楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

旅館 藤屋<栃木県> 宿泊予約

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
古い旅館ですが掃除が行き届いて綺麗です。旅館の方が親切で感じが良かったです。
2015年04月27日 18:54:34
続きを読む
地図
施設関連情報

イメージ写真
詳細情報
→ 住所
〒321-4325
栃木県真岡市田町2295
→ TEL:0285-82-3355
→ FAX:0285-83-6024
→ チェックイン:16:00
(最終チェックイン:22:00)
→ チェックアウト:10:00
→ 交通アクセス
真岡駅から700~800m、下館、岩瀬、宇都宮から15~20K位、益子から10K、茂木から20K強です。
→ 駐車場
無料。1部屋普通乗用車1台と見ています。(マイクロバス可)

当ホテル参加中!★500円引きクーポン対象ホテルです★

 道路が整備され、海、山、どちらへ行くにも1時間弱、「こんなとこ」っとお思いでしょうが、それなりに田舎の良さがあるのです。 のんびり、ゆったりの小旅行にお奨めです。
※下記、観光コースのご案内で海は日立、山は真岡から見える山を対象にしました。

宿泊料金特記事項
料金は合理的と思われます分離方式で計算されます。
部屋代r部屋+アメニティーp名様(当館は設備も含みます)+お食事m名様
例、1部屋ご利用の場合、  (部屋代2500円+税)×1部屋+(アメニティー2500円+税)×p名様(宿泊者)+お食事×m名様となります。
当館独自泊数割引に該当する場合もあります。
※就学前の乳幼児添い寝は無料です。
小学校高学年迄はアメニティー部のみ85%となります。(小学生 まではタオル類、浴衣、お茶等、ご提供できない場合もございます。その時はお知らせ致します。)

※特売時は下記料金の・パーセントOFFとなります。

料金表、大人6名様以上の人数割引計算は、会計時に致します。事前連絡はされません。

お一人様当りの宿泊料金(食事別)
 
1名様2名様3名様4名様5名様6名様
1泊5000
(税込5400)
3750
(税込4050)
3333
(税込3599)
3125
(税込3375)
3000
(税込3240)
2916
(税込3149)
2〜4945
(税込5340)
3695
(税込3990)
3278
(税込3540)
3070
(税込3315)
2945
(税込3180)
2861
(税込3089)
泊以上4890
(税込5281)
3640
(税込3931)
3223
(税込3480)
3015
(税込3256)
2890
(税込3121)
2806
(税込3030)
※泊数割引は、寝具カバーの取替日数等から計算されます。同じお客様で毎日取替の場合は泊数割引の対象とはなりません。
お取替のお知らせがない場合、既定どおりとなります。
又、泊数割引は、会計時に致します。事前連絡はされません。

2photo1 観光コースのご案内(2002年8月30日)
その1.AM.11:30旅館出発、田舎道を通っ て筑波山を目指す。北関東道笠間インターから 常磐道日立方面へ北上、阿字ヶ浦から海岸線を南下、那珂湊の市場にある回転寿司で昼食、最高! 大洗のフェリ乗り場にあるマリンタワーに上る。絶景!車に積んであるポリタンクに近くの公園で水を満タンに、海水浴場で、渚のランニング、泳ぐ、日光浴、チョッピリ昼寝、バケッに入れた水で体を洗い、高速に乗る。北関東道を貸切と云った感じ、真っ赤な大きな太陽に向かって、眩しいのでゆっくり走る。旅館に帰った時間は、5時半頃、これはお奨めです。
 
photo9 H/12/12/23 栃木県黒羽町芭蕉の里(八溝山系)
田舎です。田舎ものが田舎と云うんですから、もうホント!都会の人にはお薦めです。今回、自分がとったコース(もっと田舎のコース)ではないのですが、真岡で宿泊―益子(陶器)―茂木(ツインリンク)―烏山(やまあげ会館)―馬頭(眺めがいいです)―黒羽までの片道約75kのコース、そこはもう那須なのです。高速道路の渋滞を考えるとのんびり旅をするのもいいんじゃァないでしょうか...。温泉もあります。なめなめすべすべの湯です。お昼に田舎と云う名のれすとらんで食べたらーめんの美味かったこと、特に刻みネギとホーレン草はシャキシャキでした。ここにはまだまだいろいろ有りそうです。前に行ったことのあるお寺さんもお薦めです。チャリィ〜ン、ナムナムほらなんかスッキリするでしょう...。
H.13.12.23 栃木県黒羽町芭蕉の里(八溝山系)
H.14.1.16 今、思い出されるのは、「田舎レストラン」でなく(名前が変わったのか、勘違いか、どっちにしても私の頭はこの程度)「農村レストラン」のこと、季節の定食を注文、「美味かった。」
献立は、
1.新鮮な野菜だけのボリュームたっぷりの天ぷら、これまた新鮮な油でカリット、端っこに目立たなく添えられた真っ白い小さな酢らっきょうが何とも愛らしく、いい感じでした。揚げ物と酢の物の相性ってのは抜群にいいですからね。
2.こんにゃくの柚味噌添え、いいですね〜。これも天ぷらにピッタリ。
3.油揚げ、豆腐、三つ葉の味噌汁、おいしいご飯、新鮮な漬け物
4.牛乳ゼリー、おろし?柚が入っていて、これ金粉のように見えました。さらにペパーミントの葉が一枚、風味豊かで、トロットと、もう何とも上品な締めの一品です。
充分、満足の行く1000円でした。ところで、なにしに行ったんだっけ! そう、他に目的があったのでした。
おわり
 
2photo2  
 

このページのトップへ