楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

箱根湯本温泉 湯本富士屋ホテル 周辺観光案内

  • クチコミ・お客さまの声(769件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
雪にも出会って、楽しんでいる人を見てこちらも嬉しくなりました。 
2016年12月05日 15:37:41
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

ぐるっと箱根旅

箱根は観光スポットがたくさん

豊かな自然とアートを楽しむ美術館の旅へ!

箱根にきたら美術館をめぐるのもオススメです。
箱根の美術館は、国内外問わず集められたアートを楽しめるのはもちろん、豊かな自然に囲まれていることも特徴です。
美を満喫した後は、箱根の自然に囲まれながらゆっくりくつろいでみてはいかがでしょうか。

箱根湯本〜強羅エリア
箱根湯本から強羅をつなぐ、箱根登山鉄道に乗って箱根の美が集結する美術館エリアへ
新宿から出ている小田急ロマンスカーから繋がる、箱根の玄関「箱根湯本駅」。
その箱根湯本から山間を走る箱根登山鉄道に乗って、終着駅「強羅」へ。
強羅には箱根の美術館が集結しております。
観光スポットをめぐる便利な路線バス「施設めぐりバス」に乗って美術館めぐりもおすすめです。
一日過ごす場所としても、休憩がてらでも、十分にお楽しみいただける施設が満載です。
箱根湯本駅
箱根の玄関口として賑わう箱根湯本駅は、新宿駅から箱根湯本駅までは小田急線ロマンスカーで85分。
駅を降りると温泉街があり、箱根のお土産探しにも大変便利です。湯本富士屋ホテル直営ベーカリー「ピコット」もあり、ホテルの味をお買い求めいただけます。
宮ノ下
日本の美を象徴する社寺造りの外観に、西欧の伝統を思わせるクラシカルな「富士屋ホテル」があります。富士屋ホテル内の伝統あるレストランで、フランス料理や本格日本料理、ランチやティータイム楽しめます。
レトロな商店街もあり、ショッピングも楽しめます。異国情緒あふれるオリエンタルな雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。
強羅駅
過去、多くの財界人や華族が集う高級別荘地として栄えた土地、強羅は、箱根登山電車の終着駅であり、ケーブルカーの出発駅でもあります。
日本初のフランス式庭園が美しい強羅公園や土産屋、食事処も充実しているので、休憩にも最適です。箱根夏の風物詩、強羅大文字焼も有名です。
大涌谷〜桃源台エリア
ケーブルカーとロープウェイで巡る、富士山と芦ノ湖の絶景スポット
強羅からケーブルカーで標高700mを越える早雲山に登り、芦ノ湖へ下るロープウェイへ。山から望む大自然に包まれた富士山と芦ノ湖は箱根の絶景スポットです。
大涌谷
荒涼とした地に蒸気が噴出す荒々しい景観から、かつては「地獄谷」と呼ばれた景勝地。
自然研究路を歩き、硫黄泉で茹でた名物黒たまごを食べるのが定番コースです。黒たまごは、「ひとつ食べると7年寿命が延びる」と言われ、観光客に人気です。
ロープウェイでは、箱根の噴煙地を真上から見ることが可能です。
桃源台
ロープウェイの終着駅で、湖畔には海賊船が発着する港があります。閑静な自然に囲まれており、のんびり過ごすことができます。釣りやボート遊びなど、水上アクティビティを楽しめる、芦ノ湖を渡る遊覧船の起点です。
その他箱根エリア
楽しみ方いろいろ! 箱根観光スポット
箱根はパワースポットとして神社仏閣も有名です。
また、お車でお越しのお客様はドライブコースもオススメです。
箱根神社
箱根のパワースポットの中でも、多くの御神木がそびえる箱根神社。
緑豊かな木々に囲まれた石段登ると見えてくる朱色の鳥居や本殿は、見る者を圧倒します。この箱根神社内を歩くだけでも様々なパワーを感じられます。
九頭龍神社
湖畔に、優雅にたたずむ縁結びのパワースポット九頭龍神社。
毎月13日に行われる月次祭には沢山の人が訪れ、芦ノ湖でも特に人気のあるパワースポットです。
九頭龍神社周辺は湧き水が溢れ、澄んだ空気に囲まれています。根の生い茂る緑の木々や芦ノ湖の爽やかな風の両方を体で感じられることも、この九頭龍神社の特徴です。
箱根・芦ノ湖展望公園
標高1,005mから芦ノ湖を望む「箱根・芦ノ湖展望公園」は、箱根・芦ノ湖スカイラインの中でも特に絶景の芦ノ湖を見渡せるポイントです。山脈の間を南に向かって広がる芦ノ湖。その遠くに見える湖畔には数々の観光スポットが集まる箱根の街並みを望むことができます。箱根に向かう際に、または帰りの際に立ち寄って、ゆっくり箱根を一望してみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ