楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

人吉温泉 清流山水花 あゆの里 人吉観光情報

  • クチコミ・お客さまの声(428件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
いつ泊まっても幸せな気持ちになれます。広々としたお部屋でとっても快適でした。また、球磨川側ではないお部屋に泊ま...
2016年12月08日 15:49:04
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

sightseeing
清流山水花あゆの里 Ryokan Ayunosato
楽天トラベル国内宿泊予約ダイヤル 050-2017-8989  年中無休・24時間対応

観光列車アクセス情報 へ
●川線
熊本駅方面〜人吉駅。球磨川沿いを走る。
・九州横断特急 … 大分から人吉まで、九州の真ん中を横断する列車です。
 九州の真ん中をズバッと横断する真っ赤なボディ。日本最大級の温泉地・別府から世界有数のカルデラを有する阿蘇、ゆったりと流れる球磨川沿いを通って人吉の山里へ。風光明媚な自然を駆け抜ける、中部九州観光のダイジェスト版。(JR九州サイトより抜粋)

  九州横断特急についてはこちら → 特急 九州横断特急 | JR九州の列車たち 〜JR九州 観光列車【D&S列車】・新幹線〜

・SL人吉 … 昔ながらの蒸気機関車「SL人吉」。春〜秋の期間限定で1日1往復のみ運行。
 汽笛の音、吹き上げる煙、しっかりと大地を蹴りながら走るSLの鼓動や、変る事のない球磨川沿いの美しい風景が、時代を超えて感動を与えてくれます。車内には展望ラウンジやミュージアムもあり、全国屈指の人気列車です。(JR九州サイトより抜粋)

  SL人吉についてはこちら → SL人吉 | JR九州の列車たち 〜JR九州 観光列車【D&S列車】・新幹線〜


九州横断特急
九州横断特急
SL人吉
SL人吉

●山線
人吉駅〜鹿児島方面。
 南九州山稜を抜ける、広大な山の景色を一望する「いさぶろう・しんぺい号」。
 熊本県人吉と鹿児島県吉松を結ぶ列車。吉松行きが「いさぶろう」、人吉行きが「しんぺい」と明時代の偉人にちなんだネーミングです。霧島連山や桜島を望む「日本三大車窓」のパノラマを、大きな窓から楽しめます。(JRサイトより抜粋)

  いさぶろう号・しんぺい号についてはこちら → いさぶろう・しんぺい | JR九州の列車たち 〜JR九州 観光列車【D&S列車】・新幹線〜


いさぶろう・しんぺい号
いさぶろう・しんぺい号
日本三大車窓
スイッチバック

●田線
人吉・球磨地方のローカル線、くま川鉄道。
人吉駅〜湯前駅を走行、人吉球磨地方を横断する、のどかな田畑の風景を眺める観光列車「田園シンフォニー」。窓は広く、まるで動く絵画をみているような車窓を楽しめ、車内には観光案内放送と、かすかに聞こえる音楽があたたかく包んでくれます。

田園シンフォニーについてはこちら(乗車に関するお問い合わせもこちら) → くま川鉄道 田園シンフォニー


田園シンフォニー
田園シンフォニー
田園シンフォニー 車内
田園シンフォニー 車内

日本三急流 球磨川での3つの楽しみ方プラン一覧 へ
 人吉球磨地方を横断するように流れる、日本三大急流「球磨川」。あゆの里はこの球磨川沿いにございます。
 球磨川は、熊本県南部の人吉盆地を貫流し川辺川をはじめとする支流を併せながら、八代平野に至り八代海(不知火海)に注ぐ一級河川で、球磨川水系の本流である。熊本県内最大の川であり、最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つでもある。(くま川下りサイトより抜粋)


川遊び
◆ 夏の季節に! ◆
 球磨川の支流である万江川の、流れが比較的穏やかな場所では、自然のプールとして夏のアウトドア・川遊びにベストです。
 山々に囲まれ、自然豊かな中でのアウトドアをお楽しみいただけます。
※監視員はおりませんので、十分にお気を付けください。お子様だけのご利用はご遠慮ください。

くま川下り
 人吉球磨に来たら一度は体験したい観光、くま川下り。人吉から出発するコースでは、あゆの里の前を通ります。
 人吉の市街から、自然豊かな山々に囲まれる風景をお楽しみください。

くま川下りについてはこちら →
日本三大急流くま川下り|くま川下り株式会社 | ホームページ


ラフティング
 夏の川遊びアクティビティといえば、ラフティング!九州でラフティングができるのは人吉球磨だけなんです。
 日本三急流の球磨川をゴムボートでダイナミックに下っていきます。

ラフティングについてはこちら →
球磨川ラフティング/ランドアース

蔵めぐり
球磨焼酎 酒造 蔵めぐり
 世界貿易機関WTOによって、地名を冠することを認められており、「球磨焼酎」は「スコッチウイスキー」や「ボルドーワイン」などと共に肩を並べるブランドの米焼酎です。人吉球磨には焼酎の蔵元が全部で28あり、それぞれのこだわりの焼酎を醸造しています。

★あゆの里周辺、見学可能酒造
・深野酒造  あゆの里より車で15分
 代表焼酎「彩葉(さいば)」「誉の露(ほまれのつゆ)」「リキュール くろろ」
 こだわりの甕仕込み。江戸末期に手づくりで作られたという土甕(どがめ)の中ではもろみがふつふつと音を立て、熟成の時を刻む。伝統の味と香りを大切にした焼酎造りへの熱い思いは歴史とともに受け継がれ、時代に融合し、進化し続ける。(深野酒造パンフレットより抜粋)
・繊月酒造  あゆの里より歩いて5分
 代表焼酎「繊月(せんげつ)」「峰の露(みねのつゆ)」「たる繊月」
 繊月酒造は創業当初から杜氏と蔵子をきちんと社内に置いて製品づくりを続けてきました。そのため、100年を経た今でも高度な技術が確実に受け継がれ、安定した味と品質を守っています。(繊月酒造パンフレットより抜粋)
・高橋酒造「白岳伝承蔵」  あゆの里より車で20分
 代表焼酎「白岳(はくたけ)」「しろ」「あの頃の梅酒」
 創業・明治33年以来、ひたむきな思いで本格米焼酎を造り続けている高橋酒造、受け継がれてきた伝統はそのままに、製法に磨きをかけ生まれた「白岳」「しろ」「金しろ」「銀しろ」「待宵」。良質な米と、人吉球磨の清冽な水から、職人の技が生み出す本格米焼酎は、すっきりとした飲み口と上品で芳醇な香りが特徴です。(高橋酒造ホームページより抜粋)


球磨焼酎 イメージ
深野酒造
繊月酒造
白岳焼酎ミュージアム

みそ・しょうゆ蔵 〜釜田醸造所〜
 球磨川の清澄な水質と、自然をベースに醤油の生命である「天然もろみ」を当地方で唯一醸造、堅持し、本物の醤油・味噌の醸造に専念しています。
 「みそ・しょうゆ蔵」ではその生産工程をご覧いただき、見学の後は大正ロマン漂う商家の応接室やロビーでゆっくりと、くつろぐことができます。(蔵めぐりパンフレットより抜粋)
お茶蔵 〜お茶の五木園〜
 明治五年に建立されたお茶蔵は、明治十年の西南戦争にも耐えた土蔵で、お茶をはじめいろんな山産物の貯蔵にも使ってきたものです。
 人吉球磨地方は、古来、天然の山茶が育つ、お茶の栽培に適した所で、当社は創業一三〇余年、お茶とともに歩いています。近年は抹茶を使ったスイーツも製造・販売しています。
 又、支店「梅花庵」でも抹茶を使った和洋菓子の販売のほか、和風喫茶コーナーも設け、皆様のご来店をお待ち申しております。(蔵めぐりパンフレットより抜粋)
 
楽天トラベル国内宿泊ダイヤル
清流山水花あゆの里〒868-0004 熊本県人吉市九日町30番地
TEL:0966-22-2171 FAX:0966-22-4015
●JR肥薩線人吉駅から車で約5分
●九州自動車道 人吉ICより車で約10分
★人吉駅・人吉IC〜あゆの里間の送迎あり

このページのトップへ