楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

会津芦ノ牧温泉 新湯 周辺観光&交通

  • クチコミ・お客さまの声(120件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
4人1部屋で安く済みました!部屋は古いかなあと思いましたが十分キレイでお食事もおいしくいただけました!温泉も気...
2016年12月01日 10:39:52
続きを読む
地図
施設関連情報

周辺観光

新湯へのアクセス

          

周辺観光

【大内宿】
日光今市から会津若松に通じる旧会津西街道、別名下野街道、南山通りに沿った山間の平地にある。江戸時代の宿場の雰囲気をよく残しており、春秋のシーズンには観光客が多数訪れる。街道沿いには茅葺き民家も見られる。 大内宿本陣跡には大内宿町並み展示館がある。

【塔のへつり】          
塔のへつりは、福島県会津地方の南会津東部を流れる大川が形成する渓谷、大川ラインにある。1943年(昭和18年)、河食地形の特異例として国の天然記念物に指定されている。「へつり」 とは会津方言で、川に迫った険しい断崖のことであり、一帯は第三系凝灰岩、凝灰角礫岩、頁岩などが互い違いになっており、その軟岩部が長年の歳月による浸食と風化の作用によって形成された柱状の断崖である。大川羽鳥県立自然公園の一角を占める。 全長200mにわたって、大規模な奇岩が整列している。主なものには屏風岩、烏帽子岩、護摩塔岩、九輪塔岩、櫓塔岩、獅子塔岩、鷲塔岩などがあり、吊橋をわたって奇岩を巡ることができる。一帯は樹木に覆われており、新緑や紅葉の頃は一際美しい。

若松城(わかまつじょう)は、福島県会津若松市追手町にあった城である。観光名所としておよび地元では一般的に鶴ヶ城(つるがじょう)といい、地元以外では会津若松城と呼ばれることも多い。文献史上では黒川城(くろかわじょう)、会津城とされることもある。国の史跡としての指定名称は、若松城跡(わかまつじょうあと)である。         
尚、板前(館主)の修業した【料亭米熊】は鶴ヶ城の近辺である。         
会津藩家老邸の庭を持つので、もちろん堀の中であった場所になる。

このページのトップへ