楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

プチホテル トゥインクル 河津町パワースポット

  • クチコミ・お客さまの声(76件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
■立地駅・海から近く良い場所だと思います。ずっと上り坂なので徒歩だとちょっとキツイかもしれません。コンビニが隣...
2016年07月19日 18:37:11
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト


河津町パワースポット!

 
峰温泉大噴湯公園 峰温泉の自噴泉は、毎分600リットル100度の温泉が、高さ約30メートルまで噴き上げています。 園内は入園無料で、足湯や温泉たまごを作る施設があります。 噴き上げ時間 9:30、10:30、11:30、12:30、13:30、14:30、15:30
(1回の噴き上げは約1分間)

河津七滝 大滝温泉は伊豆の天城山ふもと河津町の河津川上流の渓谷に佇む静かな 温泉街。河津では滝のことを「水が垂れる」 という意味で垂水(たるみ)と呼んでいたため「 ななたき 」ではなく「 ななだる 」と 呼んでいます。河津七滝温泉には温泉の他に川端康成著「伊豆の踊り子」の舞台でも有名で 七つの雄大な滝の他、旧天城トンネル等見所が沢山ある観光地でもあります。
祭神:杉桙別命(すぎほこわけのみこと) 社伝によると、古代から鎮座していたが和銅年間(708 - 15年)に再建されたといい、『延喜式神名帳』で小社に列した。また社伝では、建久4年(1193年)に源頼朝が再建するとともに社領93石を奉納し、嘉禄2年(1226年)に藤原頼経により更に社殿が再築されたという。康永2年(1343年)の国内神名帳である『伊豆国神階帳』には「従四位上 ほこわけの明神」と記されている。社伝によるとその後も、永正10年(1513年)に足利義植により社殿が再築され、社家12家が奉仕したというが、天文7年(1538年)に社殿等を悉く焼失し、同13年(1544年)には洪水によって社領が流されてからは頽廃して小祠での鎮座となったものを、国守代官清水康英等が再建したという。明治6年(1873年)郷社に列した。戦後は神社本庁に属している 杉桙別命神社の大クス - 樹高約24m、幹周14mの楠。昭和初期(20世紀前葉)時点で樹齢1,000年以上と推定され、昭和11年(1936年)に国の天然記念物に指定された。古くより来宮様の大クスと呼ばれ、神木として崇められてきた。かつて河津には7本の大楠があり、明治時代中頃まで河津郷七抱七楠(ななかかえななくす)と呼ばれていたが、現存しているのはこの1本だけである。また、参道入口付近と、拝殿右前にも楠の大木がある。
宗派:曹洞宗●拝観200円※要予約創立は江戸時代初期で三養院の控寺として建てられたものと推定されています。堂内には本尊釈迦如来涅槃像があり、桧の一本造りで漆箔が施されています。また長さは2m60cmあり、寛永年中(1624〜43)頃とされています。他には阿弥陀三尊、背属像24体があります。拝観には管理人への予約が必要ですが、建物外についているスイッチを押すと電気がつくので、中の様子を見ることができます。予約・お問合せは観光協会へ
午前10時〜午後4時(閉館)毎週水曜日、年末年始(12月29日〜1月3日)大人、高校生以上 300円/小、中学生 100円/標章者(手帳提示)200円、幼児無料 河津桜と温泉で知られる河津町は、平安時代、華やかな仏教文化が花開いた土地でもありました。多くの仏像を伝える河津町にあって、最も古く、学術的、美術的に重要な仏像を多数伝えるのが、谷津の南禅寺です。2013年2月20日に、南禅寺横に「伊豆ならんだの里 河津平安仏像展示館」がオープンしました。南禅寺の本尊・薬師如来坐像は、平安時代前期(9世紀)に遡る仏像で、静岡県内最古の仏像です。この時代の木彫仏像は、神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県など周辺都県でもほとんど知られておらず、この地域の歴史を考える上で極めて重要な文化財です。他にも南禅寺には、東海最古の地蔵菩薩立像(10世紀)や、1978年にドイツ・スイス・スウェーデンのヨーロッパ各地での展示会を巡り、現地新聞で絶賛された二天立像(10世紀)を始め、24体の平安仏が伝えられており、まさに仏教美術の宝庫です。 「9世紀の木彫仏像は静岡県内に1体もなく、鎌倉にも1体あるだけ。それほど貴重な仏像」 談:上原仏教美術館学芸員の田島整さん

このページのトップへ