楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

盛岡シティホテル 観光案内

  • クチコミ・お客さまの声(2267件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
飛行機に乗れなくなり急遽の泊でも心のこもった応対に感謝いたします
2016年11月30日 22:12:55
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

観光案内

盛岡さんさ踊り

盛岡さんさ踊り

藩政時代から伝わる盆踊り「さんさ踊り」が中央通で繰り広げられます。その昔三ツ石神社の境内で、人々が悪鬼退散を喜んで踊ったのが始まりといわれています。現在では踊り手、笛、太鼓あわせて3万6千人ほどの群衆となり、バトントワラー、マーチングバンドもパレードして祭りを盛り上げます。

開催日 8月1日〜4日
場所 中央通(市役所前〜旧三戸町交差点)
TEL 019-624-5880(さんさ踊り実行委員会)
URL http://www.sansaodori.jp/info/

上の橋

上の橋

上の橋は南部藩主利直公が盛岡城を築くと同時に中津川に架けた橋。欄干を飾る青銅製の擬宝珠のうち、慶長14年(1609)の銘が刻まれているものが8個、慶長16年(1611)の銘が刻まれているものが10個あります。これほど多数残っているのは大変珍しく、昭和20年、国の重要美術品に指定されました。

場所 盛岡市
TEL 019-604-3305 (財)盛岡観光コンベンション協会
URL http://www.hellomorioka.jp/

報恩寺(五百羅漢)

報恩寺(五百羅漢)

曹洞宗の古刹、本尊は廬舎那仏。古梵鐘、蓮華八角柱塔、羅漢堂があり、羅漢堂に納められる羅漢像は、京都の九人の仏師のてにより、享保16年(1731)から4年を費やして作られました。全て寄せ木造り、漆塗りで、像の中にはマルコポーロ、フビライなども見られ、盛岡市指定の文化財となっています。

場所 盛岡市
営業時間 9:00 am 〜4:00 pm(無休)
TEL 019-651-4415(報恩寺)
URL http://www.hellomorioka.jp/

盛岡城跡公園

盛岡城跡公園

南部藩主の居城であった盛岡城の旧跡。現在も残っている石垣は、全国的にも稀な複数の積み方を採用されています。また、様々な木々の溢れる公園として四季を通じた市民の憩いの場となっております。

場所 盛岡市
TEL 019-604-3305 (財)盛岡観光コンベンション協会
URL http://www.hellomorioka.jp/

石割桜

石割桜

盛岡地方裁判所前の樹齢350年を超える桜です。石を割り雄々しく佇む姿は、岩手県の県民性を表すシンボルの一つとも言われます。品種はアズマヒガンザクラ。盛岡市民は花が咲く季節以外にも、秋の紅葉や冬の雪囲いなど、石割桜の様子で四季を感じとります。

場所 盛岡市
TEL 019-604-3305 (財)盛岡観光コンベンション協会
URL http://www.hellomorioka.jp/

岩山展望台

岩山展望台

市街より東にある標高340mの岩山山頂より、盛岡の町や岩手山を一望できます。

場所 盛岡市
TEL 019-604-3305 (財)盛岡観光コンベンション協会
URL http://www.city.morioka.iwate.jp/

高松の池

高松の池

周囲約4キロの人工池。春には1,000本ほどの桜が咲き、夏はボート、秋は紅葉と市民の身近なレクリエーションの場となっています。紅葉の見頃は10月下旬〜11月上旬頃です。

場所 盛岡市
TEL 019-604-3305 (財)盛岡観光コンベンション協会
URL http://www.hellomorioka.jp/

盛岡シティホテル

〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通8-14

このページのトップへ