楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯宿温泉 ゆじゅく 金田屋 『群馬の小さな温泉宿』掲載記念ページ

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
両親が旅行で使用しましたが大変気に入ってました!主人と親父が歳が同じだったとも言ってました 笑  次回は私が行...
2016年11月22日 11:00:59
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト

ぐんまの小さな温泉
ゆじゅく金田屋
路地裏に外湯を見下ろす古き良き湯の宿
湯宿温泉
ゆじゅく金田屋
「湯の宿温泉まで来ると私はひどく身体の疲労を感じた。数日の歩きづめとこの一、二晩の睡眠不足とのためである。其処で二人の青年に別れて、日はまだ高かったが、一人だけ其処の宿屋に泊まる事にした。」(『みなかみ紀行』大正13年)
法師温泉の帰り道、歌人の若山牧水は湯宿温泉に投宿している。著書の中に宿名は記されていないが、その宿屋こそが金田屋である。
  明治元年創業。牧水が立ち寄った大正11年は、2代目の時代だったという。
 「当時は、窪湯(共同湯)側に玄関がありました。現在の玄関ロビーのあたりは中庭で、牧水さんが泊まられた部屋は、離れの蔵座敷でした。どうぞ、こちらです」と5代目主人の岡田洋一さんに案内されて、今はロビーつづきになっている蔵の中へ。
  ひんやりとした空気と重厚な白壁に包まれた急な階段を上がる。床の間の横に、なにげに座卓が置かれていた。ここが“一浴後直ちに床を延べて寝てしまった”という部屋なのか。なんとも言い知れぬ感慨に、しばし窓から牧水も眺めたであろう路地を見下ろしていた。
  とりあえず、我も一浴することにした。浴室は玄関ロビーの隣。不思議な造りだと思っていたら、「浴室の位置は変わらないのですが、昭和30年代に現在の形に建物を改築したものですから」と主人が教えてくれた。なるほど、歴史の年輪がそこかしこに見え隠れする宿である。
  湯は熱からず、ぬるからず、ちょうど良い塩梅である。湯宿の湯はどこも熱いので懸念していたが、ホッと気が抜けて、十分に長湯が楽しめた。
  部屋にもどると外から、赤ん坊の泣き声とそれをあやす女性の声、つづいて子どもの笑い声が響いてきた。2階の窓からのぞき見たが石畳の路地に人影はない。どうも共同湯からのようだった。地元の人たちが家族で湯浴みに来ているのだろう。古き良き、湯の町風情が今も残っている。
宿泊プラン一覧をみる
(C)2010 Jun Kogure / Hajime Kuwabara
ゆじゅく金田屋
ゆじゅく金田屋 ゆじゅく金田屋
ゆじゅく金田屋
源泉名 湯宿温泉 窪湯
湧出量 測定不能(自然湧出)
泉温 59.1度
泉質 ナトリウム・カルシウム―硫酸塩温泉
効能 リウマチ性疾患、創傷、高血圧症、動脈硬化症、眼病疾患ほか
温泉の
利用形態
加水なし、加温なし、完全放流式
▲ページトップへ
宿泊プランをみる

このページのトップへ