楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

旅館 きよた 宿泊レポート

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
宿の場所は路面電車の荒町駅から歩いて2分程度、シダックスの裏の辺りです。名前から想像できる通り、昭和レトロの雰...
2015年08月30日 08:47:42
続きを読む
地図
施設関連情報

宿泊レポート「ちょっと不便を楽しむ宿」

2015年1月富山市のきよた旅館に一泊しました。訪問先近くのホテルがとれず、ようやく見つけた旅館です。 風呂・トイレ別、エレベーター無しなど不安はいろいろありましたが、予想外に居心地のいい滞在になりました。

路面電車に乗って宿へ

JR富山駅

JR北陸線富山駅に到着。富山駅は北陸新幹線開業にむけて駅は改修工事中。

路面電車

富山駅前から路面電車に乗って宿に向かいます。

荒町

富山駅から約5分の「荒町」で下車。

シダックス

さて、きよた旅館は交差点のカラオケシダックスの裏手にあるとのこと。

きよた旅館

路地に入ると看板を発見。昭和情緒たっぷりな外観です。

チェックイン

ロビー

期待を裏切らない昭和なロビー。

おかみさん

スリッパにはきかえて、フロントへ。おかみさんが迎えてくれました。

宿帳

宿帳もひと味ちがう。

階段

部屋は3階。エレベーターがないので階段で3階へ

銭湯がおすすめ

階段の途中に銭湯案内の張り紙が。なんでも富山県は日本で一番銭湯が多い県だそうです。 銭湯にはずいぶん行っていないので気になります。

お部屋

ゆりの間

3階に到着。部屋はゆりの間。

入り口から

ゆったりとしたお部屋です。ひとりで泊まるには贅沢な感じ。

座卓とテレビ

座卓とテレビ

ソファーとテーブル

レトロでモダンなソファーとテーブル。

窓際の洗面台

窓際に小さな洗面台

館内をウロウロ

共用スペース

部屋のそばには共用スペース。ここでWi-Fiを利用できるようです。

食堂

昭和40年代生まれにはたまらなく懐かしい雰囲気の食堂。

お手洗いと洗面所

お手洗いと洗面所。

お風呂場

お風呂場を覗いてみました。思ったほど狭くはありませんが、やっぱり銭湯に行こうかな・・・

洗面台のアメニティー

ケア用品は自由に使えるようです。

洗面台のアメニティー

ロビーのテレビコーナー。

洗面台のアメニティー

フロントのたぬき。

散策

夕食までまだ時間があるし天気もいいので、富山のまちをぶらぶらすることにしました。

おかみさんが教えてくれた、名水百選に選ばれたという「延命地蔵の水」にいこうと思います。 その帰りに銭湯にも寄ってこようかと。

歩いても10分ほどの距離だそうですが、おかみさんが自転車がいいというので、シクロシティという共用レンタサイクルで行くことにします。 フロントで、銭湯セットとレンタサイクルの一日パスを借りました。

銭湯セット

銭湯セット。シャンプー、石けん、タオル3枚。無料なのでうれしいです。

シクロシティ一日パス

旅行者用の一日パス。半額キャンペーン中でした。

シクロシティ・ステーション

交差点を渡るとすぐにレンタサイクル「シクロシティ」のステーション。 30分以内にステーションに戻せば料金がかからないそうです。ステーションは17か所あるので便利ですね。

商店街

商店街を抜けて

石倉町の延命地蔵

まずは石倉町の延命地蔵に。水を汲みに来る人がたくさんいました。ここは作家宮本輝さんの小説「螢川」の舞台にもなったそうです。

湧き水

龍の口から水がわき出ています。万病に効くといわれるお水をいただきました。冷たくて美味しい水です。

彫刻

見事な彫刻

鯉の口から水

川の向かい側では鯉の口から水が。

いたち川とお地蔵さん

このいたち川沿いにはたくさんのお地蔵さんと湧き水があるようです。

川べりの散歩道

川べりの散歩道を自転車でのんびり走ります。春にはきっと桜がきれいでしょう。

床屋さん

郷愁をさそう床屋さんを見つけました。こんな発見があるから散歩は楽しいものです。

池田屋安兵衛商店前

富山名物の薬屋さん「池田屋安兵衛商店」ものぞいてきました。ここで自転車を返します。

池田屋安兵衛商店

歴史を感じる店構え。昔懐かしいパッケージの薬が売っていました。薬膳料理も食べられるようです。

藤の湯エントランス

歩いて5分ほどで銭湯「藤の湯」につきました。

藤の湯の湯船

早い時間のせいか誰もいないので湯船も撮影。テルマエ・ロマエを思わせる浴槽でのんびりできました。

夕食

宿に帰っていよいよ夕食です。

夕食の献立

献立はお刺身、煮付け、グラタン、いくらのおろし和え、お漬け物、りんごとみかん。 きどったお料理ではなく家庭的な料理です。その日に一番いい食材を仕入れて調理しているそうです。 ごはんがおいしい!さすが富山。

お茶をもってきてくれるおかみさん

おかみさんと銭湯の話やお水の話、旅行の話。ついつい長話してしまいました。そろそろお部屋に戻ります。

お腹もいっぱいになって、部屋でごろごろしているうちに寝てしまいました。

翌朝

歯磨き

洗面所で歯磨き。用意されている歯磨きを使わせてもらいます。

お見送り

お会計をして宿を出ます。おかみさんが見送ってくれました。

ちょっと不便を楽しむ宿

駅からちょっと離れている。
トイレに行くには部屋を出る。
お風呂に行くには宿を出る。
車ではなく自転車にのってみる。

いろんな不便がある宿だから
初めての街をあるき、
その街の人と語らう
旅らしい旅ができました。

取材・制作 パドルアンドチャート

このページのトップへ