楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   > 

アルマリゾート オーシャンテラス 【桜まつり】一足お咲に

  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
7月28日から3泊宿泊しました。夫婦と子ども3人の計5人での旅行でしたので、3LDKと2ベットルームの広々空間...
2016年08月05日 01:41:29
続きを読む
地図
施設関連情報
外国語サイト




日本一早い桜祭り
   【ひとあしお咲きに♪】桜前線の始まりの町・日本一早い桜祭り

     今や世界的にも有名になった「美ら海水族館」のある本部町。
     本部町にある標高453メートルの八重岳では、毎年1月中旬〜2月の上旬にかけて「ひとあし お咲きに」と題して、
     『日本で一番早い』桜祭りが開催されているんですよ〜♪


       【日本一早い桜を見る】

     本州ではまだ寒いこの季節、沖縄県の気温は20℃をいったりきたり!
     レモンハウス・オーシャンフロントYAMAKAWAから車で名護方面に進むこと約15分、
     八重岳に導く標識と共にピンク色に染まる寒緋桜(カンヒザクラ)が見えてきます♪

     沖縄の春の始まりを教えてくれるこの桜は、釣り鐘のように下向きに咲くのが特徴です。寒緋桜は緋寒桜(ヒカンザクラ)とも呼ばれ、
     お彼岸の頃に咲く「彼岸桜(ヒガンザクラ)」と聞き違えられることから、最近では寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれているんですよ♪


日本一早い桜祭り
絶景!八重岳山頂から本部町を見渡す!シャッターチャンスですょ。
日本一早い桜祭り
八重岳の桜祭り会場!その先には遊具いっぱいの公園があります。
日本一早い桜祭り
ショッキングピンク・色鮮やかに咲く寒緋桜(カンヒザクラ)山頂まで約4,000本の桜!
日本一早い桜祭り
サイコロゲーム?チャレンジしますか?美味しい出店屋台もいいね。
日本一早い桜祭り
桜祭り期間限定で設置される「八重岳桜大明神」願いが叶う!・・かも。


       【本州とは違うさくらの楽しみ方】

    
      入口でまず目に留まるが、紅いもの焼き芋やサトウキビジュースを売る売店です。
      気になる気持ちを抑えて「帰りの楽しみに」と桜の連なる上り坂を進みましょう!
      お楽しみは取っておいた方が最後まで楽しめますね♪

       【山頂への少し不思議な道のり】

      山頂へと向かう道には桜がほころび始め、来場者の多くが、道路に覆い被さるように咲く桜の写真を撮り楽しみます。
      八重岳では山裾から山頂まで約4,000本の桜がズラリと並び、山全体がうっすらとピンク色に見えたりするんですよ♪
      他ではなかなか見られない不思議な景観にワクワク・。ドキドキ!

       【屋台で沖縄の味をたっぷり堪能!】

      山の中腹には桜祭りの会場でもある「桜の森公園」があり、屋台も多数あります。
       立ち並んだ屋台には「たこ焼き」や「焼きそば」、「わたあめ」などの見慣れたものから、
      沖縄特有の「サーターアンダギー」はもちろん、「ソーキそば」や「ヤギ汁」などがあります。
      ここ沖縄県でしか味わえない『琉球の味』をたっぷり堪能してみては?

       【お子様の遊び場も充実♪】

      立ち並ぶ屋台には食事ブースだけではなく、「金魚すくい」、「クジ引き」などのゲームブースもあります。
      お子様も楽しめること間違いなし!(いっぱいやったらおかあさんに怒られちゃうから程々にね!)
      また、公園内には子供用のアスレチック遊具や、大きなローラー式の滑り台が設置され、子供の遊び場にも事欠きません。
      いっぱい遊んで、お腹いっぱい食べて『さくら祭り』を思う存分楽しみましょう!!


       【日差しを浴びてゆっくり散策】

      さくら祭り会場では、公園に並ぶ屋台で調達した食べ物を、ほおばりながら行き交う人が多く見受けられます。
      本州のように桜の下で宴会をするのではなく、温かい日差しを浴びてゆっくり散策してそれぞれの木の花を愛でるのが沖縄流なのです!

      八重岳の頂上に続く山道には長い長い桜のアーチが続き、山頂では深緑の山間に咲く桜と海が見渡せる展望スポットや、
      桜祭り限定で設置される「八重岳桜大明神」が現れ、桜絵馬をはじめとする桜祭りグッズを販売しています。
      桜が咲き始めるこの時期、本部町の特産物でもあるタンカン(みかん)が甘さたっぷりに完熟し、
      ひとあし咲きに沖縄で桜を堪能しながら、タンカン狩りを楽しむのも良いですね♪

 

   【夜空に広がる歴史の息吹と光の幻想風景】今帰仁城跡の夜桜

     本部町のお隣にある今帰仁村、本部町の昼の桜とは打って変わって夜の桜を見ることができます。
     世界遺産にも登録されている今帰仁城跡、そこで毎年1月中旬から2月前半までさくら祭りが開催されています。
     見所はなんといってもライトアップされた城跡に並ぶ桜!思わず見入ってしまう夜桜を心いくまで堪能して下さい♪

       【古城ならではの雰囲気ある空間】

     レモンハウス・オーシャンフロントYAMAKAWAから車を北へ走らすこと約20分、
     山道を登っていくとそこに現れるのは世界遺産・今帰仁城跡。
     首里城のようにお城全体は残っていないが、歴史的な空間がアナタを包み込みます。

     ライトアップされた桜はお昼とは一味も二味も違う幻想的な世界を作り上げるのです!
     歴史ある古城と桜・色鮮やかなライトの織りなす光景はまさに唯一無二の他では見られることのできない光景です♪

日本一早い桜祭り
階段から見下ろしてみると、ズラリと並ぶ桜が見えてきます。
日本一早い桜祭り
先ほどの写真と同じ場所。
下から見上げた風景。昼と夜とで全く違う姿に大変身!
日本一早い桜祭り
城跡内では桜の他にも色々な植物をライトアップしてアナタを魅了してくれます。ここぞとばかりに記念撮影♪
日本一早い桜祭り
植物だけではなく、城跡にもライトアップ!そこに映る歴史的建造物の姿はまさに幻想的!
日本一早い桜祭り
沖縄と言えばエイサー!!
地元の青年たちの伝統的演舞をご覧あれ!


       【昼の八重岳・夜の今帰仁城跡】

    
      沖縄で『さくらの名所』と言うと、本部町・八重岳が有名ですが、
      近年、お隣、今帰仁村の名前も良く聞かれるようになってきました。
      今帰仁村では本部町で行われるさくら祭りとは全く違う世界を見ることができるのです!


       【城跡内の圧倒的な雰囲気!】

      城跡内に入ると、手作りのランタンが道の両脇に並べられているのに気付きます。
      古城の独特な雰囲気と通路を照らすランタンの灯りがなんとも言えぬ空間を作り出し、
      まるで、昔話の世界の様な光景に思わず見とれ、ウットリしてしまいす。

       【ついに夜桜の登場!】

      城跡内の通路を進んで行くと、徐々に明るくなってきました!
       目の前に広がるのは赤・緑・青など様々な色合いのライトに照らされる桜の姿。
      その美しい夜桜の姿に誰もが思わず立ち止り、息を呑むのです。
      

       【舞台が魅せる沖縄の魅力】

      さくら祭りを楽しむうえで忘れてはいけないのが舞台で行われるプログラムです。
      舞台では、エイサーや琉舞などの、沖縄の伝統的な舞台が見ることができ、
      地元のおじぃ〜・おばぁ〜や、県外の若いカップル・ファミリーまで皆が楽しむことができます!
      桜だけではなく、こうした舞台の部にも注目してみたらより一層楽しむことができますね♪


       【夜風に吹かれながら】

        普段は見ることができない光景に寒さも忘れて自然と気分が上がってきます。
       いつもなら身に凍みる冷たい夜風もこの日だけは身体も気分もポカポカ陽気に!

       通常では絶対に見られない、この時期だからこそ見ることが出来るライトアップされた今帰仁城跡、
      桜だけではなく他の木々や花々もライトアップされ、城跡内が普段とは全く違う風景に感じられます。
      また、夜だけではなく、お昼にも城跡で桜を見ることができるので、
      お昼の城跡のさくらと夜の城跡のさくら、二つを見比べてみるのも楽しみですね♪

      真夏の暑い沖縄よりも冬・春の気候は過ごしやすく、さくら祭りやマラソン大会、
      プロ野球キャンプや甘く熟したタンカン狩りなど数多くのイベントも目白押しです♪
      観光をするにもリフレッシュするにも快適な晩冬・初春の沖縄に来てみませんか?

      日本で一番早いさくら祭り、沖縄の桜をひとあしお咲きにアナタも是非!堪能してください♪
      



このページのトップへ