楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯西川温泉 平家伝承かずら橋の宿 本家伴久 *囲炉裏料理*

  • クチコミ・お客さまの声(350件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
部屋からかずら橋、紅葉、川が見え、とても贅沢な眺めでした。半露天の部屋のお風呂はこの季節でも窓を開ける開けない...
2016年11月15日 11:19:58
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

本家伴久|囲炉裏料理

湯西川温泉、時空を超えた癒しの宿 『本家伴久』

山の丸木を組みあげた高床式の館の中には14のお食事処、45の部屋があります。
部屋のしつらえや雰囲気も旅館での食事の楽しみの1つ。
お仲間と炉を囲みながら、風情ある夕食をお楽しみください。
こだわりの逸品のお酒を揃えた、大矢石で作られた酒棚には、当館が厳選した銘酒が並んでいます。お客様にお好きなものをご自由にお選びいただいております。

雰囲気豊かな個室もご用意しております。
こちらは、小グループ・露天風呂付お部屋の方・小さなお子様をお連れのお客様に、優先的にご利用いただいております。
囲炉裏を囲んで水入らずのひとときをどうぞ。

当館のお夕食では、赤い炭火で新鮮な深山の幸を焼きあげる名物囲炉裏焼きと、四季折々・旬の素材を活かした創作会席料理の両方をお召し上がりいただけます。
火を囲み、山川の素材に舌鼓を打つ、至福の団欒の時をどうぞ。

伴久のお食事処は、風情溢れる離れ館。しかし、調理場から離れているため、お客様へお出しするお料理が冷めてしまうことが度々ありました。
熱いものを熱いままでお召し上がりいただきたい―どうしたら良いものか考えを巡らせていた時、ふと大女将の頭によぎったのは、昔の食事風景でした。
大女将が若かりし頃、湯西川の民家ではどこの家でも囲炉裏があり、魚等を串焼きにして食す習慣がありました。

その場で焼き上げる囲炉裏料理であれば、冷めることもなく出来たての美味しさをご提供できる。しかも、火を囲み、自分で焼き上げるという、都会ではなかなか味わえない山里の情緒も楽しんでいただけると、良いことづくめ。さっそく大女将は囲炉裏焼き料理を夕餉に取り入れました。 結果は大好評。評判が評判をよび、囲炉裏料理は湯西川旅館全体へ広まっていったのです。
お客様に、最高の美味しさをお楽しみいただきたい…
そんな想いから生まれた囲炉裏料理。出来たて熱々、炭火焼きならではの味わいを存分にお楽しみください。

「一升べら」は、山の小鳥を骨ごと調理し、味噌・青山椒と錬って焼きあげる、薫り豊かな一品。一へらで一升飲めるほどの味わい深さというところから、この名前が付けられた囲炉裏料理の逸品。
女将のこだわりがここにあります。
その美味しさと、見た目にも楽しい演出も評判となり、今では湯西川一帯の旅館で出されるほどの名物料理となりました。
竹酒やにごり酒を酌み交わしながら、山里の幸をご堪能ください。

四季折々、旬の味わいが織りなす会席膳。
鹿肉や湯葉など、山里ならではの味わいが楽しめます。手書きのお品書きも風情があると大変ご好評をいただいておりあす。

「ゆば」は京都の「湯葉」と日光の「湯波」が代表的なものです。日光連山の清流により育まれた類いまれな味わいが、日光湯波の特長です。

JA全農主催コンテストで、過去2回日本一に輝いた由緒正しい和牛です。同コンテストは国内で毎年開催される肉用牛枝肉の共進会の中で、最も権威が高いとされています。

山里の香り漂うあつあつのお鍋は、心も体もぽかぽかに温めてくれます。 コラーゲンたっぷり鍋や、山菜・鹿・キジ鍋などをお楽しみいただけます。

「白夜」の名前は、作家の草野心平さんによるもの。当館にお泊りになった時、夜通しこのお酒を酌み交わされ、ふと気が付くと外が白々と明けてきた事から名付けられました。口当たりは甘口でお飲みになりやすいですが、少々強いのでお酒好きな方におすすめです。

地元の名匠「豊次」がくりぬいた手作りの青竹を囲炉裏の火にかけ、燗にします。
青竹の香り豊かな熱燗をお楽しみ下さい。お猪口も青竹でご用意しています。

炭火で焼いた熱々の岩魚に、日本酒のお燗を入れました。器も風流に、岩魚をかたどった酒器でお出ししております。深山清流の湯西川温泉でこそご賞味いただける、絶妙な味わいにほろ酔い気分…旅の夕餉の想い出にぜひご賞味ください。

伴久の朝食は深山の幸を集めた自然食ビュッフェ。
お好きなものをお好きなだけ、自分のペースでお召し上がりいただけます。
山葡萄の果汁・とろろや地の蕎麦・十六種の豆類を炊き込んだ宝石おこわ。クコと松の実入りの薬膳がゆ、手作り豆腐によもぎ団子。
心身を浄化し元気をくれる、体に優しい朝食は、旅の一日の始まりにぴったりです。

「極上おいしい朝ごはんの宿」(岸朝子編)の表紙を飾った伴久の朝食。
体に良いだけでなく、おいしさもお墨付きです。

このページのトップへ