楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

葛城北の丸 北の丸夕膳

  • クチコミ・お客さまの声(27件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
美味しい食事と従業員の方々の気持ちの良い対応で、よい夏休みになりました。大人のお宿ですね。大変満足です。
2016年08月26日 16:40:52
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

写真1

北の丸では季節感あふれる旬の食材を厳選し、素材本来の持ち味を存分に生かした
料理方法で創りあげた会席膳をはじめ、さまざまなお食事をご用意いたしております。



食材について

北の丸では、新鮮な魚介類は遠州灘、駿河湾のものを中心に求め、
野菜などは袋井、森町、掛川など地元の物を中心に取り揃え料理を提供します。

離れは「個室」もしくは「2名〜30名用の部屋」が有料にてご利用いただけます。
※お料理は季節の素材を使用する関係で、時期により内容が変更となります。
※食物アレルギーのある方は、事前にお申し付け下さいませ。


◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆

【時間】 午後5時30分〜(最終入場 午後7時00分)

◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆



【2016年特別企画◆大河ドラマ「井伊直虎公」放映記念】特別料理「直虎饗膳」

寛ぎの平城「葛城北の丸」で味わう
井伊家ゆかりの遠州の食材を取り入れた特別料理「直虎饗膳」

■ 昼食お品書き一例 ■ 夕食は昼食の「直虎饗膳」をグレードアップしてご提供いたします。

  『前 菜』   奥山雉の松風 ・すっぽんの玉締め ・鯛の龍皮巻き
  才巻き海老 ・大名竹と赤蒟蒻
  『造 り』   旬魚の造り柑橘風味
  『汁 物』   遠州野菜の擂り流し
  『蒸 物』   季節魚の赤米蒸し
  『焼 物』   国産牛繊肉の蒸し焼き 浜納豆味噌添え
  『御食事』   季節の炊き込み御飯
  二の汁、香の物
  『甘 味』   北の丸冷菓
  珈琲
写真2 写真3 写真4



【スタンダード】 ◇遠州美彩◇季節膳 「匠コース」 当館一番人気のスタンダード

「地産地消」を大切に、遠州の食材を取り入れながら山海の幸を生かした
個性豊かな味わいのお料理をお愉しみいただけます。

■ 夕食お品書き一例 ■ 11月

  『前 菜』   季節の旬肴取り合わせ
  『洋 菜』   豚肉のパテ・ド・カンパーニュ
  『造 り』   旬魚の盛り合わせ
  『汁 物』   紫芋の擂り流し
  『蒸 物』   旬魚の白和え蒸し
  『焼 物』   国産黒毛和牛背肉の熟成赤ワイン醤油掛け
  『御食事』   秋の実りの炊き込みご飯
  二の汁、香の物
  『甘 味』   北の丸冷菓
  珈琲
写真2 写真3 写真4



【グレードアップ】 こだわりの山海の幸に舌鼓・・ 「料理長お薦めコース」

季節感溢れる旬の食材を厳選し素材本来の持ち味を存分に生かした料理方法で創りあげた
料理長こだわりの会席料理をお楽しみいただけます。

■ 夕食お品書き一例 ■ 11月

  『前 菜』   季節の旬肴取り合わせ
  『洋 菜』   合鴨の和風ロースト
  『汁 物』   紫芋の擂り流し
  『造 り』   旬魚の盛り合わせ
  『美味馳走』   伊勢海老の昆布船仕立て
  『焼 物』   黒毛和牛静岡育ち繊肉の炭火焼き
  『御食事』   鯛の土鍋ご飯
  二の汁、香の物
  『甘 味』   北の丸冷菓
  珈琲
写真2 写真3 写真4



【お料理上級】 匠が腕を振るう・・季節膳 「特選コース」プラン

遠州灘近海の海鮮、地元森町の野菜類を中心に鮮度の高い山海の幸を
真心をこめた味わいでご用意。匠が腕を振るうお料理上級プランです。

■ 夕食お品書き一例 ■ 11月

  『前 菜』   季節の旬肴 取り合せ
  『名 物』   牛肉の吐火羅造り
  『汁 物』   かますの煮麺仕立て
  『造 り』   旬魚の盛り合わせ
  『蒸 物』   甘鯛の白和え蒸し
  『美味馳走』   伊勢海老の香味焼き バルサミコの香り
  『御食事』   桜海老の土鍋ご飯
  二の汁、香の物
  『甘 味』   北の丸冷菓
  珈琲
写真2 写真3 写真4

このページのトップへ