楽天トラベル

宿・航空券・ツアー予約

楽天トラベルトップ  >   >   >   >   > 

湯田温泉 名勝 山水園 料理

  • クチコミ・お客さまの声(57件)
  • メルマガ
  • 幹事さん機能
日程からプランを探す
日付未定の有無
チェックイン
チェックアウト
ご利用部屋数
部屋
ご利用人数

1部屋目:


大人 人 子供 0
合計料金(泊)
下限
上限

※1部屋あたり消費税込み

検索

利用日
利用部屋数
部屋
利用人数
大人 人 子供 0
合計料金(1利用あたり消費税込み)
下限
上限

検索

クチコミ・お客さまの声
平日でしたので他の客も少なくゆっくり寛げました。お庭が見事でした。建物は古いですが趣があり、落ち着ける素敵な宿...
2016年11月15日 21:52:41
続きを読む
地図
施設関連情報

人気のプラン紹介

山口の冬はやっぱりとらふぐ!
※写真は4名様分です。

人気のプラン紹介

住所 〒753-0078
山口県山口市緑町4-60
TEL 083-922-0560
チェックイン 15:00〜20:00
チェックアウト 10:00
駐車場 40台/無料/予約不要

お料理は、海と山に恵まれた山口県産の素材をできるだけ使用しています。そして丁寧に、時間をかけ調理していきます。
山口という地方で出来ること、本来の素材の活かすよう料理を作ることを心がけています。
お料理は旬の食材を使い、献立は月替わりです。
四季折々の会席料理をお楽しみください。

ふぐ刺し、ふぐ鍋など、冬季期間中はふぐ料理もご用意しております。

当館最上級の会席料理。
特別室にお泊りのお客様にご提供いたしております。当宿でのご宿泊がより良いものになるよう、素材、質に最もこだわりお作りしております。
※ご要望がございましたら、追加料金はかかりますが特別室以外のお部屋にご宿泊のお客様にもご提供しております。 池泉庭園に面した特別室に泊まる
上会席プラン

枯山水を望むお部屋「蓬莱の間」、「雲井の間」でご提供しております中会席。
上会席ほど贅沢はできない。ただ、ご両親のお祝いや還暦のお祝いでお越しいただく。そんなお客様のご宿泊の際に選ばれることが多くなっております。 枯山水が見えるお部屋
中会席プラン

当館の通常の会席料理となっております。
お料理の盛り付け、器、サービスに至るまで、心を込めたおもてなしでお待ちしております。 ゆったりとした寛ぎの時をお過ごしください。

並会席一例
小鉢、先付、前菜、造り、吸物、焼物、焚合
変鉢、揚物、酢物、飯物、留椀、水菓子 当宿のスタンダード  並会席プラン

◆大内御膳とは◆
室町幕府第10代将軍であった足利義稙はクーデターで京を追われ、山口の大内義興を頼ってきました。
中世山口を治めた大内氏は、当時の山口を大発展させ、戦乱で荒れた京の都よりも栄えさせた君主です。
大内義興は義稙を館に招き、盛大な宴を開いてもてなしました。その時の献立記録が今も残っています。
平成大内御膳は、その記録をもとに、できる限り忠実に、当時存在しなかった、砂糖・醤油・みりんを使わずに調理した料理です。 なかなかお召し上がりの機会のない、珍しい料理かでございます。

平成大内御膳はご宿泊させるお部屋によって内容が少し異なります。
・桐の間、千鳥の間、楓の間
・蓬莱の間、雲井の間
・その他のお部屋
詳細が気になる方はお電話にてお問い合わせ下さいませ。

大内御膳プランはこちら

≪旬の鱧を味わう健・美・癒プラン≫
夏の山口の味覚として挙げられるのが「鱧(ハモ)」
関西でよく耳にしますが、山口県は日本屈指の漁獲量を誇ります。 瀬戸内海には鱧が産卵のために回遊いつも回遊してくるので旬の鱧が山口県でよく獲れるのです。
夏の鱧は産卵を控えて脂も乗っており「梅雨の水を飲んでおいしくなる」とも言われます。
そんな、旬の鱧料理を3〜4品お出しいたします。 鱧を味わう健・美・癒プラン

≪贅沢ふぐ一式コース≫
ふぐの本場山口で味わっていただく、ふぐ一式。
もちろん使用するふぐは「とらふぐ」です。 ふぐの皮は煮凍に、身,皮は刺身に、あらはちり鍋に、 かまは唐揚にと、「とらふぐ」の可食部を無駄なく、 まるまる味わっていただく献立になっております。 ふぐ一式コースプラン

≪魚すき鍋&牛しゃぶ鍋≫
寒い冬といえばお鍋!
当館では「魚すき鍋」「牛しゃぶ鍋」の2種類のお鍋よりお好きなお鍋をお選びいただけます。

※プラン写真は一例です。
その日の仕入れの都合により内容が異なる場合があります。 魚すき鍋プラン 牛しゃぶ鍋プラン

山水園の朝食は日本の朝ごはん
白ごはん、お味噌汁、海苔、焼き魚、湯豆腐、小鉢にデザート。もちろん温泉卵もお出ししております。
薄味で体に染み渡る味付けにしておりますので、一日のスタートにぴったりです。

このページのトップへ