楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

多彩な湯めぐり四季の幸を愛でる宿 湯元館 ■料理■〜五感で楽しむ四季の味覚〜

  • クチコミ・お客さまの声(217件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
四人での宿泊、和室リビングでの就寝スペースが狭く、残念であった。
2016年11月12日 23:39:07
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

お料理

近江の旬を贅沢に 旬の美味こそ至福。 食における、本当の贅沢。それは、美味しい物を美味しいときにいただくこと。湯元舘では、今が旬の食材を選りすぐってお出しします。食を通し、季節の移ろいをお愉しみ頂く。目で、舌で、心で。湯元舘自慢の料理の数々をどうぞ、お召し上がりください。

近江の旬
目にも美しい料理
目にも美しい珠玉の数々。
旬の食材は見た目も美しい。

その美を活かし、器に季節の彩りを表現します。
上品に飾り付けられた料理は、一品一品、料理長の魂が込められたもの。
旬の食材と、料理長の魂がひとつになった近江の美味を、湯元舘が自信を持ってお出ししております。

目にも楽しく、美味しいお料理。
お食事の席に、ふわりと笑顔の花が咲くことでしょう。
近江の旬

特別なお料理は、あなたの旅を彩る大切なもの。
楽しい仲間と、大切なあの人と、心に残るお食事をお愉しみいただくために、湯元館は真心を込めたおもてなしを致します。

緑と水の豊かな近江の旬の味覚。
風味豊かで繊細な味わいは、きっとご満足いただけるはず。

食の本当の贅沢がここにあります。

朝食のご案内 滋賀県伝統の味『えび豆』や琵琶湖生まれの『鮎一夜干し』県内養鶏場の『新鮮卵』、ほっくほくの『近江米』など近江の“美味しい味覚”に拘ったご朝食をご用意しております。

朝食のご案内

湯元舘厳選 三大和牛のひとつ近江牛を食すプラン

湯元舘厳選 三大和牛のひとつ近江牛を食すプラン
認定近江牛のサーロイン ドライエイジングビーフ 近江牛熟成ステーキを食

認定近江牛のサーロイン ドライエイジングビーフ 近江牛熟成ステーキを食す

湯元舘厳選 三大和牛のひとつ近江牛を食すプラン

湯元舘厳選 三大和牛のひとつ近江牛を食すプラン

近江牛 日本三大和牛 OumiBeef

豊かな自然環境と水に恵まれた近江地方で濃厚飼料を与え念入りに肥育される近江牛は、日本三大和牛の銘柄牛です。
口に入れるととろけるような甘みと素晴らしい風味が広がります。

近江牛に舌鼓 プランの予約はこちら
近江牛

湯元舘でのみ味わえる、至極の逸品。優等一席…チャンピオン牛を全頭購入しました。

近江牛

近江牛枝肉共進会、共励会等において、近江牛のなかで優等1席に選ばれた近江牛を通称チャンピオン牛といいます。
三大和牛のうちの1つとされる近江牛、そのなかでも最高のチャンピオン牛の旨みを是非ご賞味下さいませ。

近江蕪
弥生時代に日本に伝わった蕪。
その中でも特に大きな近江蕪は、独特な食感が特徴。
ビタミンCや消化を助けるジアスターゼが豊富で、旬となるこの季節にはさらに栄養が高まります。
近江の地鶏
こだわりの飼料と方法で育てられ、食感・旨み ともに優れた近江の地鶏は、たんぱく質が豊富なヘルシーな味わい。当館では、特製のだしの鍋などでお楽しみいただけます。
日野菜
約500年前から滋賀県日野町で栽培され続ける伝統野菜。
辛味と酸味の程よりバランスが、永きに渡って愛されています。
菜・茎ともにお漬物として食されるのが一般的です。
近江米
大平料理長こだわりの「近江米」期間限定でのご提供
近江の山々から流れる清流と、豊な栄養分を含む土に育まれる近江米。
今回は、その中でも料理長が惚れ込んだ、「小谷さんのお米」をご紹介。
※今回入荷分は終了いたしました。次回入荷をご期待くださいませ。
近江米
環境にも配慮した安全なお米
小谷さんの水田では、毎年ニゴロブナの稚魚を育成し、1〜2センチ程の大きさになると琵琶湖に放流しています。
このニゴロブナは琵琶湖固有種であり、古くから「ふなずし」の材料として利用されてきました。しかし、現在は絶滅危惧種となり捕獲量も少なくなりこのような取り組みがされています。
ニゴロブナを育成するには、環境が良くてはなりません。 小谷さんの水田は、農薬・化学肥料を通常の5割以下に減らし栽培を行っています。そのため、琵琶湖周辺の環境への負担も減らし、もちろんおいしく、安心していただくことができるのです。
小谷さん ニゴロブナ

グループサイト

  • 琵琶湖畔 おごと温泉 湯の宿 木もれび
  • 京小宿 八坂 ゆとね
  • 湯の花温泉 翠泉

このページのトップへ