楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

下賀茂温泉 花のおもてなし南楽 交通・観光案内

  • クチコミ・お客さまの声(102件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
隠れ家のような入り口と、フロントまでの竹林を進む道並みが珍しく、印象に残る宿でした。お風呂の種類も豊富な上に、...
2016年10月16日 14:21:57
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

トップ ≫ 周辺地図

楽天マップ


より大きな地図で南楽を見る

道に迷われた場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。
TEL:0558(62)0171

東京方面から

東 京 新幹線/約40分 熱海 JR伊東線/約30分 伊東 伊豆急行線/約60分 伊豆急下田 バス/約10分 南楽
踊り子号/約90分

名古屋方面から

名古屋 新幹線/約120分 熱海 JR伊東線/約30分 伊東 伊豆急行線/約60分 伊豆急下田 バス/約10分 南楽
踊り子号/約90分

※無料送迎について
伊豆急下田駅より専用バスにて無料送迎いたしております。お時間は「14:00、15:00、16:00、17:00」。ご予約時にコメント欄や直接お電話いただけますでしょうか。列車のお時間がお決まりでないお客様は後日ご連絡をお願いいたします。

東京方面から・東海岸コース

東京・用賀IC 東名高速/約40km 厚木IC 厚木小田原道路/約30km 小田原 R135/約20km 熱海 R135/約60km 下田 R136/約9km 日野 R136/約0.5km 南楽

東京方面から・中伊豆コース

東京・用賀IC 東名高速/約110km 沼津IC R136/約40km 修善寺 R414/約20km 河津 R135/約13km 下田 R136/約9km 日野 R136/約0.5km 南楽

名古屋方面から

名古屋IC 東名高速/約200km 沼津IC R136/約40km 修善寺 R414/約20km 河津 R135/約13km 下田 R136/約9km 日野 R136/約0.5km 南楽
トップ ≫ 南楽周辺の観光案内

下賀茂

「伊豆の小京都」のどかな田園風景の中に自噴泉の湯煙が立ち上る温泉場 南伊豆町には、一条、二条、上賀茂、下賀茂と、京の街を偲ばせる地名が多くある。長い歴史の中で都から追われた人々が流人として生活した遠流の地である。流人とは言っても、その人々は高い文化と教養を持った公家 公達と呼ばれる階層の人達で里人の中に埋もれていった都人の望郷の思いが南伊豆町に地名を生んでいったと伝えられている。

弓ヶ浜・逢ヶ浜

弓ヶ浜は、日本白砂青松百選と渚百選に選ればれた景勝の地でもお馴染みですが、集落名は南伊豆町湊が固有名詞。弓ヶ浜はその名の通り弓なりの海岸線が1.2kmにわたって続き、白砂と浜に沿って松林、青い海との調和が美しく伊豆三大美浜の1つです。逢ケ浜は、潮が引くと歩いて渡れるしゅうとめ根、2つの島の間に波が砕けてスズメが鳴くような声を出すスズメ岩、大きな洞門のあるえび穴など、大小の奇岩があます。

手石・小稲

静かで風光明媚 「日本の渚百選」に選ばれた「弓ヶ浜海水浴場」にも近く、「ハマボウ公園」「町営テニスコート」を有し四季折々の花に囲まれ 地区を流れる「青野川」では スズキ・ハゼ・ウナギなどの釣りを楽しむ事ができます。「手石港」は伊豆近海への船釣り・磯釣りへの起点でもあります。また、手石地区は文化財・史跡も多く河畔の桜並木を散策し、自然と共有できる癒しの田園地帯です。

下流

ここの海は岩礁が多い海で岩場に生息しているサザエ・アワビ・伊勢エビ・ヒジキ・岩海苔・天草などが豊富な所です。特に下流の天草は特産品で、春から夏にかけて採った天草を天草倉庫でゴミ取り・選別俵状に圧縮して出荷しています。海女小屋も3つありサザエ・アワビを中心に近場の海に潜って漁をしています。下流にある民宿はほとんどが海女さん民宿で自分で採ってきた魚介類を食卓に出しているので鮮度抜群です。

大瀬

年間通して温暖で霜も下りないので花栽培が盛んな地域。主にアロエ・キンギョソウ・ストック・ストレリチアを栽培している。海の産業は伊勢エビ・魚介類の採取が多く釣り客も多い。花狩り成晃園、アロエセンターなど観光施設もあり、石廊崎へ行く休憩所になっています。沖合いの上人岩・蓑掛岩は特に朝日をからめた撮影に好ポイントです。11月の後半から1月中旬までいたる所でアロエのの花を見ることができます。

石廊崎

伊豆半島最南端の石廊崎は、石廊埼灯台・石室神社・熊野神社が岬にあります。半島南端の景勝地として、大海原沖には伊豆七島が見え、水平線が丸いことがわかります。港には遊覧船もあり、海からの眺めも壮大で、石廊崎港は秋から冬にかけて、渡り鳥・オシドリが飛来する珍しい港です。石室神社は伊豆の七不思議の伝説が残る神社、石廊埼灯台は日本最初の木造灯台など、観光スポットになっています。

中木

伊豆の南端に位置する風待ち港をかまえた漁村。夏場の民宿と太公望の渡船、透き通った海のダイビングが盛んでここでは岩肌に柱状節理の大きい岩盤を見ることができ、変動跡の様子がわかります。伊勢えび・サザエ・アワビ・岩海苔など海産物も豊富で海から上がった魚介類が民宿の食卓を飾ります。特に夏場に渡るヒリゾ海岸はシュノーケリング・磯遊びにはもってこいです。特殊なヘルメットをかぶって潜る海中散歩も人気。

入間

入間は豊かな海のある漁村集落、気候条件が大変厳しく冬場は西風が吹き荒れ、夏は入り江で、海水浴が楽しめる海 ここ入間で採れた岩海苔は「入間海苔」としてブランド品 魚影も濃く年間通して磯釣りが盛んで太公望のより所となっています。民宿・渡船宿があり近くに「伊豆下田カントリーゴルフ」もあります。6月になると、段々畑全てが紫色の「アガパンサス」の花が一面に咲き、全国の出荷量日本一の村でもある。

妻良・吉田

妻が良いと書いてメラと読みます。小さな漁村の地区で漁業と民宿業を兼ねているところが多く魚屋が無く定置網で上がった魚が御膳に並ぶので新鮮そのもの。夏は谷川浜での磯遊びやシュノーケル、8/15の盆踊り、春・秋はバーベキュー民宿コースで朝食にシーフード炭火バーベキューが人気です。この漁村は昭和 56年から漁村体験の村として多くの学校の体験場所で、干物作り、篭網漁釣りなど海の遊びを学ぶことができます。

このページのトップへ