楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

蓼科温泉ホテル 親湯 7つの魅力

  • クチコミ・お客さまの声(722件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
リピータです。夫婦ともにお食事が美味しく、館内のシックで落ち着いた図書館のような雰囲気のこちらのホテルのファン...
2016年12月05日 22:45:05
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

親湯の一番の特徴は、お部屋が4種類からお選びいただけることです。山間の澄んだおいしい空気。耳をすませば聞こえる川の音。鳥の声を聞きながらのモーニングコーヒー。あなたは、どの部屋でお過ごしになりますか?蓼科の別荘をテーマにしたスイートルーム 「蓼科倶楽部」洋室タイプと和洋室タイプがあります。

■親湯で一番予約が多いお部屋「清流亭」
純和室の12.5畳、憧れのお部屋食や様々なニーズにあったプランが魅力です。

■別荘感覚の和室 「山月亭」一般客室
10畳の和室と6畳のリビング付のお部屋です。

■親湯に一番安く宿泊できるお部屋
 「すずらん亭」

8畳の和室 1万円前後で宿泊できるのが魅力です。

親湯ではお部屋の違いで料金が異なります。しかし、基本サービスや料理などの差はありません。 ご予算や旅行の目的によってお選び下さい。
まず温泉のお話をさせていただきますと、親湯温泉は開湯400年の武田信玄の隠し湯という歴史を持ちます。
昔から今も変わらず毎分400リットルで湧出している自家源泉は、さらりとした透明色で肌を優しく潤してくれる弱酸性。地元のお客様もよくご利用いただいている人気の泉質です。
朝晩ご入浴いただければ、きっとお肌がツルツルになっていく実感を得ていただけると思います。

 

大浴場は防菌防カビで滑りにくい特殊素材で作られたお座敷風呂。小さなお子様が転ばれたとしても怪我しにくいのが好評です。お座敷風呂は夜中も入浴できますので、お風呂場に行って閉まっていたという残念な思いをされることはありません。
大浴場は防菌防カビで滑りにくい特殊素材で作られたお座敷風呂。小さなお子様が転ばれたとしても怪我しにくいのが好評です。お座敷風呂は夜中も入浴できますので、お風呂場に行って閉まっていたという残念な思いをされることはありません。
親湯の代名詞とも言える貸切露天風呂。全お客様に30分無料で貸切サービスしております。貸切露天風呂からも目の前に広がる渓流と山間の自然を望むことができます。朝は空いていればご自由にご利用いただけるようになっております。
リゾート地は、どなたにとっても特別な場所です。ですから、リゾート地では何もかもが特別でなくてはならない。私たちはそう考えています。そして、この蓼科という自然に恵まれた地に訪れた方々に、「特別」を提供する義務があると考えています。特別な地で、特別な料理を味わっていいただく。それが私たちが料理に込める思いです。

人気のコース料理「蓼科キュイジーヌ」は、リゾート地である蓼科に来られた方々が味わえるもう一つの「特別」なのです。その「特別」は、すべての料理を手作業により調理をすることはもちろん。自然な味わいを感じていただけるために、調理長芹澤が開発した創作料理です。

創作料理のメインは、蓼科牛。

食していただければおわかりいただけますが、このお肉は特別です。見ても鮮やかな蓼科牛の霜降りは、常温では溶けてしまうほど上質。噛むとやわらかいお肉の感触と一緒に霜降りの脂の甘い味が口いっぱいに広がります。調理長特製のシャリアピンソースとの愛称も抜群。
きっとあなた様にも喜んでいただけることでしょう。

そのほか、自然を生かした一つ一つの食材は、決して特別な高級食材ではありませんが、お客様にリーズナブルな価格で「特別」を堪能していただこうと毎回工夫を凝らしたものばかりです。

「蓼科キュイジーヌ」
リゾート地蓼科のもう一つの「特別」をぜひともご堪能ください。
平成18年3月親湯のロビーに9つのショップが誕生しました。テーマは「思わず手をつなぎたくなるショップストリート」。どれもお客様が見て歩くだけでも暇を持て余すことのない、選りすぐりのショップばかりです。
気分や体調は日によって違います。 特に旅行中であれば、尚更のこと。当日の体調をお伺いして、あなたにぴったりのアロマやプランを決めていただくことが、よりいっそうの効果をもたらします。

このページのトップへ