楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

エコノミーホテルほていや 周辺観光案内(後期)

  • クチコミ・お客さまの声(1517件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
東京出張が金曜となり、新幹線で慌ただしく帰宅するのは嫌で、今回利用させていただきました。南千住での宿泊は過去何...
2016年11月27日 20:19:59
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

イメージ写真
詳細情報
→ 住所
〒111-0021
東京都台東区日本堤1-23-9 吉野通り前
→ TEL:03-3875-5912
→ FAX:03-3807-2660
→ チェックイン:16:00
(最終チェックイン:23:00)
→ チェックアウト:10:00
→ 交通アクセス
東京メトロ日比谷線「南千住駅」南改札より徒歩8分/JR、つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩9分/都バス「清川2丁目」すぐ
→ 駐車場
無し(近くのコイン式駐車場をご紹介してます)
 2016年 周辺観光案内(後期)

当店から徒歩20分歩けば江戸の雰囲気漂う浅草寺に辿り着けます。周辺は、名所・旧跡はもとより三社祭はじめ四季折々多彩な催しが行なわれる街です。
   ◇ 北部浅草からの賢い観光 ◇
①100円循環バス「めぐりん」。下町の裏道を巡る小型バスはミニ観光案内付きで3ルートを無料で乗継出来ます。
②永井荷風は昔あった伝説の料理屋「八百善」で結婚式を挙げ、池波正太郎は山谷近くの聖天町で生まれ育った。江戸の食文化が開花した山谷周辺で旨い物を食べ歩きながら充実の散策を!
③山谷堀から新吉原、小塚原のお仕置き場から奥の細道の起点千住大橋へ…。周辺は、時代小説や歌舞伎、落語の舞台で歴史の宝庫と言えます。 
◆入谷朝顔まつり(入谷)
【7月6日〜8日】
「恐れ入谷の鬼子母神」と昔から鬼子母神を祀っている有名な真源寺周辺で開かれる市。近い時期には近くのかっぱ橋本通り商店街で「下町七夕まつり」という町興しのイベントも開催、上野から浅草へ続く七夕ロードが綺麗で、○日〜○日には飾りの下で気の利いた余興も見れる。
◆四万六千日・ほおずき市
【7月9日・10日】
毎月18日の観音様の縁日の他に功徳日があるそうで、その中でも7月10日の四万六千日は、一年でも最も多数日の功徳日とされ、127年間も日参したと同じ利得を授かると言われ、ほおずき市も四万六千日と同じ日に催されている。当日境内には数多くの露店商の屋台が立並ぶ。
◆隅田川花火大会(隅田川)
【7月下旬】
東京下町の夏の風物詩、隅田川花火大会。大災害の死者を弔うため1733年(享保18年)両国の川開きに花火を催したのが始まりで、以来中断があっても数百年の歴史の花火大会です。例年人出は100万人規模で下町の広大な住宅街が花火会場になってしまうもの凄い大会。
◆圓朝まつり(全生庵外)
【8月1日〜31日】
近代創作落語の祖「三遊亭圓朝」を偲び8月に谷中の全生庵で開催、氏の幽霊画も公開される。命日近くの日曜日には「圓朝まつり」という芸人のお祭りもあり、奉納落語会や芸人屋台も出て出囃子のリクエストも出来る。お馴染の落語家と洒落合いながら至近距離で触合える祭。
◆浅草サンバカーニバル
【8月27日】
「浅草に全く浅草らしくないものを」とバンジュンこと伴淳三郎氏らが提唱、以来浅草の人気あるイベントのひとつとなった。本場顔負け派手な衣装の踊り手が浅草寺周辺を集団で移動する光景はミスマッチで面白い。大勢の南米系の観客が故郷を懐かしんで踊り出す姿も見れる。
◆東京時代まつり
【開催するか不明】
1989年(平成元年)に始った「東京時代まつり」。浅草寺の起源から昭和までの歴史絵巻のパレードで、東京の動く歴史を浅草で堪能することが出来る。当日、雷門通りの車道に観覧スペースを設置。意外や簡単に席がキープ出来て無料でパフォーマンスも楽しめるらしい。
◆酉の市(鷲神社周辺)
【11月11日・23日】
年の瀬を待つ北部浅草一番の祭り。毎年11月の酉の日に開催され、商売繁盛の“かっこめ”という熊手の市が立ち、露店(屋台)が出る大変に賑やかな催しです。各日午前零時から24時間、前日の夜中から始まる。江戸時代からの熊手御守は千円で鷲(おおとり)神社で買える。
◆一葉祭(一葉記念館周辺)
【11月下旬】
新五千円札の肖像で知られる樋口一葉。実は昔『ほていや』から1キロ程の場所に住んでいて万屋を営なみながら「たけくらべ」を書いたという。その実家近くには一葉記念館があるが、一葉祭当日は入館無料、各種イベントの催しや路上で町興しの模擬店などが出る。
◆羽子板市(浅草寺境内)
【12月17〜19日】
浅草の師走の風物詩と言えば浅草寺境内で開かれる羽子板市でしょう。元は歳の市と、戦後からは羽子板市と呼ばれる様になった伝統ある市です。羽子板は“邪気を跳ね(羽)返す”と親が女の子の成長を願うことからきた風習で、その年の世相を板に表現したものも飾られる。

このページのトップへ