楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

山翠楼SANSUIROU 宿からのお知らせ

  • クチコミ・お客さまの声(82件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
家族で利用しました。料理は大人はもちろん、子供食も美味しく、3歳の子供は完食でした。ただ、残念だったのは、9月...
2016年10月02日 19:57:09
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト


◆姉妹館「海石榴」で蛍を鑑賞 <6月11日〜26日 迎賓館長寿楽>

蛍の時期だけ特別に、山翠楼ご宿泊の方も、
海石榴迎賓館の長寿楽にて庭園の蛍が楽しめます。

うす明かりの中でみる蛍の舞う交うひかり。とても幻想的な雰囲気に包まれます。

期 間  6月11日(土)〜6月26日(日) 予定
場 所 海石榴迎賓館 長寿楽(ちょうじゅらく) 
   ※山翠楼より海石榴まで徒歩2〜3分

★ 湯河原にて蛍を楽しむご優待プランをご用意しました ★

蛍の宴〜幻想的な風景に出会う夜 <6/1〜26◇特別ご優待プラン>
⇒ http://hotel.travel.rakuten.co.jp/PLAN/28467/3731171

※蛍の生息状況によりご覧いただけない場合がございます。ご了承願います。


◆【湯河原】蛍のイベント <6月1日(水)〜13日(月)>

水の清らかな湯河原ならではの初夏のイベント!「ほたるの宴」
夜のとばりがおりるころ、万葉公園の水際にゲンジボタルが舞い踊ります。

園内に流れる清流、滝などを見ながら散策できる広大な敷地で、
せせらぎと風がなびく自然の音響の中、ゆらゆらと舞う姿は幻想的。
暗闇の中に蛍が舞う、昔懐かしい風景をお楽しみください。

◆開催期間/平成28年6月1日(水)〜13日(月)
時間/19:30〜21:00
場所/万葉公園内花木園
   山翠楼よりお車で約7分

夏はたくさんの紫陽花がお迎えします <6月下旬〜夏>

姉妹館・海石榴の敷地内清流散策路では6月下旬から夏にかけて
たくさんの紫陽花が可愛らしい姿を見せます。
青葉と彩り豊かな紫陽花が目を潤し、皆様をお迎えいたします。

※姉妹館(海石榴)の散策路入口へは、徒歩10分程。
 やや登り坂となっております。
※お車の駐車場も2台スペースがございます(散策路入口すぐ)
※ご宿泊時はご自由にご覧くださいませ。

◆ご家族での思い出づくりのご宿泊にもおすすめです。

山翠楼では、ご家族でのご宿泊や三世代でのご宿泊にもご利用いただいております。
未就学児向けに「お子様ランチ風」の夕食もご用意可能になりました。
お子様が思わず笑顔になる、可愛らしいお料理となっております。
●お一人様2000円(税別/対象:未就学児) ※事前のご予約で承ります。
お子様用いす(先着順)もご用意可能ですので、
ご希望の際は事前にお申し付けくださいませ。


◆世界文化遺産「富士山」観賞スポットへは車で20分

2013年6月、富士山が世界文化遺産に登録されました。
日本を象徴するの富士山は、古来から「霊峰」と呼ばれる信仰の山。
富士山の美しくそびえ立つ雄姿を見ると、多くの人々がなぜ
富士を崇めたか、分かるような気持ちがいたします。
宿から富士山鑑賞地点(箱根)までお車で約20分。
たくさんの鑑賞スポットがあり、雄大な富士を目の前にご覧いただけます。


◆箱根ジオパークに位置する自然豊かな湯河原

箱根ジオパークは箱根火山、いわゆるジオの恵みを享受している
箱根町、小田原町、真鶴町、湯河原町からなるエリア。
この地域に所在する温泉は古くから知られ、
なかでも湯河原温泉は万葉集でも歌われた歴史ある温泉。
相模湾を東に望み、三方を山々に囲まれた自然あふれる環境です。
東京から90kmと、首都圏からも訪れやすく、
気軽に大自然にふれることができます。


◆山翠楼へは、バスのご利用も便利です

奥湯河原へは【電車とバス】か、【お車】、
どちらも便利ですが、バスですと最寄の湯河原駅から
路線バスが10〜20分間隔で出ておりますので大変便利です。
(乗車時間は約20分/最終20時台まで運行)

バス乗り場は改札を出て左斜め前にございます。
※バス停が少ないので、分かりやすくなっております。
山翠楼ご来館は、終点の「奥湯河原」までお越しください。
停留所下車した後、道を少し下るとすぐ左横に山翠楼がございます。

※行先は「奥湯河原行き」か「不動滝」のみ。
奥湯河原へは「奥湯河原行き」バスにご乗車ください。
※「不動滝」に乗りますと、奥湯河原まで到着しませんのでご注意ください。
※道路が混み合う休日などは、電車とバスの御利用が大変便利です。


このページのトップへ