楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯田中温泉 よろづやアネックス湯楽庵 アクセスと長野観光

  • クチコミ・お客さまの声(773件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
 2度目の宿泊です。前回は1ヶ月前に宿泊し、勝手を知っていたのでチェックイン時の説明を省いて頂きました。チェッ...
2016年11月06日 16:43:07
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

湯楽庵スタイル本館よろづやの施設お風呂のご案内客室のご案内お料理のご案内アクセスと長野観光
よろづやアネックスを予約する プラン一覧から選ぶ よろづやANNEXのスタッフのつぶやきブログお得情報満載メルマガ 無料宿泊券プレゼントよろづや 桃山風呂と大露天風呂 本館のご予約国指定登録有形文化財「松籟荘」
東京から電車で約2時間、湯田中駅より徒歩6分

地獄谷野猿公苑、善光寺、小布施など人気の観光地を巡り
志賀高原で大自然の息吹を満喫。



お車をご利用の場合


お車をご利用の場合


東京方面(関越自動車道〜上信越自動車利用)
練馬I.C〜信州中野I.C 225km 約2時間50分
東京方面(中央自動車道〜長野道〜上信越自動車道利用) 高井戸I.C〜信州中野I.C 286km 約3時間40分

中京・阪神方面(中央自動車道〜長野道〜上信越自動車道利用)
名古屋より 272km 約3時間20分  大 阪より 441km 約5時間30分

上越・北陸方面(北陸自動車道・上信越自動車道利用)
新 潟より 179km 約2時間20分   金 沢より 230km 約3時間00分

志賀高原経由 渋川伊香保IC〜R17(渋川経由)〜R145(長野原・大津経由)〜R292(草津経由)〜湯田中 約2時間30分
(草津志賀高原間は11月中旬〜4月下旬の間、冬季交通止めとなっております)


周辺地図

電話番号 0269-33-2117
所在地: 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町大字平隠3077
よろづやアネックス湯楽庵
カーナビ検索 「0269-33-2117」もしくは「よろづやアネックス湯楽庵」「住所」で検索ください。

JRをご利用の場合


東京から電車で約2時間、湯田中駅より徒歩6分。


東京方面(新幹線利用)
東京駅〜長野駅 長野新幹線 あさま 1時間20分 〜湯田中駅 長野電鉄 特急 45分

中京方面(中央線特急利用)
名古屋駅〜長野駅 中央線 特急しなの 2時間50分 〜湯田中駅 長野電鉄 特急 45分

阪神方面(新幹線・中央線特急利用)
新大阪駅〜名古屋駅 新幹線 1時間 〜長野駅 中央線 特急しなの 2時間50分 〜湯田中駅 長野電鉄 特急 45分

北陸方面(北陸線特急・信越本線利用)
金沢駅〜直江津駅 北陸線 1時間50分 〜長野駅 信越本線 1時間30分 〜湯田中駅 長野電鉄 特急 45分


拡大・印刷用はこちら(PDF)

※PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerが必要です。

観光情報


湯田中大湯

小布施
湯田中大湯は1300年の歴史を刻む湯田中温泉発祥の湯です。俳人小林一茶も親しんだ湯です。かつては東の湯田中・西の道後と並び称された共同浴場です。
北信濃の経済の中心地として栄えた「小布施」。ここには北斎や一茶など多くの文人墨客を招き、その中から小布施独自の風情豊かな文化が生まれてきました。

善光寺 地獄谷野猿公苑
すべての人が宗教にこだわる事なく、お参りにきたすべての人を極楽浄土に導いてくれることから「一生に一度は参れ善光寺」と言われている長野県最大の観光地です。
地獄谷野猿公苑は温泉から地獄谷まで眼下に横湯川をみながら山道を30分。世界で唯一の専用の温泉でおサルが入浴を楽しむユーモラスな光景を観察できます。

田中本家博物館 北斎館
田中本家博物館は蔵の多い情緒ある町・須坂の豪商田中家代々の生活調度品などを展示。
日本唯一の北斎の肉筆画を展示している北斎館。小布施の町おこしはここから始まりました。

志賀高原 松川渓谷
湯楽庵をお膝元に抱える高原季節折々、楽しみ方は無限大。春は高原植物を、夏は高原のさわやかさを、秋は紅葉の美しさ、冬はスキーで志賀高原をお楽しみ下さい。
松川渓谷は志賀高原や万座の山を源とし、所によっては緩やかに流れ、所によっては豪快な滝となって渓谷を流れています。


このページのトップへ