楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯平温泉 癒しの宿 鷹勝 宿泊予約

  • クチコミ・お客さまの声(157件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
11月23日に宿泊しました。駅から若干遠いが、送迎バスを利用せていただきました。食事は美味しくて、サービスもよ...
2016年12月01日 13:27:31
続きを読む
地図
施設関連情報

大分県 湯布院から車で15分 湯平温泉 癒しの宿 鷹勝

楽天トラベル・宿泊予約センター年中無休 24時間受付中!!050-2017-8989楽天トラベル・宿泊予約センター年中無休 24時間受付中!! 050-2017-8989
  • 湯平温泉 癒しの宿 鷹勝
  • トップページ
  • 湯平の街と伝統
  • 離れのお部屋
  • 本館のお部屋
  • お料理
  • 温泉と施設
  • 交通と観光
  • 鷹勝で過ごす休日
  • 宿泊プラン

▲楽天スーパーセール参加中! 割引クーポンでさらにお得に▲



▲楽天スーパーセール参加中! 割引クーポンでさらにお得に▲



▲★ご予約の前にまずは【割引クーポン】獲得★
 【枚数限定】11月1日 10時より配布開始♪ 12月28日の宿泊までご利用可能です▲


楽天トラベルアワード2015


News Release

鷹勝は博多、中洲、西新、清川に店を構え、
2015年2月12日には、東京・銀座にも出店を果たしました。
新鮮な九州の魚介類と肉料理が自慢の料理屋です。

「癒しの宿 鷹勝」では、江戸時代より続いた
歴史と伝統の温泉旅館を、古き良き部分はそのままに、
歴史を感じる風格のある宿へと生まれ変わりました。
生け簀を備えた、鷹勝らしい豪快で繊細な料理と、
笑顔と心のおもてなしで皆さまをお迎えしております。

News Release
お客様の声
総合評価4.5以上
他のクチコミを見る

癒しの宿 鷹勝 3つのおすすめポイント

九州の山海の幸つくし

料理屋鷹勝、自慢の夕食は四方山に囲まれた温泉宿で頂く新鮮な魚介類。大型生け簀を完備した鷹勝ならではの豪快で繊細なご馳走です。ご愛顧いただいている有名選手の名を配した全テーブル席のお食事処でお召し上がりいただいております。

お料理
6つのお風呂と3つの離れ

「龍馬」「海舟」「松陰」の明治維新の偉人の名を冠した3つの離れは、三棟三様の味わいと風情あるしつらいが自慢です。3つの離れにはそれぞれ趣きが違う内風呂が。奥方用大浴場には露天風呂とジャグジー、檜香る内湯。殿方用大浴場は、露天風呂に檜風呂と岩風呂、サウナがついております。

離れのお部屋
露手風呂付貸切風呂

お客様のお声で2014年7月に新しく生まれた露天風呂付貸切風呂。ご家族や友人達と、カップルにも、プライベートにお愉しみ頂ける内湯と露天風呂が揃った、天然温泉掛け流しの貸切風呂です。

温泉
アクセス博多・小倉より140分、大分から60分、由布院へ20分。
JAL・ANA航空券付きプラン
メールマガジンを登録する
交通と観光


 

鷹勝 四季のいろ四季のいろ 冬色 由布岳を歩く 冬の情緒溢れる湯布院を楽しもう
冬の情緒溢れる湯布院を楽しもう

冬の湯布院を楽しもう!
湯布院の有名スポット風光明媚な「金鱗湖」は温泉もわき出ているので外気温の低い日には、湯気が立ち登り、幻想的な雰囲気に包まれます。
朝霧の幻想的な雰囲気は特におすすめ。ニュースポット「Yufuin Floral Village」やステンドラス美術館も人気です。
魅力たっぷりの湯布院を楽しもう。

湯布院を散策
四季のいろ 冬色 関サバ
冬の旬の味覚「関さば」

瀬戸内海と太平洋の水塊がぶつかりあう豊後水道で、一本釣りによりとれるマサバの事を「関さば」と呼びます。秋口から脂ののりがよくなり新鮮な刺し身は身が引き締まり、関ものならではの味と歯ごたえです。大分名産の「カボス」をかけて食べると一段とうまみが増します。

冬の旬味覚
四季のいろ 冬色 湯巡り
湯平温泉 5つの外湯巡り

清流 花合野川沿いにある共同浴場は全部で5箇所。
石畳の温泉街を散歩しながら趣き豊かな外湯めぐりを楽しんでみては?湯治場の西の横綱として名を馳せた天下の名湯に浸かりながら身も心もほっこり癒そう。

外湯巡り


鷹勝 四季のいろ 冬色 鷹勝で過ごす休日

ページの上部へ

このページのトップへ