楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

うぐいす谷温泉 竹の葉 (旧:竹葉亭) ようこそうぐいす谷温泉 竹の葉へ.

  • クチコミ・お客さまの声(156件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
客室に露天風呂が有りましたが、シャワー等の設備がなく、湯船だけだったので、使用しませんでした。
2016年10月23日 09:10:32
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

うぐいす谷温泉竹葉亭・料理


お料理


竹林と渓流にかこまれた隠れ湯の宿・ 茨城県北茨城市のうぐいす谷温泉竹葉亭

うぐいす谷温泉竹葉亭問い合わせ

先ご予約はこちら
料理
お料理
目で、舌で堪能する四季折々の海の幸・山の幸

茨城県の沖は黒潮と親潮が交錯していることから、豊かな漁場が形成され、水揚げされる魚の種類も豊富です。
また、年間を通して比較的温暖な気候に恵まれ、山・川・大地と変化に富んだ自然はたくさんのおいしい食材を育んできました。
それら地元の海の幸・山の幸をふんだんに使い、手間を惜しむことなく作る料理は、当館の自慢の一つです。
「心づくしの料理を大切な人と楽しんで、贅沢な時間を味わっていただきたい」そんな想いを込めて料理をお出ししております。

四季の膳

冬はあんこう・春は鯛・夏の岩ガキに秋の戻りガツオ、地産の常陸牛。
当館の料理は、旬の食材をメインに四季折々に内容が変わります。その時期の美味しいものをお楽しみください。
ただいまの時期は『初冬の膳』の献立となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

料理イメージ
           お料理例
 


代表的な食材
 ●あんこう(11月〜3月)
  「西のフグ、東のあんこう」と称され、北茨城の代表的な冬の味覚です。
北茨城に水揚げされるあんこうは、常磐沖の漁場で獲れるもので、ただのあんこうではなく、「きあんこう」と呼ばれる種類のものです。食用としては肝の 脂が上質であることから、きあんこうの方がより美味であるとされています。(北茨城市のホームページより)
身はやわらかく淡白で、上品な味わい。胃や卵巣、ひれ、皮、えらなどは弾力性に富んだ食感が特徴で、噛むほどに味が出ます。一方、肝は栄養の宝庫でコ クのある濃厚な味わいが特徴です。
当館では前菜にもあんこうを使い、鍋以外にも様々なおいしさをお楽しみいただけます。

あんこう
 
あんこう鍋あ

ん肝 



写真:
あんこう鍋
あん肝

 ●常陸牛(4月〜)
  茨城の雄大な自然の中、農家の人達が1頭1頭手塩にかけて育てます。
飼育期間約30ヶ月余りの黒毛和種(和牛)で、食肉取引規格(枝肉格付)においてA4・B4以上に格付された
上質で優秀なものが、『常陸牛』です。
赤身にほどよく脂肪の入った霜降りで、肉質のきめ細かさと柔らかさ・豊かな風味が特徴です。
夏の献立では、しゃぶしゃぶでさっぱりとお召し上がりいただいております。

 ●岩ガキ(6月〜8月)
  冬の時期に一般的に食べられるものは「マガキ」と呼ばれるもので、夏が旬の岩ガキとは別なものです。
岩ガキはマガキに比べて、大きく身がしっかりしています。新鮮な生の岩ガキを味わうと、北茨城の海をそのまま味わっているような豊かな香りが口いっぱ いに広がります。

 ●戻りガツオ(9月〜)
  初夏に日本沿岸の太平洋に近づいたカツオが北上し、北海道あたりまで行くと突然南下を始めます。
それが戻りガツオで、秋に常磐沖で獲れる戻りガツオは、まるまると身が太り、たっぷりと脂を蓄えています。
さっぱりとした初ガツオと比べ、トロッとした口当たりを楽しめます。





Copyright うぐいす谷温泉 竹葉亭 All Right Reserved   〒319-1541 茨城県北茨城市磯原町磯原2275
http://travel.rakuten.co.jp/share/info/shukyaku/img/450_115_02.gif

このページのトップへ