・お客さまの声(183件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
私たちは老齢の夫婦であるが,外房の太東駅近くへ用事で訪れることになった。宿泊先は用事での訪問ゆえに民宿で十...
2016年11月06日 09:45:49
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

いすみスカイホテルの観光情報
地名にマウスのポインタをのせると、ホテルからの所要時間・距離が表示されます

- 太東埼灯台 - - 夷隅川(江東橋) -
当ホテルから車で5分の所にあります。
周辺は、南房総国定公園に指定されていて、太平洋を望む景勝地であり、日の出がすばらしいことで知られています。
戦後太東村が設置した灯台を前身とし、国に移管されたのを期に、1952年(昭和27)5月に設置・初点灯されたものです。
しかし、その後浸食によって、大規模な崖崩れがあったので、1972年(昭和47)2月に100m後退させて、現在の位置に建て直されました。
愛称で「恋のビーナス岬」とも言うようです
灯台までは細い道が多いのでお気をつけ下さい
夷隅川は県内最大の流域面積をもつ河川です。流域は勝浦市、いすみ市、夷隅郡大多喜町、御宿町の2市2町にまたがり、様々な魚の生息地でもあります。夷隅川流域は国指定天然記念物の絶滅危惧種であるミヤコタナゴの分布域にあたり、流域内の細流や池などに現在も生息が確認されている。同じく絶滅危惧種であるメダカなども細流や池に数多く生息していたが、近年は生息数が減少している。コイ、フナ、ウグイ、ウナギ、アユの放流も行われており、 1991年まではサケの試験放流が行われていた。その効果もあってか、アユの遡上が確認されているようです。

- 太東海浜植物群落 - - 清水寺 -
国で最初の天然記念物として指定されました。
海沿いに遊歩道が整備され植物観察しながら海浜散歩を楽しむことができます。それぞれの花の時期に、様々な草木を鑑賞できるので、花好きには絶好の観光スポットですよ。
海と花、そして遊歩道も整備されており散歩コースにも最適!ホテルから徒歩5分の所にあります。
天台宗。京都府、兵庫県と並び、日本三大清水寺の一つです。807年に慈覚大師が開基したと伝えられます。千手観世音を本尊とし、坂東32番札所となっています。十一面 観音立像は千葉県文化財に指定されています。
いすみ市岬町鴨根1270
◆ お車利用の場合
◇ 国道128号線<岬町江場土>の信号を西へ約5㎞、10分
◇ 国道465号線<国府台三差路>の信号を東へ約4㎞、10分

- 太東海水浴場 - - 行元寺 -
ダイナミックな波ときれいな水、長く美しい砂浜が魅力。フェニックス(ヤシの木みたいな植物)やイルカのオブジェが立ち並び、トロピカルリゾートムード、バツグンです。  一般の皆さんには比較的マイナーなせいか、海水浴シーズンは、周辺のメジャーな海水浴場と比較すると、以外とすいていますが、サーファーの皆さんにとっては、「太東(たいとう)」といえば、メッカ的なポイントで、一年中サーファーの皆さんでにぎわっています。芸能人サーファーもご用達…らしいとのこと。   ちなみに、太東海水浴場の砂浜が、総延長88キロメートルにおよぶ九十九里浜の南端です。 849年慈覚大師によって、大多喜町に創設されましたが、戦火の消失、平重盛によって現在のいすみ市荻原の地に復興された。
見所は幻の彫師幕府彫刻の棟梁で元祖の高松又八郎邦教の「錦鶏と牡丹」や北斎の「神奈川沖浪裏図」の原風景といわれる「伊八の波図彫刻」なども数多い。
外房七福神の1つでもある。

- いすみ鉄道 - - 飯縄寺 -
いすみ鉄道は、房総半島のいすみ市・大多喜町の2市町間を走る路線です。 JR外房線大原駅で乗り換え、大原駅から大多喜町にある上総中野駅までの13駅区間であります。また、上総中野駅からはJR内房線の五井駅まで走る小湊鉄道と接続しており、房総半島を列車で横断することも出来ます。 歴史ある城下町と、自然豊かな沿線の町並みの中を走るいすみ鉄道。房総に車でご旅行の際にも、大多喜駅前に無料の町営駐車場がありますので、ローカル列車の旅などをご企画されてはいかがでしょうか。 808年に慈覚大師が開茎したとされる。
「天狗のお寺おいづなさん」として親しまれている。
本堂向拝に「龍」、欄間正面に大作「牛若丸と大天狗」、両側に「波と飛龍」の波の伊八の彫刻が残る。
『牛若丸と天狗の伝説』
源義経が牛若丸の頃、京の鞍馬山で大天狗から、武術を学んだ事は有名ですが、その大天狗から「奥州に向かうならわしの知り合いのいる上総の国の飯縄寺に向かうがいい」と言われ伊豆から舟で当地に着いたと言われる。

このページのトップへ