楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯西川温泉 平家伝承かずら橋の宿 本家伴久 *館内設備・サービス*

  • クチコミ・お客さまの声(350件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
部屋からかずら橋、紅葉、川が見え、とても贅沢な眺めでした。半露天の部屋のお風呂はこの季節でも窓を開ける開けない...
2016年11月15日 11:19:58
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

本家伴久|館内設備

湯西川温泉、時空を超えた癒しの宿 『本家伴久』

伴久の館内は、そこかしこに源平絵巻きを思わせる雅なしつらえがほどこされています。
日本ならではの風情に囲まれて過ごす時間に、自然と心が癒されます。

民芸調の造りが目にも楽しい館内の売店には、この土地ならではのお土産を豊富に取りそろえております。
ここでしか買えない人気商品もございます。ぜひお立ち寄りください。

栃木県・裏日光・湯西川で自生した山椒は、標高千メートルという高さゆえ、小粒で香りが高く、大変品質の良いものです。本家伴久には、この山椒をたっぷり使った薬味が、代々秘伝として受け継がれてきました。

大女将は、お客様にご自宅でも深山の味をお楽しみいただくため、この秘伝の薬味をお客様にお土産ものとしてお持ち帰りいただこうと発想しました。
先祖から受け継がれた薬味にさらに工夫をこらし、永年の歳月をかけて工夫に工夫を重ね、「薬膳十味唐辛子」として絶妙なブレンドが出来上がりました。
夕餉と朝餉でこれを召し上がったご宿泊のお客様には、大変お喜びいただき、ほとんどの方が買っていかれるようになりました。おかげさまで、雑誌などでも度々ご紹介いただき、大変ご好評をいただいております。

一缶一缶手作りのため、大量生産は出来ませんが、だからこそブレンドしたての風味をそのまま食卓へお届けさすることができます。

深山から溢れる癒しのエネルギーが凝縮した「究極の和のハーブ」を、 どうぞお楽しみ下さい。

湯西川で自生した薫り高い山椒を贅沢に使用。また、従来の辛味優先の市販の七味には配合されていなかった、国産のえごま・紫蘇の葉と種、漢方薬局から直接仕入れた素材もふんだんに使っております。

原材料 : 唐辛子、黒胡麻、青海苔、白胡麻、山椒、蜜柑の皮、紫蘇の葉と種、えごま、麻の実、けしの実 ※合成保存料・添加物は一切使用せず、厳選された素材のみを使った自然食品です。 内容量 : 22g 税込価格 : ¥840 (本体価格 : ¥800)

ここ湯西川は平家落人伝説の地。
かつて栄華を極めた平家の貴族の女性は、色鮮やかな着物を身にまとい、この世の春を謳歌していたことでしょう。

本家伴久では、略式十二単衣の無料試着サービスを行っております。
ロビーの表座敷コーナーにご用意しておりますのでお好きなものを選び、ご自由に記念撮影をお楽しみいただけます。
また、当館ホームページに写真を掲載しても良いというお客様には、当館スタッフが写真撮影し、その場で現像してフレームに入れ、チェックアウトまでにお渡しするといった特典付きサービスもございます。
もちろん無料ですので、お気軽にどうぞ。

駐車料金は無料です。
チェックイン前にご到着されても、お車は無料でお預かりいたしております。
またチェックアウト後のお車のお預かりも無料です。お車でも、どうぞ気兼ねなくお越しください。

チェックインは15:00、チェックアウトは10:00となっております。 お早目のご到着の際は、荷物等はフロントでお預かりいたしております。 チェックアウト後の荷物お預かりもできますので、フロントへお申し出ください。

インターネット接続できるお部屋はありますが、数部屋しかありませんので、1階ロビーか2階談話室でご利用下さい。
談話室には無料のパソコンがあり、ご自由にご利用いただけます。

かつては郵便局も兼ねていた当館で、明治時代から活躍している、 約100歳になるポストです。
雨の日も雪の日も、旅先からの楽しい思い出を届け続けてきました。
はなちゃんは、鉄製のポストとしては、日本最古のものとなります。
戦争中に鉄でできたポストは金属回収の一環で徴収されたため、鉄製のポストはここにしか残っていないのです。
昔懐かしいこのポストは今でも現役。本家伴久ではポストカードもご用意しております。旅の思い出を"はなちゃん"に託してみませんか?きっと良い思い出となってくれることでしょう。

このページのトップへ