楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

由布院温泉 貸別荘 湯布院ヴィラハウスH 貸別荘とは?

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

地図
施設関連情報

貸別荘って何?

貸別荘は1戸建や連棟式の施設のことで、キッチン設備や寝室、リビングなどが整い自由に楽しめます。
海外では1週間単位で貸すと云うのが一般的ですが日本では1泊単位で利用出来ます。
建物1棟を丸々借りられるところがホテルや旅館との決定的な違いがあり料金もリーズナブルで
それが最大のメリットと言えます。
ホテルや旅館では隣や上下の階のお部屋に他のお客さんが宿泊しています。
そのためお子供がいて他のお客様のご迷惑をかけるかも?といった場合や、
仲間同士気兼ねなく宿泊したい!といった方に最適なのが貸別荘と言えるでしょう。


ただし、その分多少面倒な点もあります。
1.当社の貸別荘では食事はつきません。食事に関しては自炊が基本になります。
キッチン(調理道具や冷蔵庫、炊飯器、レンジ、お皿は準備しています)がどの別荘にも
ついておりますので、別荘に向かわれる途中のスーパーなどで買い物をしてくれば大丈夫です。
もちろん、外食で済ませたり、お惣菜類を買ってきて簡単に食事を済ませるのもいいでしょう。
当社の別荘はそのほとんどが静養のために建てられている関係上、山の中が多く、
近くにスーパーや食べるところはほとんどありませんのでお気をつけください。
また、ベランダには無料貸出のバーベキューコンロが置いてありますので(炭はご持参ください)、
気軽にバーベキュー大会ができますよ。


2.寝巻きやアメニティ品(シャンプーや歯ブラシなど)は持参です。
お布団やシーツ類はご準備できますが、アメニティ品はありませんので、
ご持参していただく必要がございます。
また、布団の上げ下ろしや、使った食器の後片付け等もご自身でお願いしております。

■別荘にある備品
食器
・皿(大中小)・ご飯茶碗 ・お椀 ・お箸 ・グラス ・マグカップ
・スプーン ・湯呑み ・急須 ・やかん ・鍋(大中小) ・おたま
・フライ返し ・缶切り ・包丁 ・まな板 ・ボウルセット ・フライパン

家電品
・冷蔵庫 ・炊飯器 ・電子レンジ ・トースター ・テレビ ・掃除機

暖房器具
・ストーブ ・こたつ ・扇風機 ・クーラー(一部別荘。夏場に冷房費を頂く別荘にはついております)

その他
・布団セット(定員分) ・毛布(定員分) ・シーツ、枕カバー(定員分)
・バーベキューコンロ ・火ばさみ ・カセットコンロ

消耗品
・台所洗剤 ・スポンジ ・トイレットペーパー

■お客様に用意して頂く物
・食材(調味料を含む) ・バーベキューの炭 ・洗面具 ・寝巻 ・タオル類 ・懐中電灯
・シャンプー、リンス、石鹸類 ・カセットコンロのガスボンベ ・割り箸

■持っていくと便利なお勧めグッズ
・バーベキューの網(備え付けもありますが、使用後は油よごれがある) ・軍手 ・うちわ
・着火剤 ・雨天のバーベキュー用に備えてホットプレート
・土鍋やすき焼き鍋などの特殊な鍋や調理器具
・食器用の布巾またはキッチンペーパー ・アルミホイルやラップ
・ビニール袋 ・殺虫剤や虫よけスプレー ・トランプやゲーム
・日没後にチェックインされる場合は懐中電灯が必要 ・夏でも朝夕は冷えるので防寒着


3.車でお越しください
あと気をつけていただきたいのは、別荘は観光地にあるホテルなどと違って、
駅やバス停からは遠いところに建っている点です。
一旦、別荘に入られますと、車がないと何か買い忘れたりするとタクシーを呼んだりと
不便なことが多いですので、ぜひ車でお越しくださいますようにお願いいたします。
遠方からいらっしゃる方はレンタカーを借りられることをオススメいたします。


またこちらには寝室のみにクーラーがついております。
天候のことですので絶対とは言えませんが朝、晩は比較的涼しいですよ。
自然の風に吹かれて過ごされるのもよろしいのではないのでしょうか?

当社が扱っております貸別荘は九州の各地にあらゆるタイプの貸別荘をご用意しております。
いずれも各オーナーさんが所有しており、趣向を凝らしています。温泉付の別荘も数多くございます。

オーナー様の所有物ですのでルールやマナーが大切になってきますのでお客様のご協力と
ご理解が必要になってまいります。
キーワードは「やさしさと思いやり」「自然を大切に」です。


このページのトップへ